企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

大学生アルバイトの時給設定について

大学生の採用が困難になっているので、大学生のアルバイトの時給を引上げようと考えています。

大学生 800円→1000円 通勤手当なし 時間加給なし
一般パート 800円そのまま 通勤手当あり 時間加給あり

です。

WEBの採用サイトに乗せようすると、学生アルバイトが一般パートの時給設定を上回ると
法令違反になるといわれました。
学業とアルバイトの両立が出来なくなるからだそうです。

どのような法令があるのでしょうか。

  • 投稿日:2016/12/22 16:36
  • ID:QA-0068546

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/12/24 20:50
  • ID:QA-0068561

代表者

学業とバイトの両立不可とは ???

▼ 回答者の不勉強かも知れませんが、法として具体的賃金額に直接関わっているのは、「最低賃金法に基づき、国が賃金の最低額を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならない」とされていること位だと思います。
▼ まあ、「バイト時給が高くなり過ぎると、学業に力が入らず、依って、違法だ」といった類の馬鹿げた話は、通用しないのは明らかです。ご自身で、直接、具体的な根拠となる法的根拠を糺されては如何がでしょうか。

  • 投稿日:2017/01/03 11:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
法令を探してみたのですが、見当たりませんでした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/26 09:24
  • ID:QA-0068564

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、私の知る限りでは、そのような学生アルバイトの賃金設定を直接規制した法令等は見当たりません。また、違反の理由についてもどちらかといえば個人的な意見のようでもあり意味不明ですので、やはり言われた方に直接ご確認されるのがよいでしょう。

ちなみに、正社員とアルバイト等非正規社員の間での不合理な賃金格差については労働契約法やパートタイム労働法で禁止されています。

  • 投稿日:2017/01/03 12:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
webサイトに直接確認してみました。
「学生のみ高く設定することは属性差別にあたると捉え、掲載が不可」
とのことでした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/26 23:23
  • ID:QA-0068585

人事・経営コンサルタント

法律

そのような学業との両立を法律が規定することはないと思います。根拠をお確かめ下さい。

  • 投稿日:2017/01/03 12:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

憲法22条 職業選択の自由の理念

学生というだけで優遇し、それ以外の方に対して間口を狭くすることは、
憲法22条 職業選択の自由の理念にも反する。

のだそうです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの時給設定について
アルバイトの時給設定について教えてください。 アルバイトを3つの時間帯に分けて 時給設定を検討しています。 ①8時半~17時30分  時給900円 ②17時30分から22時 時給1,000円 ③22時以降       時給1,100円 仮に②の時間帯の者が残業した場合 22時以降の賃金は...
60歳以上の中途採用
来月から60歳以上の人をアルバイトとして中途採用しようと考えております。 時給800円ほどで月125時間くらいの予算です。 なにか助成金はありますでしょうか?
アルバイトの採用
年末年始の1週間程度の短期アルバイトを採用します。 雇用契約書は結ぶ予定ですが、何か気をつけることを教えて下さい。 また、時給700円で8時間程度で5~7日ですので、源泉徴収の必要はありますか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準
    採用成功のカギは「採用基準」の明確化にあり!自社の求める人材像を徹底的に分析することのメリットとは?
  • どうする? 迫る社会保険の適用拡大
    パートタイマー白書や就職活動の意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査を考察。今回は「厚生年金・健康保険の適用拡大」について。厚生年金・健康保険への加入要件が「週30時間以上または年収130万円以上」から「週20時間以上または年収106万円以上」に引き下げられますが、パート・アルバ...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...