企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

単身赴任者の社宅手当の全額会社負担について

いつも参考にさせていただいております。
住宅手当についてご教示をお願いします。
弊社では、転勤者への借上げ社宅の手当として会社が75%を負担していますが、今回単身赴任者(子女の教育や介護など一定の要件を満たす者)について全額会社負担に変更しようと考えました。その際税法上で問題があるとの指摘がありましたので質問させて戴きます。
①個人負担が無くなる(25%→0%)事で課税対象額がアップし、個人負担の軽減額と税金のアップ額の差だけ考えればよいのでしょうか。
②年収は500万円程度です。児童手当の所得制限との関係はどうなるのでしょうか。
③その他、個人負担をゼロにする事は問題があるのでしょうか。
④社宅手当は変更せず、単身赴任手当を設けた方が一般的でしょうか。
質問が多く申し訳ありませんが、ご教示をお願いします。

  • カンモンジロウさん
  • 福岡県
  • その他業種
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2016/09/28 11:46
  • ID:QA-0067652
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/09/28 18:48
  • ID:QA-0067655

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社宅費用の事業主全額負担について

現在は、借上げ社宅については、家賃の75%を事業主が負担し、25%相当を入居者が給与控除で社宅使用料として負担していると思われます。
単身赴任者について、社宅使用料を徴収しない場合の税務上、社会保険上発生する課題についてご説明いたします。
1 税務
 事業主が提供している社宅は、原則は現物給与として給与課税の対象となります。
その場合の現物給与の評価額は所得税基本通達36-45に規定されています。
基本通達36-47にて、その評価額の1/2以上の額を社宅使用料として入居者が負担していれば、現物給与の評価額はみなくてよいとされています。
 つまり、社宅使用料を徴収しないと、社宅の評価額を給与に上乗せすることになります(税務上の評価額は極めて低いので、大きな負担増ではありません)。今まではある程度の社宅使用料を徴収していたため、上乗せはしていなかったと思われます。

2 社会保険
 社会保険でも、社宅は現物報酬であり、社保算定に含めます。同じく、所定の使用料を負担することで、報酬に含めなくてもよくなります。現物報酬の算定式は税務とは異なります。

3 以上、社宅制度を前提にご説明いたしました。仮に住宅手当制度であれば、全額事業主が負担しても、もともと住宅手当は課税され、社保算定の対象にもなっておりますので、新たな問題は発生しません。 

  • 投稿日:2016/10/03 09:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございました。
ご教示の基本通達では、物件や地域等により評価額が個別に異なる事になりますので、一律の金額補助の考えでは良くないのですね。
通達36-45の算式で計算した額で負担割合を設定する方が間違いが無い(個々の不公平が無い)ように考えますが、煩雑な作業になると思われます。
もっと簡単な方法があればご教示下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...