企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14477件   回答数30769

社有車運行管理方法について

お世話になります。
いつも参考にさせていただいております。
当社では営業に支給している社有車の運行記録を開始したので、早速データの集計を行いました。
横目で見るつもりはございませんが、月160時間の走行時間や走行距離8,300kmと驚異的な数値に愕然とし、これは業務だけの使用ではないのではないか、などとも考えます。
また、当然、運転時間が長ければ長い方ほど、売上の数字は悪いです。
人事・総務部門としては過剰な運転時間・距離の人には健康管理、安全管理上問題があるとも考えます。
ただし、運転時間を減らしなさいという指導をしても営業活動には必要だと反発することが想定されます。
指導の仕方についてアイデアありましたらご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。
例えば、直近で社有車で事故を起こした人に対し、損保会社のサービスの運転適性検査を行おうと考えていたのですが、過剰に運転している人も対象に加えようとは考えております。

  • 投稿日:2016/08/26 16:55
  • ID:QA-0067205

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/08/26 23:13
  • ID:QA-0067212

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、営業活動の実態を把握しているのは営業部門という事になりますので、まずは営業部門の責任者・役職者に実際どの程度の運転時間が必要であるのかを確認されることが不可欠といえます。営業部門としましても、時間だけかけて成績の上がらない社員のパフォーマンスを改善したいはずですので、協力はしてもらえるはずです。

その上で、明らかに過剰な走行である場と判断出来る場合には、まず営業部門内で上司に面談を行ってもらい、改善指導をされるのが妥当といえます。業務に精通しているとはいえない人事部門が指導しても説得力に欠ける為、実効性は乏しくなってしまいます。

ちなみにご文面の運転適性検査がどのようなものであるかは存じ上げませんが、交通事故を起こす者と過剰運転をする者を同列に扱うのは無理があるものといえるでしょう。それ故、後者については運転適性よりもモラルや業務効率といった観点から是正を図るべきと考えます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/08/26 23:19
  • ID:QA-0067213

人事・経営コンサルタント

経営方針

本件は人事政策にとどまらず、企業としての経営方針に関わる領域の課題ではないでしょうか。単に運用管理、運転管理をする手段はいかようにも取り得ますが、ご提示のように「営業のため」という理由について判断するのが経営の責任です。

つまり営業成績が良くないことについて、営業部として、そこのコストが増大しているという事実についてコスト管理責任がある(恐らく人事総務など管理)部門として、どう対処するかという問題です。
コストをあまり重視せず、売り上げ重視の方針ですと管理はかなりルーズとなり、利益重視の体質であれば、単に売上を上げるだけでなく、その原資をどう評価するかなどで、当然運転関係にもメスが入ります。管理部門だけでなく、経営課題として問題的してからの方が良いのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
運転記録証明書の取得について
当社は、建設業ですが、社有車を運転する社員の運転記録証明書を毎年本人の同意を得て、取得しております。 弊社のように、他社でも毎年取得する企業は多いでしょうか。 よろしくお願いいたします。
安全運転管理者の選任について
安全運転管理者の選任についてご相談いたします。 昨年オフィスが手狭になったため、リース車両を管理している営業所が近所に引越しました。 今までは本社の人事部で安全運転管理者を選任していたのですが、近くとはいえ、このまま選任したままでよいのでしょうか。 それとも、営業所内で新たに選任する必要がある...
社有車を移動させるための休日出勤は労働時間か
当社の営業社員が、金曜日に社有車を直帰のため持ち帰りましたが、自宅には適した駐車場がないため、翌日土曜日(所定休日)に会社の駐車場に社有車を移動させました。この際社有車を移動させた行為は、休日出勤にあたるのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

勤怠管理
メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。ここで...
コラボヘルス
「コラボヘルス」とは、健康保険組合などの保険者と企業が積極的に協力し合い、労働者やその家族の健康増進を効果的および効率的に行うことを言います。現在国が進めている健康に関するデータを活用し、健康増進を図る「データヘルス計画」では、個人の健康診断の結果などを疾病予防や健康増進に有効に安全に活用する、保険...
ATS
「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データ...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...