企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15084件   回答数32427

①育児休業者の離職票申請②パートタイム労働法の待遇格差

いつもお世話になっております。

2点ご質問です。よろしくお願いします。

①弊社で3月末まで育児休業を1年半とっている女性社員がおりましたが事務所撤退のため、今月、有給消化し、退職することとなりました。

育児休業中は『特休無給』で出勤簿を付けており、賃金は発生しておりません。今月は有給を使用していますので賃金が発生しています。

失業保険を受けるには退職日以前の2年間に出勤11日以上の月の12ヶ月以上あることが必要であり、離職票を申請する場合は退職月も含めた13ヶ月分の出勤簿コピーを添付する必要がありますし、

失業保険を受ける場合、その給付日額は退職前の6ヶ月から計算しますが、

・今回のケースの場合、添付する出勤簿コピーは育児休暇に入る前の通常に出勤していた時のものを添付するのでしょうか?

・失業給付額を計算するための賃金台帳コピーも賃金が発生している育児休暇に入る前のものを提出すればよいのでしょうか?



②弊社では就業規則上、結婚式や新婚旅行、親族の葬儀などで休暇を取る際、正社員は5日間の特休有給を取ることができ、パート社員は3日間の特休無給を取れるとしています。

平成27年4月1日 施行 パートタイム労働法では有期労働契約を締結しているパートタイム労働者でも、職務の内容やその業務に伴う責任の程度、
人材活用の仕組みが正社員と同じ場合には、正社員との差別的取扱いが禁止され、

例えば、社員に通勤手当・家族手当が支給されており、パートにそれらの手当が無ければ各種手当を正社員同様に支給しなければなりませんが、

当社で結婚式や新婚旅行、親族の葬儀などで休暇を取る際、正社員とパート社員で特休有給、特休無給と待遇を分けていることは違法でしょうか?

・職務の内容やその業務に伴う責任の程度、人材活用の仕組みが正社員と同じ場合には違法。

・職務の内容やその業務に伴う責任の程度、人材活用の仕組みが正社員と同じ異なる場合には違法ではない。

等、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2015/04/21 11:03
  • ID:QA-0062253

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/04/21 12:08
  • ID:QA-0062256

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
育児休業中賃金ゼロであれば、その期間は除外して、育児休業に入る前からの賃金台帳、
出勤簿が必要となります。離職票の記載方法も、育児休業期間中は、割愛する方法があります。育児休業給付をもらっていたのであれば、同じハローワークですので、育児休業の
照明は不要です。
原則として、離職票に記載した期間についてのものを添付するとお考えください。

②について
 職務の内容やその業務に伴う責任の程度、人材活用の仕組みが正社員と異なり、
勤務時間も含めて合理的な理由があれば、慶弔休暇については、違法とはならないでしょう。
ただし、法改正により、雇入れ時にあらかじめ、説明しておく必要があります。

  • 投稿日:2015/04/21 18:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
有給休暇日の出勤について
弊社では半日有給休暇制度はありませんので、私用で午後から出勤してくる場合、又は午前のみ出勤する場合、有給休暇を申請して、例えば13時から出勤しましたと申請する社員があります。月給制の場合、この有給休暇をとって、数時間働いた場合、支給する賃金はどのようにすれば宜しいでしょうか?
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
有給休暇と休日出勤について
賃金についての質問にご意見をいただきたいと思います。 法定休日の定めは無し。 日曜日から土曜日の一週間で月曜日から金曜日の5日間を年次有給取得中。 上記の時に、土曜日に8時間の出勤をした場合、日曜日から金曜日の実労働がなく、法定外休日の出勤ですので、時間外割増の支払は無いですが、土曜日に出勤した8...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
同一労働同一賃金
2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)から、正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間にある、不合理な給与・報酬の待遇差を是正する「同一労働同一賃金」制度が始まります。政府が発表しているガイドラインに従い、「同一労働同一賃金」の導入の背景や、「均等待遇・均衡待遇」といった基礎知識、海外との比...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...