企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パート従業員の育児休暇取得についての相談です。

初めて相談させていただきます。
弊社は社員は少人数で大人数がパート従業員の株式会社です。
この度パートの女性従業員から育児休暇を取得出来ないかと相談されました。
どうやら上の子供を保育園に残すため、二人目を出産後育児休暇を取らないといけないようです。
長年頑張ってくれている事もあり、育児休暇を取らせてあげたいと考えております。今まで前例はありません。
しかし彼女は社会保険、雇用保険に加入しておらず、旦那さんの扶養に入っている状況です。
雇用保険に加入していない為、育児休業給付金も支給されませんが育児休暇をとり上の子供を保育園に在籍させたまま翌年4月に二人目も保育園に預けて仕事復帰したいそうです。
当方無知で申し訳ありませんが、上記のような状況でも育児休暇を取らせてあげることは可能でしょうか?
彼女は市の指定の用紙に育児休暇中という事で記入してくれれば大丈夫と言っています。
法律上問題がないかどうかご教授いただければ助かります。

投稿日:2014/06/03 23:50 ID:QA-0059103

ファーストさん
東京都/運輸・倉庫・輸送

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

正社員でない従業員(有期雇用社員)の育児休業につきましては、育児介護休業法におきまして、

(1)  同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること
(2)  子が1歳に達する日(誕生日の前日)を超えて引き続き雇用されることが見込まれること(子が1歳に達する日から1年を経過する日までに労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかである者を除く)

のいずれにも該当する場合に取得可能とされています。

従いまして、こうした要件を満たしていれば、パート従業員に対しても申請があれば育児休業を与えなければなりません。雇用保険・健康保険の加入有無等は問われません(※勿論、保険に関わる育児給付を受ける事は出来ません)ので、注意が必要です。

投稿日:2014/06/04 11:11 ID:QA-0059104

相談者より

ご回答ありがとうございます。

週3日6時間勤務のため保険には加入していませんが育児休暇取得の条件は満たしているようです。

給付金が無いことは承知の上だそうです。今は待機児童が多く一度保育園を辞めるともう入れないそうで、少しでも力になれればと思い相談させていただきました。

一人取得すると今後も希望者が現れるかと心配もありますが、一先ず会社側に問題は無さそうで安心いたしました。

ありがとうございます。

投稿日:2014/06/05 17:34 ID:QA-0059127大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

パートさんの育児休業について

まず、有期雇用のパートさんであれば、1年以上の継続勤務と子が1歳を超えたときの雇い入れの見込みがあれば、本人の申し出があれば、育児休業を取らせなければなりません。

次に、無期雇用の短時間労働者としてのパートさんであれば、正社員と同じ扱いとなり、
入社1年未満、あるいは週2日勤務についてて労使協定があれば、育児休業対象外と
することができます。ですから労使協定がなければ育児休業を取らせなければなりません。

最後に、育児休業と、育児休業給付や出産手当金は要件が異なりますが、
例えば、週20時間以上の勤務なのに雇用保険に加入させていないようであれば、
強制加入となっていますので、遡って雇用保険に加入し、
育児休業給付を受給してもらうことなども必要です。

投稿日:2014/06/04 12:37 ID:QA-0059105

相談者より

回答ありがとうございます。

この従業員は有期雇用ですが、1年以上勤務しているので育児休暇を取らせることは問題なさそうです。

一つ疑問なのですが、女性従業員たちに話を聞いたところパートアルバイトで育児休暇を取得させてもらえるところはほぼ皆無という実情だそうです。

権利はあっても有期契約ということで出産を期に退職させられるらしいのです。

ご回答いただいた内容によると企業側にそんなに不利益があるとは思えません。むしろ優秀なパートさんに即戦力として戻ってきてもらえるので助かります。

やはり社会保険、雇用保険の関係で金銭的な負担があるのでしょうか。育児休暇を取らせることの会社側のデメリットを教えていただけると助かります。

投稿日:2014/06/05 17:27 ID:QA-0059126大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
育児休暇一時金
来月から(第二子)産休に入る社員がいます。 その人が第一子を出産するとき、育児休暇の届けを休暇に入ってから出せば良いとのことで休暇に入ると同時に、育児休暇一時金の請求届を出したのですが、産休に入るときに出さないと認められないと言われ、前期分(半年分)の給付金を受けれませんでした。 今回、以前のことも...
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。