企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

労働組合への宿泊施設貸与について

いつも利用させていただいております。

さて、労組専従者が会社の宿泊施設(単身寮の空き室を出張宿泊施設として利用・私的利用は不可)に宿泊する場合、宿泊料・食事代が発生するのですが、会社がこれを負担することは、経費援助にあたるのでしょうか。

「専従者に社宅を供与することは、その社宅の供与が現物給与の性質をもつものであれば、経理上の援助に該当し、福利厚生施設の性質をもつものであれば経理上の援助に該当しない」と通達であるかと思うのですが、当該ケースの場合、会社の宿泊施設は「福利厚生施設の性質」に当たるものなのでしょうか。
(福利厚生施設の定義が法律上・通達上あれば併せてご教授いただけないでしょうか。)

宜しくお願いいたします。

投稿日:2014/02/19 10:31 ID:QA-0057789

*****さん
兵庫県/その他メーカー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます

福利厚生施設に関する法令上明確な定義まではございません。ちなみに、労働組合法第7条では経費援助から除かれる措置としまして、「厚生資金又は経済上の不幸若しくは災厄を防止し、若しくは救済するための支出に実際に用いられる福利その他の基金に対する使用者の寄附及び最小限の広さの事務所の供与」が定められています。

社宅に関しましても一般的には福利厚生的な内容に該当するものと思われますので、直ちに経費援助に当たるとまでは言えないでしょう。但し、組合の自主性という原則からも労働組合の活動にかかる費用は本来組合または組合員が負担すべきものですし、一度負担すれば今後も同様の措置を既得の便宜供与として要求される事にも繋がります。

従いまして、こうした経費負担は会社としましては極力行わないのが妥当というのが私共の見解になります。

投稿日:2014/02/19 11:30 ID:QA-0057791

相談者より

ありがとうございます。

一般従業員が出張で宿泊する際に、単身寮に空き室があれば宿泊施設として利用できるようにしており、利用料は会社が負担しています。

単身寮として利用するのであれば福利厚生的な性質があると思うのですが、宿泊施設で利用するとなると、福利厚生的な性質を帯びるのでしょうか。

投稿日:2014/02/19 11:53 ID:QA-0057794大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

労組業務上の出張に伴う宿泊なら、便宜供与の限界を逸脱

会社の当該施設の種別が、 業務用施設か、福利厚生施設かに関係なく、 労働組合の使用目的が焦点になります。 労組が専従者に当該施設を、 福利厚生目的で使用させる場合は、 便宜供与の許容範囲内になり得ると思われますが、 労組業務上の出張に伴う宿泊施設として、無償、又は、低廉安価にて宿泊利用する場合は、 便宜供与の限界を逸脱するものと考えます。 尚、 法定福利費 ( 企業負担分 )、 法定外福利費の種別の説明はありますが、 「 福利厚生施設と何か 」 といった法的定義資料は見当たりません。 法的ニーズがあまりないからでしょう。 敢えて探すなら、 ネット辞書や福利厚生代行業者のサイトメニュでも蒐集可能です。 税務問題での問題であれば、 案件毎に情報収集が必要になります。

投稿日:2014/02/19 12:43 ID:QA-0057795

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、先の回答でも申し上げました通り、福利厚生施設に関する明確な法的定義はございませんので確答は出来かねる件ご了承下さい。

しかしながら、仮に宿泊費等の支援が福利厚生としての便宜供与として認められるとしましても、本来組合側で負担すべき費用である事に違いはございませんので、特別な事情でもない限り敢えて会社側で負担しないのが妥当と考えます。

投稿日:2014/02/19 13:10 ID:QA-0057796

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
福利厚生施設の運用について
現在、当社では社員・OB用に宿泊、宴会、会議等に使用できる厚生施設があります。ここ最近は利用者数の減少により稼働率が低下しています。社員用ですので外部の使用は基本的には認めていません。この施設の存続について、ここままの状況では閉鎖することも考えられます。損益だけを見ると固定費が収入を上回っています。...
福利厚生施設で「スポーツクラブ」を運営する
従業員の健康増進のため「福利厚生施設(体育館)」を保有していますが、利用率が低く頭を悩ましております。 このため、この施設を利用し「スポーツクラブ」として活用しようと考えています。 そこで疑問が。 ①会社で福利厚生施設としての取り扱いであるが「スポーツクラブ」を営業し利益を上げてよいか。 ②①の場合...
出張先の宿泊を実家利用した時の費用
いつもお世話になっております。 出張時の宿泊先を実家利用した場合の宿泊費は、どのようにするのがよいのでしょうか。 就業規則には、そのような場合の明記はしていません。 そして弊社は、宿泊費を定額支払としていので、領収書も提出させていません。 事前に会社に実家で宿泊することを告げなかった場合、実家で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 国内出張時の宿泊料に関するアンケート
    最近、訪日外国人観光客が増加している中で、ホテルの予約をとるのが難しい状況になっている。またその余波を受けて、宿泊出張時のホテル等宿泊料金が高騰している。企業の対応はどうなっているのだろうか。ホテル代高騰下における国内出張時の宿泊料への対応状況について、WEBによる緊急調査を行った。
  • 人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える! 単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?
    近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業における「福利厚生」の持つ位置付けが大きく変化しています。単なる福利厚生ではなく、社内コミュニケーションや人材戦略に生かそうという動きが出ており、その中でもチケットやカードによる「食事補助」が大きくクローズアップされるようになってきま...
あわせて読みたいキーワード
3歳の壁
「3歳の壁」とは、0~2歳児向けの保育施設に子供を預ける保護者が、3歳以降の預け先探しに苦労する問題のことです。待機児童対策として0~2歳児のみが対象の保育施設が増設された結果、3歳以降の受け皿不足が起こり、もう一度“保活”(=保育園探し)に奔走しなければならない保護者が増えています。2015年4月...
企業内保育所
「企業内保育所」とは、企業が育児中の従業員のために、事業所内または事業所の近辺に設ける専用の託児施設のことです。施設は企業がつくり、実際の運営は保育サービス事業者に外部委託するケースが一般的。国の認可外保育所の一つに分類され、預かる子どもの人数や子ども一人あたりの部屋面積などが基準を満たす場合は、...
シャドーIT
「シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側の...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題と...