企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

インセンティブ制度の基本方針作成について

弊社では営業インセンティブを不定期で導入することがあります。製品毎にシーズン、発売からの経過年数、業界での規制などの影響が大きいため、インセンティブをかける際には、その都度、評価方法などを検討するる必要があります。また、営業部は担当製品制を取っているため、製品毎にかけるインセンティブでは、営業部の全メンバーが対象になることがないため、対象とならない社員から不満が出ないように透明性を保ち、必要性を論理的に説明するように気を付けています。このような背景のなか、全社共通のインセンティブ基本Policy(インセンティブを導入する際の基本的なルール、実施可否の判断基準など)を作成することになったのですが、先に述べたように、対象製品・実施時期・報奨対象者がバラバラという現状で、全製品に共通する基本Policyはどのように作成したらよいのか、頭を悩ませています。本件について、アドバイスもしくは参考になりそうな本・資料などありましたら、どなたかご教示いただけますと幸いです。

投稿日:2014/01/31 12:48 ID:QA-0057643

lonelyusaさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、掲示板の性質上特定の書籍名等を紹介する事は出来かねます件ご了承下さい。

その上で申し上げますと、「対象製品・実施時期・報奨対象者がバラバラ」であっても、基本ポリシーを策定する事は十分可能といえます。

そもそも基本ポリシーとは、事案のような多種多様な措置に関して共通する捉え方を明確にして無原則な措置を防止する為に取り決められるものといえます。

インセンティブであれば、個々の事案について内容が大きく異なっていましても、例えば支給上限をどの程度にするか、対象者をどのように選定するか等について一定の共通ルールを策定することは可能なはずです。余り難しく考えることなく、実際にインセンティブを与える場合にこれだけは守っておきたい、こういう風にやっていきたいといった事柄を思い浮かべていけばよいでしょう。

当然ながら細かな部分まで一律に取り決める事は無理といえますが、御社におけるインセンティヴ制度の位置付け等を明確にし御社の考え方を従業員に理解してもらう上でも、共通認識としてのポリシーをしっかり検討されることは大変重要であるといえます。他の文献資料を参考にされるのもよいでしょうが、まずは余り細かな点にまでこだわらず、インセンティブ制度に対する御社自身の取り組み姿勢を再確認し示される事に尽力されるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2014/01/31 13:32 ID:QA-0057645

相談者より

返信が遅くなり、大変失礼致しました。
そうですね、あまり堅苦しく考えず、まずはTeamでアイデアを出し合って、まとめてみます。大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿日:2014/02/05 09:24 ID:QA-0057682大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

達成率

担当によって扱う商材が異なることは良くありますので、そんな時でも各自営業予算・目標は設定しているかと思います。ですのでその達成率で等しくインセンティブをかける方法があります。ただし目標設定がリーズナブルであることが前提ですので、成長中の商材も安定商材も同じような予算設定ですと著しく不公平になります。もっともこの場合は予算そのものへの信頼が揺らぎますので、そのようなずさんな設定でなければ、達成率のような一律な基準がむしろ公平感が出るのではないでしょうか。

投稿日:2014/02/04 21:26 ID:QA-0057681

相談者より

コメントいただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、達成率が最も公平感があると思うのですが、予算設定がしっかりしていることが前提ですね。弊社の場合、予算達成が厳しい状況下で、なんとか達成に近づけようとインセンティブをかけることが多いので、インセンティブ獲得のための目標設定がKeyだと考えています。品目別に状況が異なりますし、全社共通の指針を作成するにはどうすればいいか悩んでおりました。他の方にコメントいただきましたように、まずはアイデアベースで柔軟に検討してみます。ありがとうございました。

投稿日:2014/02/05 09:29 ID:QA-0057683大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
インセンティブ規程導入について
ご相談です。 この度、インセンティブ制度を導入する予定になります。 インセンティブ制度導入にあたり、インセンティブ規程として全社員に見える形にする必要はございますでしょうか。 インセンティブ制度を規程とした場合、会社の業績により一部減額や不支給も想定されますが、規程とした場合に、想定外の業績ダウンな...
インセンティブの計算について
はじめまして。 店舗ごとの店長インセンティブを導入しているのですが、異動や新人について考慮するような計算方法や措置について、考え方やヒントがあれば是非ご指導ください。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
インセンティブ
業績に連動した報酬の意味を持つ「インセンティブ」。しかし昨今では、単なる金銭的な報酬に限定せず、自己実現やモチベーションアップにつなげる施策として、個人の価値観に着目したインセンティブ制度を導入する企業も増えています。ここでは、インセンティブ制度のメリット・デメリットをはじめ、制度設計の注意点や成功...
リストリクテッド・ストック
「リストリクテッド・ストック」(Restricted stock)とは、自社の現物株式を役員などに直接付与する株式報酬制度の一種で、一定期間の譲渡制限を設定することにより、付与対象となる役員に中長期の企業価値向上に向けたインセンティブ付けを行うしくみです。「特定譲渡制限付株式」とも言われ、株式の付与...
RoHS指令
Restriction of use certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment指令の略。欧州連合(EU)が2006年7月1日から実施する電気・電子製品への有害化学物質の使用規制のことです。
定番のQ&Aをチェック
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...