企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15090件   回答数32442

パートから正社員になった後の賞与について

いつもお世話になっております。
2年ほどパート社員として頑張っていた方を、今年3月に正規社員として勤務していただいてます。
弊社では、正社員(一般職)は勤続1年になると賞与考課の対象になります。
パート勤務の際も、1年経つと賞与(寸志。考課は関連しない)をだしています。

今回質問させていただきたいパートから正社員になった方ですが、パート勤務が2年あると、
正社員になった際に、ゼロスタートでなく、パート時代を累計して考えるべきでしょうか。
一旦雇用がとまることなく正社員になっているので、個人的には有休や退職金規定のように、
累計で年数を計算し賞与対象となるべきだと思うのですが、いかがでしょうか。

賞与規定にはその旨の記述はありませんでした。
弊社での賞与考課は年2回です。前回(夏)考課では正社員になってからだけの勤続年数で
計算したので賞与はなかったようです。

アドバイスをお願いします。

  • stringfellowさん
  • 大阪府
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2012/10/26 16:40
  • ID:QA-0051863
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/10/26 17:26
  • ID:QA-0051864

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

正社員転換後の賞与について

賞与については、会社の任意です。今まで想定していなかった事項なので賞与規定に記載がないのでしょうが、今後のことも含めて、検討し、ルール化してください。

ポイントとしては、
勤続1年になると賞与査定に入るということですが、この勤続1年が正社員としてに限定するのか、パート勤務も含めるのかという点です。

「勤続1年の意味」を確認またはお考えください。
会社の任意なので、会社の考え方ですが、ここは見直した方がいいと思われます。
賞与については、年2回支給されるということですので、それぞれの査定期間だけ明確にしておけばよろしいのではないのでしょうか?
結果として、新入社員は、寸志。中途社員でも即戦力であれば1年目から実績を残す方もいっらしゃるかもしれません。

パートさんであれ、能力があって正社員に転換したのでしょうから、そこからまた1年賞与がないというのでは、モチベーションは上がりません。

  • 投稿日:2012/10/29 09:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

迅速なご回答をいただきありがとうございます。
就業規則、規定は抽象的な記述が多く、かなり以前から改定などされていないようです。
組織改編とともに、こういった規定などすべて見直していこうとしているところです。ご意見を参考にさせていただき対処したいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/10/26 20:41
  • ID:QA-0051865

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

賞与に関しましては、年次有給休暇のように法的に決められた制度ではなく、支給条件等につきましては各会社が任意に定めて行うものになります。

御相談の事案につきましても、勤続年数を賞与にどのように反映させるかは任意ですので、基本的に御社賞与規定内容で判断することになります。

文面内容からしますと、御社の場合勤続年数が賞与額の計算に加味されるものとお見受けしますが、パート→正社員に身分変更した場合の取り扱い規定がなければ、どのように取り扱うか明確な判断基準が存在しない事になってしまいます。

但し、規定に「(単に)勤続年数」「入社後の勤続年数」等と記載があるだけですと、パートでも勤続という事実や入社日に変わりはございませんので、原則として勤続年数は通算しなければならない点に注意が必要です。恐らくはこうした文言が見られるのではと思いますので、今一度詳細規定をご確認下さい。

いずれにしましても今後については勤続年数の判断基準を明確にされるよう賞与規定整備を行うべきといえます。

  • 投稿日:2012/10/29 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

アドバイス、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、賞与規定など規則、制度を改定していき整備したいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/10/26 21:53
  • ID:QA-0051867

人事・経営コンサルタント

人事戦略

何のために賞与支給するかという目的を定めた上で、しっかりと規定整備をすることが優先ではないでしょうか。本件の該当社員の方も、単にパート勤務からの期間が長いということではなく、意欲や姿勢等が評価されておられるのではないかと拝察いたします。そうした評価をどのように賞与や昇給等評価に反映させるかという指針が重要です。上長の裁量で対応できるようなアロアンスを盛り込むなどで、今回は特例で対応し、今後の仕組みを明文化されるのはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2012/10/29 09:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

アドバイス、ありがとうございます。
賞与規定だけでなく、すべてにおいて何十年も手つかずの状態にしていたようです。これからアドバイスをいただいたことをきちんと制度に反映していきます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...