企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14472件   回答数30758

出向元・出向先における労務費等の費用負担の考え方

題記について質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

これまで当社では、出向先に対し出向者にかかる労務費(※)については、
原則として出向契約を締結し全額負担をしてもらっています。

(※)給与/賞与,社会保険料会社負担分,財形や共済会などの福利厚生に
  関する会社拠出金,出向期間中に生じる退職金,社宅家賃など
  (子会社に出向する場合は給与/賞与は子会社のあてはめ額を負担して
   もらっています。)

今般、グループ内会社(親会社の子会社であり当社との資本関係はなし)
への出向に当り、出向先の担当者から、概要以下のコメントがあり上記の
財形や共済会については負担しかねる旨の回答がありました。

「出向関係法規、有識者によると
 ・労務の提供に関係する分は出向先基準
 ・それ以外の出向元従業員たる地位に関係する分は出向元基準
 が基本。
  福利厚生については、社員食堂の利用や単身者用社宅・寮は労務
 提供に関係するものであり出向先負担。
  出向元の共済会や社内預金・従業員貸付制度の利用や補助は、
 出向元での従業員たる地位に関係するものであり出向元負担。」

弊職としては、これまでは、出向を直接規制する法律はないため、出向先
との合意のもと、全額負担が基本と考えておりました。この考えは誤って
ますでしょうか?
合意が前提ですので、ときには出向先の事情に応じ全額とならない場合も
あるにはありますが、基本的には全額負担いただいております。

ところが、
福利厚生に関する項目に対してのみ上記見解が示され、戸惑っております。
もっともらしい見解であり、正しくも受け取れますが、いろいろ調べても
同様の回答は見つかりません。
根拠となる関係法規・規則など、あるようでしたらご教示お願いいたします。

  • 投稿日:2012/09/18 20:02
  • ID:QA-0051349

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/09/18 23:50
  • ID:QA-0051357

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

出向先と出向元の使用者責任の分担に関しましては、法律での直接の規定はございません。但し、行政通達で以下のように示されています。「出向元、出向先及び出向労働者三者間の取決めによって定められた権限と責任に応じて出向元の使用者又は出向先の使用者が出向労働者について労働基準法等における使用者としての責任を負うものである(昭61.6.6基発第333号)」

従いまして、一般的には出向という勤務形態からも労務と地位によって権限が分けられているものと判断されますので、どちらの会社の制度が適用されるかの部分につきましては文面のような有識者等の解釈が通説とされています。

但し、出向先・出向元どちらの制度が適用されるとしましても、その費用負担につきましては、労働法令の範囲外の事柄になります。何故なら、どちらの会社が費用負担するとしましても労働者にとってみれば賃金や福利厚生等を実際に受けられるならば違いはないからです。

従いまして、文面のような従業員の地位上の福利厚生に関わる費用負担につきましても、少なくとも労働法令上は出向先・出向元のどちらが必ず負担しなければならないといった義務はございません。あくまで会社間で話し合って合意の上で出向契約にて定めを置き決められるべき事柄といえますので、今回のケースでも両社間で相談して決められる事が求められます。尚、このような費用負担に関しましては税法上の問題の方がより重要になりますので、そちらは必ず税理士等の税務の専門家にご確認されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2012/09/19 08:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答、誠にありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
出向者の賞与について
宜しくお願い致します。 出向元会社と出向先会社の間に締結した出向契約において、出向者の賞与の基準を出向先と定めていて、出向者に対する就業規則にも、「出向者の賞与は出向先の基準とする」と規定している場合であれば、両社の賞与基準が大きく違っていても大丈夫なのでしょうか? 例えば、出向元が2ヵ月支給、出...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 人事管理制度の実際
    人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 福利厚生施策の実際
    ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。

あわせて読みたいキーワード

出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
ホームリーブ
「ホームリーブ」(Home Leave)とは、出向や転勤により本国を離れ、日本国内で長期間勤務する外国人社員が、休暇などのために一時帰国することをいいます。ホームリーブにかかる諸費用を使用者が負担した場合、一定の要件を満たしていれば、その費用に関する税務上の取り扱いについては給与所得とはせず、所得税...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...