企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15723件   回答数34159

通信教育・資格取得の義務付けと労働時間の考え方

当社では、社員教育の一環として、ある一定期間で指定の通信教育・資格の取得を義務付けています。

これらの取得を昇格要件とした場合は、その取得が会社からの指揮命令にあたり、学習時間が労働時間とみなされる可能性が高いとの判断から、昇格要件とはしておらず、実際、すべて取得していなくとも昇格している社員もおります。

しかし、他社では通信教育・資格の取得を昇格要件と位置づけている例を多数聞きますし、それらの会社がすべて学習時間を労働時間と扱っているとは考えられません。
もし、私の考えが間違っていなければ、それらの会社ではなぜそれが許されるのでしょうか。
単に、グレーな扱いを良しとしている会社なのでしょうか。

通信教育・資格の義務付けおよび昇格要件とすることと、労働時間の考え方について、ご教示願います。

  • まるさん
  • 東京都
  • 信販・クレジット・リース・消費者金融
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2011/04/14 10:15
  • ID:QA-0043427
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/14 11:05
  • ID:QA-0043430

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

通信教育・資格取得について

■通信教育について、本人に選択権を与えず、会社が義務付けてしまうと、その学習時間は労働時間と考えられます。
▲よって、一般的には、通信教育や資格取得は義務付けず、本人に選択権を与える会社が多数です。そして、会社として業務に密接しているため、通信教育を受けてほしい場合や、資格を取得してほしい場合には、資格取得をすれば、昇給するまたは資格手当がもらえるとしたり、費用を会社が負担してあげたりします。
以上

  • 投稿日:2011/04/20 14:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
求める資格要件のみ定め、学習方法は個人に委ねた方がよいということは理解できました。
ですが、必ず身につけて欲しい知識・スキルに対応する資格試験が存在しておらず、通信教育を指定せざるを得ない場合(社内で試験でも作らないかぎり)は、労働時間とみなされるということになってしまうのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/14 11:26
  • ID:QA-0043433

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、まず昇格要件としていなくとも、会社が通信教育受講により資格取得を義務付けている場合ですと、当該学習時間は労働時間に当たると考えるのが妥当といえます。本来であれば、こうした学習はあくまで自己啓発としまして各従業員が自らの自由意志に基き行うべきものだからです。そうであるにも関わらず「会社が義務付ける」というのであれば、このような措置につきましては会社からの指揮命令行為に該当するものといえます。

逆に申し上げますと、ある資格の有無を昇格の判断材料の要素とするにしましても、会社が特に強制することなく従業員が任意に判断し資格取得の為受講する教育等の時間につきましては、労働時間として取り扱う必要性はないものといえます。文面の会社の中には、恐らくそうした会社が多いのではと思われます。

従いまして、御社の場合でも義務付けを外せば労働時間として取り扱う必要はなく、事柄の性質からみましてもこうした通信教育の受講等につきましては各従業員の自主性に委ねるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2011/04/20 14:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
求める資格要件のみ定め、学習方法は個人に委ねた方がよいということは理解できました。
ですが、必ず身につけて欲しい知識・スキルに対応する資格試験が存在しておらず、通信教育を指定せざるを得ない場合(社内で試験でも作らないかぎり)は、労働時間とみなされるということになってしまうのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/14 12:14
  • ID:QA-0043435

代表者

「 昇格要件 」 と 「 取得に対する会社の関与 」 は別問題

「 特定の公的資格の取得を、社昇格要件とすること 」 と 「 その取得に対する会社の関与 」 は、別問題だと思います。前者は、高度な人材レベルを維持・推進するために、不可欠な企業ニーズですが、後者は、サポート体制は望ましくても、基本的には、個人のやる気と努力の問題と考えるべきでしょう。勿論、労働時間と看做し、賃金を支給することに問題がある訳ではありませんので、多様な対応が存在するとは思いますが・・・・。

  • 投稿日:2011/04/20 14:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
求める資格要件のみ定め、学習方法は個人に委ねた方がよいということは理解できました。
ですが、必ず身につけて欲しい知識・スキルに対応する資格試験が存在しておらず、通信教育を指定せざるを得ない場合(社内で試験でも作らないかぎり)は、労働時間とみなされるということになってしまうのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/14 21:05
  • ID:QA-0043444

人事・経営コンサルタント

他社の対応

恐らく予想通り、グレー、または開き直りだと思います。と申しますのは、昔ながらの勤務時間管理(始業10分前集合等)を精神的な指導として生かしている企業はまだまだ多く見受けられます。非常にコンプライアンス上、危険な状態ですが、直ちに処罰を受けるものでもないため、小職から見れば、バレなければ良いという意図があるのではないかと感じております。
そうした非合法な例を参照されるのではなく、あくまで資格取得のみ昇進基準とし、その方法は通信教育だけでなく、各自に任せてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2011/04/20 14:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
求める資格要件のみ定め、学習方法は個人に委ねた方がよいということは理解できました。
ですが、必ず身につけて欲しい知識・スキルに対応する資格試験が存在しておらず、通信教育を指定せざるを得ない場合(社内で試験でも作らないかぎり)は、労働時間とみなされるということになってしまうのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/20 21:15
  • ID:QA-0043581

代表者

「昇格要件」と「取得に対する会社の関与 は別問題 P2

会社として、「 こういう通信教育が有用ですよ 」 と教えてあげるのは自由です。別に、それで、明示的にしろ、黙示的にしろ、使用者の指示に基づく労働が成立するとは思えません。然し、ご引用の、特定の通信教育を受講しなければ、絶対得られない資格要件ということなら、昇格要件としての適格性に疑問が生じるのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/20 22:14
  • ID:QA-0043584

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

ご質問の件ですが、文面の「指定」が具体的に何を表しているかによります。単にその講座がお勧め出来るという意味での通信教育指定であれば、受講有無については当人の自由意志による選択になりますので労働時間には該当しません。

但し、指定が当講座(複数ある場合はそのいずれか一つ)を必ず受講しなければならないという意味であれば、労働時間に該当することになります。つまり、強制の有無がやはり判断の決め手ということになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
代休の取得時間について
当社では、休日労働だけでなく、時間外労働が50H/月を超えた場合でも、代休を取得することができます。 そこで、もし社員が代休を取得した場合、三六協定上の時間外労働としてカウントする時間から代休取得分の時間をマイナスすることはできるのでしょうか。 ご教示の程宜しくお願い致します。
昇格要件を導入した際の昇格済みの職員の対応について
現在、昇格要件に資格取得を入れることを検討しています。 資格の内容は公的資格と業界資格の計2資格を考えております。 管理職登用の際の要件に考えており、それについては特に問題なく導入できるかと思われますが、懸念してるのは、すでに昇格済みで、かつその資格を取得していない職員の対応についてです。 当然取...
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 今日的な社員研修・人材育成の考え方
    企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
あわせて読みたいキーワード
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。