企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34232

派遣社員の健康診断について

派遣社員の健康診断については、派遣会社が実施していますが、特殊健康診断については、当社が実施しています。
通常の健康診断についても、本来的には当社が実施しなければならないのでしょうか。

  • *****さん
  • 三重県
  • 化学
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2006/04/12 11:35
  • ID:QA-0004333
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/04/12 14:40
  • ID:QA-0004340

オフィス代表

お答えいたします

「派遣労働者」につきましては、役割分担が決まっています。

「一般健康診断」については派遣元が、「特殊健康診断」については派遣先が行うこととなっていますので、現行通りで問題ありません。

  • 投稿日:2006/04/12 14:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/04/12 14:43
  • ID:QA-0004341

この回答者の情報は非公開になりました

派遣社員の健康診断について

健康診断には、一般健康診断と一定の有害業務に従事する労働者に対して行われる特殊健康診断があります。

一般健康診断は労働者を雇っている会社が実施しなければなりません。つまり、派遣会社が実施することになります。

特殊健康診断は、有害業務に従事する労働者の健康状態を把握し、その事業場の衛生管理に役立てようとするもので、派遣先で実施することとされています。

特殊健康診断は貴社で実施しなければなりませんが、通常の健康診断(一般健康診断)は派遣会社が行うことになりますので、今までのやり方でいいと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/04/12 15:12
  • ID:QA-0004342

株式会社メディカルトラスト 取締役事業部長

派遣社員の健康診断義務について

派遣元には雇入れ時の健康診断と毎年の定期健康診断の実施義務があります。その意味では、現在貴社が行なわれている通りで差し支えはないと思います。
労働安全衛生法では派遣先に特殊健康診断や安全衛生教育などの義務を課しておりますし、この4月から施行された改正労働安全衛生法でも、安全衛生委員会の「調査審議事項」に長時間労働の問題とメンタルヘルスの問題が追加されています。安全衛生委員会は派遣先で開催するものですから、派遣労働者も含めた配慮が必要です。
昨年3月31日の東京高裁のニコンさんに関する判決で、「派遣社員はうちの社員じゃないから、うちの責任ではないよ・・・」というのはもはや通じなくなりました。職場で働く労働者に対する安全配慮義務は派遣先にあります。なぜなら労働時間の管理や現場での安全衛生管理の義務は派遣先でないと出来ないからです。特殊健康診断が派遣先の義務になっているのも同じ意味からです。
健康診断は今まで通りとしても、今後の安全配慮の仕組みは派遣労働者・パート労働者も含めた総合的なものにしていかなければなりませんし、派遣元ともそのような観点でよく話し合いをもたれた方が良いと思います。たとえば、事業所内で病気になった場合事業場ではどこまで対応したり、誰に連絡するか、個人情報の問題はどうするか、費用負担はどうするか・・・などを事前に決めておくと良いでしょう。

  • 投稿日:2006/04/12 15:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...