企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15741件   回答数34220

教育訓練給付制度

従業員に資格を取らせたいと思っているのですが、社員に教育訓練給付制度を利用して資格取得講座の費用を支払わせ、合格後に会社から合格祝金としてその費用を補助するってのは問題ありますか?

キャリア形成助成金でも考えたのですが、現状の業務状況だと土日又は夜間にしか講座を受講する余裕がなく、また振替休日等を与える余裕もなさそうなので、助成対象としては厳しいかなと考えています。

  • 多数親方さん
  • 神奈川県
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2006/02/13 19:11
  • ID:QA-0003671
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/02/16 22:13
  • ID:QA-0003718

この回答者の情報は非公開になりました

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、働く人の主体的な能力開発を支援するための制度でありますので、強制さえしなければ制度を利用して資格取得講座の費用を支払っていただいて受けていただくことは問題ありません。
また、合格者へ支給する合格祝金も課税処理さえすれば問題ありません。

また、確かにキャリア形成助成金も、お考えになっているように勤務日に講座を受けさせることができないのであれば受給は難しいです。

キャリア形成助成金でも考えたのですが、現状の業務状況だと土

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/03/03 21:49
  • ID:QA-0003895

畑中 義雄
有限会社人事・労務

教育訓練給付制度について

こんにちは。相談員の畑中です。
 よろしくお願いいたします。

 会社が資格を取らせることを強制せず、本人の自由意思で教育訓練給付金
 利用して資格取得講座の費用を支払っていただいてもよろしいかと思います。

 よろしくお願いいたします。
 ご健闘をお祈りいたします。

  • 投稿日:2006/03/07 15:36
  • 相談者の評価:参考になった

ちなみに、「本人の自由意思で教育訓練給付金を利用して資格取得講座の費用を支払った」場合でも、合否にかかわらず、本人が費用を会社に請求した場合は、教育訓練給付金の考えに沿わなくなってしまいますよね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
資格取得補助とセミナー・通信講座補助の問題
自己啓発支援制度として、資格取得者には資格に応じて取得時点で費用の8割を補助、スクールや通信講座(資格取得以外)には修了証をもって費用の5割を補助と考えています。この場合、資格取得の為の通信講座を受けて修了証があるが結果的に不合格の場合、補助ゼロと思っていましたが、修了証をもらうまで努力はしたのだか...
助成金について
ウェディングプロデュースの会社をして10年になります。スクールも始めましたので本格的にスタッフを増やして業務拡大を狙っているのですが、助成金は出ますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 組織活性化制度の実際
    人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
あわせて読みたいキーワード
助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。
教育訓練給付金
厚生労働大臣の指定する教育訓練(講座)を受講して修了した場合に、ハローワークから費用の一部として給付される補助金。働く人のビジネス能力を向上させ、雇用安定や再就職の促進を図るのが狙いです。
受給資格者創業支援助成金
失業して雇用保険をもらっている期間中に、就職することをやめて起業した場合に、一定の要件を満たせば支給される助成金です。要件は厳しいのですが、独立や起業を考えている人には大きな追い風となるかもしれません。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/03
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...