企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

新入社員の研修について

現在新入社員向けの研修制度を策定しています。
内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修と考えておりますが
企業様やその研修内容も多種多様です。
そこで平均的な金額や日程についてお教え頂けませんか。

  • *****さん
  • 東京都
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2005/12/06 13:43
  • ID:QA-0002982
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/12/06 14:55
  • ID:QA-0002985

この回答者の情報は非公開になりました

新入社員の研修について

平均的な金額や日程については分かりかねますが、私自身の企業の人事責任者としての経験から大雑把に申しあげますと、

内定者研修は1泊2日、費用は会場費、宿泊費、懇親会費、その他雑費のみ。講師は社内講師。

新入社員研修は5日間程度。外部講師は半日程度の依頼で10~30万円(ピンきりです)。その他、会場費、宿泊費、懇親会費、教材費、雑費。

フォローアップ研修は1泊2日~2泊3日程度。外部講師(同上)、その他費用も同上。

研修内容(目的等)によって日数も費用も異なりますから、平均的な数字があったとしても参考程度にとらえるほうがよいでしょう。
以上、多少でも参考になれば幸いです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/12/07 11:50
  • ID:QA-0002995

この回答者の情報は非公開になりました

新入社員研修への回答

ご質問につきまして、回答申し上げます。
金額、日程につきましては、内容により異なると考えられます。
金額につきましては、平均的には、1日15~20万円ぐらいではないでしょうか。
日程・内容につきましては、内定者研修は1~2日。ただし、集めるには強制は出来ないというところから内容は制限されると思います。

私どもがお手伝いしている企業様の中には、入社前にビジネスマナー、コミュニケーションそして、コンプライアンス等々を実施しております。その場合の新入社員研修は、社内の通達事項、例えば人事制度や社内規定などを理解いただくという内容となっております。

新入社員研修は、一般の企業様では3~5日間ぐらいを考えています。その内容といたしましては、社内研修、会社組織について、各職場の説明(職場見学)、ビジネスマナー・企業人としてのコミュニケーション等々です。

フォロー研修につきましては、1~2日です。
内容といたしましては、新入社員研修での振り返りとステップアップへ向けて等です。

何れにいたしましても、内容・講師により金額は異なります。重要なのは御社の目的に応じた研修プログラムを作成するということではないでしょうか。

私どもの新入社員研修の特徴といたしましては、診断ツールを使いその結果をOJTに役立てていただくというものがございます。詳細につきましてはお問い合わせいただければと思います。
是非、ご参考くださいませ。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...