無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

希望退職募集の場合の退職金

経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?

投稿日:2010/11/30 18:54 ID:QA-0024070

ozawaさん
東京都/コンサルタント・シンクタンク

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

希望退職金

会社都合で退職してもらう募集ですから、まず会社都合で退職金を支払うことが大前提です。また解雇予告に相当する1か月は含まれるので、少なくとも加算額は月例賃金の1か月を上回るモノでないと納得されないでしょう。ここに1か月しか乗せられない、ここで退職してもらわないと、会社は賞与不支給や減給、要員整理を不可避ということなら、そういう金額でも応募者は出るでしょう。
私の知るケースですが、会社都合分と2カ月で十分応募があったというモノがあります。会社都合と自己都合で退職金は違いますから、従業員には希望退職はメリットあります。

投稿日:2010/11/30 19:03 ID:QA-0024071

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、文面の通り御社において「経営がかなり逼迫している状況」ですと、まずはどの程度退職金費用として捻出出来るかをきちんと計上した上で考えるべきです。一般的な上乗せ額を参考にしましても、その結果会社負担が現実的な支払能力に比べ過重になりますと、更なる経営悪化を招きより大規模な事業縮小や倒産の危機にまで追い込まれかねません。

またそうした経営状況に関しましては、労働者側にも隠すことなく明らかにすべきですし、加えて今後の運営方針等につきましてもきちんと説明されるべきです。そうでなければ、希望退職の実施で職場での不安感・動揺が高まり、優秀で是非残しておきたい社員の方が先に退職してしまいかねません。

十分ご周知とは存じ上げますが、危機迫るような事態であればこそ労働者側へ真摯な対応を採られると同時に、最悪会社都合退職と変わらないような希望退職金支給額であっても、これ以上無駄なコストを払う事の無いよう計算の上で措置を採られるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2010/11/30 20:24 ID:QA-0024075

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

交渉計画

1ヶ月、3ヶ月、半年、一年等、状況や条件、金額によりさまざまであり、標準は無い、と感じております。いくらなら成り立つかという金額は、正に取引の要であり、そこを詰めていくのは交渉過程になります。

御社の経営状況からして、「無い袖は振れない」金額はそもそも意味がありません。また一方、従業員が応じない金額でもこれまた事態は改善出来ません。

こうした金額交渉を一発提示で決められることはまずありませんので、まずは可能な予算を組み、その上で対象者と話し合い、金額を決めていくというプロセスになるかと思います。

投稿日:2010/12/01 11:01 ID:QA-0024082

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード
関連する資料
HRテクノロジーで退職を防ぐ~AI×勤怠データから高精度に退職予備軍を検知~

企業において人材流出は、採用コスト・人材育成コストの増加、従業員の負担、業務の停滞による生産性の低下など大きな損失になります。「優秀な人材の流出をいかにして食い止めるか」は大きな命題の1つと言えます。本資料では従業員の離職防止をテーマに、AIを活用した退職予備軍の早期検知手法についてご案内致します。

人事労務でよくあるQ&A 15選

人事や採用、労務にいたるまで幅広い領域を担当されている方も多いかと思います。
そこで今回、エン・ジャパンに実際に寄せられた質問の中でも、特に「参考になった」という声が多い質問を、Q &A 形式でご紹介する資料を作成しました。ぜひ、楽しみながら人事・採用・労務の知識力アップにつながれば幸いです。

「早期退職」を募るときに気をつけたい"5つ"のこと。再就職支援を正しく活用するために

社会経済の先行きが読めない今、「早期退職」という言葉をニュースで聞く機会も増えました。「早期退職」の意味はなんとなく分かるけれど、具体的な制度の内容については知らない方も多いと思います。そこで、早期退職の意味やその必要性、早期退職と「再就職支援」との関係性など、今知っておきたい情報を紹介します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード