企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15723件   回答数34159

マイスター制度の構築

当社では人材教育の一環として、「マイスター制度の構築」を図ろうと考えております。その第一弾としてまずは「営業職」から構築をしたいと思いますが、どういったものを作っていったらよいのかイメージができません。
構築にあたってのポイントや注意点、具体例などがありましたら、教えていただけますでしょうか。
宜しくお願いします。

  • ミスターさん
  • 東京都
  • その他メーカー
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2008/11/21 14:22
  • ID:QA-0014334
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/21 18:18
  • ID:QA-0014337

国際メンタリング&コーチングセンター 代表、株式会社スマートビジョン 代表取締役

営業職向けのメンター制の導入

英語では、マイスターのことを通常メンター(Mentor)と呼んでいますので、一般的にメンター制と言います。今回の対象者は、新入社員でしょうか? それとも入社数年の若手社員が対象ですか? 新入社員の場合には、業務の経験のある先輩で、30歳前後の方をメンターに指名し、一定期間(半年から1年)指導・支援する仕組みとして、メンタリングプログラムを組みます。このプログラムを開始する前に、メンターには、メンター研修を実施し、育成のための基本概念、指導・支援のスキルを学んでもらう必要があります。この研修では、欧米で普及したメンタリングスキルを中心に、育成のやりがい、キャリアとして重要性をキチンと理解させることで、モチベーションが上がります。日本でも、キャリア評価制度を普及させようとして、経済産業省、厚生労働省管轄の団体がサンプルを提供しています。特に、IT分野では、ITスキル標準(ITSS)として、IPA(情報処理推進機構)が普及に努めています。これを参考にキャリアパスを明確化して、メンターがキャリアアップを支援するのが、一般的です。その中でも、育成実績のあるメンターの養成が要ですが、この制度を始める前の課題として、営業では、メンバーの育成にどれだけ力を入れているかであり、育成重視の方針がトップから、明確に打ち出されていることが望ましいでしょう。営業では、とかく結果主義に陥りやすい傾向がありますので。
 メンター研修の実施の際に、如何に育成のやりがいを感じさせられるかが、非常に重要な鍵になりますので、多くのメンター研修の実績があり、メンタリング・プログラム終了後も、キチンと効果測定を支援してくれる所に相談下さい。お役に立てれば幸いです。
 検索エンジンでは、メンタリングをキーワードに検索下さい。

  • 投稿日:2008/11/21 18:18
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/22 12:33
  • ID:QA-0014342

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

マイスター認定者の権威が重要

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

マイスター制度は、メーカーを中心に、主に製造現場の熟練技能者から中堅・若手人材への円滑な技能継承の促進を眼目として、近年導入が活発になっている制度です。

貴社でも対象が営業職とはいえ、「人材教育の一環としてのマイスター制度」を構想されていますので、基本的に同趣旨の制度をめざされているものと理解します。
この趣旨でのマイスター制度の最重要ポイントは、マイスター認定者の“プレゼンス”(≒権威、存在感、価値)を確保することです。
多くの導入企業では、したがって、対象者層の1%未満の認定しか行われていません。
そのかわり、一旦認定された方に対しては、賞状や盾、認定者だけが付けることのできる金バッチ等が授与され、社長じきじきに手渡されます。
また、工場のメインライン近くには、認定者の大きな写真が掲示されています。
つまり、マイスター認定者は、中堅・若手人材が、そこを目指して自己研鑽し成長すべき“灯台”のような存在でなければならないわけです。
一方、認定者側でも、そうした心構えでいてもらう必要があります。
あるメーカーで聞いた話ですが、認定時に受け取った賞状と賞金は、自宅奥の先祖代々の仏壇に大切にしまってある人もいるということです。
ここまでいけば、マイスター制度も会社の組織風土にきちんと定着し、人材育成策として成功していると言えるでしょう。
近年、人事関係の制度というと、ともすると紙に書いたスキル要件とか認定条件ばかりが重視され、こうした実際のプレゼンスが軽視される傾向もあります。
制度運用の方向性を、人事の中核となる方が十分に認識され周知しつづけることが重要でしょう。

ご参考まで。

  • 投稿日:2008/11/22 12:33
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
トータル人事制度構築について
現在当社では人事諸制度についての明確な制度がほとんどなくこのたび一からトータル人事制度の構築に取り掛かることになったのですが具体的にどういった形で進めていけばよろしいでしょうか
福利厚生制度の構築
弊社は福利厚生制度がまったく無いため、一からの構築を考えています。 何かいい方法はありますか。 アドバイスいただければ幸いです。
マイスター制度と職務基準の関係
弊社は製造メーカーで、機械装置を使った製品の製造を行っています。 その製造工程における技能について、マイスター制度の導入を検討しています。 現在、職務基準による人事制度を適用しているため、職務等級とマイスター制度のマイスター等級が 同じような意味合いをもってしまいます。 また、マイスター制度の評価基...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
STEM教育
「STEM教育」のSTEMは「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語であり、これら理工系の知識を統合的に学ぶ教育をいいます。米国において戦略的に科学技術人材を育成しようと始まったもので、オバマ元大統領...
ヘッドハンティング
ある企業の優秀な人材を他の企業がスカウト(引き抜く)すること。外資系企業では以前から人事戦略の一環として頻繁に行われていましたが、近年は企業の依頼に応じてヘッドハンティングを専門に手がける人材ビジネスが注目されるなど、広く企業社会全体に浸透しつつあります。
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...