無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

育児休業を延長する際の日付について

育児休業を延長する際の日付に関する考え方についてご教示ください。

現在育児休業中の社員がおり、お子さんの1歳誕生日はR5.12.31、職場復帰も同日(R5.12.31)の予定です。
※12/31は会社休業のため、実際に職場に来る日はR6.1.4

本人いわく、認可保育園に申込みをしたものの入園はかなり厳しいとのこと。

会社としては、万が一お子さんが入園できなかった場合、当社育児規程(内容は育児介護休業法に準じて作成)に則り、子1歳6ヶ月までの延長を認めることになるかと思います。

この場合、本人が最大6ヶ月間の延長を希望した場合、下記①②のどちらが正しい考え方なのでしょうか?

①延長する休業期間:R5.12.31~R6.6.29、職場復帰日:R6.6.30
 OR
②延長する休業期間:R5.12.31~R6.6.30、職場復帰日:R6.7.1

何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2023/10/10 17:19 ID:QA-0131777

じゅげむさん
宮城県/その他業種(企業規模 1~5人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

2です。

12/31の応当日である6/31はありませんので、
この場合は、
月末を応当日の前日である=誕生日の前日の達する日とします。

投稿日:2023/10/10 20:10 ID:QA-0131784

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。

投稿日:2023/10/11 11:26 ID:QA-0131802大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
関連する書式・テンプレート
関連する資料

この相談に関連するコラム

注目の相談テーマ