無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

通勤手当の過払い返金について

この度、ある社員が自家用車通勤に変更したことを届出せずに本来なら手当額が減額されるにも関わらず、公共交通機関の旧通勤手当を毎月支給されていたことが発覚しました。

当社給与規程では通勤手当の支給額改訂は基本的には自己申告を原則としていますが、支給額が下がる場合、届出の時期に関わらず、変更事由が発生した時期に遡って改訂するとしています。

今回のケースでは約3年前に変更事由が発生していますが、賃金に関する時効は2年と思います。

そのような場合、どちら(2年または3年)の時期から遡ればよいのでしょうか。

今回の場合、変更届け出を提出していなかったのは、過失か故意か不明です(駐車場の使用許可申請は総務に提出されていました)。

以上、ご回答いただきますようお願いいたします。

投稿日:2008/03/25 10:18 ID:QA-0011850

ぷいぷいさん
愛知県/電機

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

通勤手当に限らず、給与の過払いに対する返還請求は労働者の賃金請求権とは異なり、民法の一般的な原則が適用されます。

民法上債権の消滅時効につきましては、第167条1項において10年と定められています。

従いまして、ご相談のケースでは過去3年分の返還請求を社員に行うことが可能です。

但し、これはあくまで法律上の一般的な取り扱いに過ぎません。

現実的な対応としましては、通勤手段の変更確認を怠っていた会社側にも問題があることから、該当社員とよく話し合った上で過度の負担にならないよう請求金額や支払方法等で配慮されるべきというのが私共の見解です。

投稿日:2008/03/26 00:09 ID:QA-0011865

相談者より

 

投稿日:2008/03/26 00:09 ID:QA-0034757大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート