企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは

サントリーホールディングス株式会社 ヒューマンリソース本部 グローバル人事部 部長 田中 憲一さん
サントリーホールディングス株式会社 ヒューマンリソース本部 グローバル人事部 課長 長原 優子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中憲一さん(サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部)、長原優子さん(サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部)

2009年以降、複数の大型M&Aを成功させてきたサントリー。傘下に入ったブランドには、フランスの「オランジーナ」、イギリスの老舗ブランド「ルコゼード」「ライビーナ」など、世界的に知られた顔ぶれが並びます。そして2014年に行なわれた、アメリカ蒸溜酒最大手「ビーム」の買収。1.6兆円にも及んだこの大型M&Aが記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカを中心にグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。巨大な船をかじ取りし、真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょうか。グローバル人事部の田中憲一さんと長原優子さんに、お話をうかがいました。

プロフィール
田中 憲一さん
田中 憲一さん
サントリーホールディングス株式会社 ヒューマンリソース本部 グローバル人事部 部長

大学卒業後、富士通株式会社入社。日本・欧州での人事業務経験後、GE(ゼネラル・エレクトリック)、Burberryにて採用・リーダー育成・組織開発・ビジネスパートナー・アジアパシフィック地域戦略パートナーなど、さまざまな人事リーダー職に従事。2016年よりサントリーホールディングス株式会社にてグローバル人事部に在籍し、人・組織に関わるグローバルな仕組み・枠組みの構築を推進中。

長原 優子さん
長原 優子さん
サントリーホールディングス株式会社 ヒューマンリソース本部 グローバル人事部 課長

大学卒業後、新卒でサントリーホールディングス株式会社に入社。広報職、低アルコール商品のマーケティング職を経て、2015年よりグローバル人事部に在籍。グローバル人材の受け入れや海外駐在員の制度管理などに携わる。2018年9月より同部署内の人材開発グループに異動し、「サントリー大学」における各種研修プログラムの企画運営を手がけている。

大型買収を契機に気運が高まった、「One Suntory」への取り組み

サントリーグループでは「One Suntory」を合言葉に、グローバルな人事戦略やタレントマネジメントを進められています。具体的にはいつ頃から取り組んでいらっしゃるのでしょうか。

田中:サントリーグループでは、2009年頃から積極的に海外でのM&Aを行ない、2014年には米蒸溜酒最大手のビームを買収しました。サントリーのグローバル戦略上、M&A先の多くは、ビームやオランジーナのようにしっかりとしたブランドを有する企業。それぞれが、確立された人事制度を既に保有している組織だったわけです。そのため、買収後も各社のシステムを踏襲する形で人材配置や育成が行なわれ、その情報がサントリーホールディングスに集まってくる状況でした。

しかし、事業のグローバル展開がさらに加速するなかで、「人事制度の共通化」や「グループ会社間のシナジーを生むタレントマネジメント」「グローバルに活躍する人材の育成やキャリア支援」の必要性が高まってきました。そこで、サントリーグループのリーダー層に求められる「リーダーシップ・コンピテンシー」を、グローバル各社共通で策定したり、グループ全体でのタレント把握の仕組みやリーダー育成プログラムを導入するなど、今まさに、「One Suntory」を加速させていこうという機運が高まりつつあります。

サントリーが大切にしてきた「創業精神」が、グローバル化の求心力に

長い歴史を持つ企業が集うなかで、世界各国の組織を横断したタレントマネジメントを行なうことは決して容易ではないと思われます。グローバルでの人材発掘や人材育成を推し進めていくうえで、貴社が大切にされていることはありますか。

田中憲一さん(サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部)

田中:国内外問わず重視しているのは、サントリーが創業以来、ずっと大切にしてきた理念や価値観、カルチャーをいかに伝え、浸透させていくかです。たとえば、先ほどお話したグローバル共通の「リーダーシップ・コンピテンシー」にも、これらの「創業精神」や「サントリーらしさ」が反映されていますし、国内はもちろん海外での幹部採用においても「サントリーならではのカルチャーのもとで実力を発揮できる人物かどうか」の見極めが行なわれています。また、長原が手がけている「サントリー大学」でも、理念理解のためのさまざまなプログラムを用意しています。

「サントリー大学」では、どのような取り組みが行われているのでしょうか。

長原:2015年に開校された、サントリーグループの人材育成の場である「サントリー大学」では、国内外すべてのグループ会社の職員を対象に、“やってみなはれ”“利益三分主義”といった創業精神の理解や共感を促すプログラムを展開しています。

たとえば、海外グループ会社の従業員を日本に招いて行なう「アンバサダープログラム」は、講義あり、視察あり、ワークショップありの充実した1週間の体験プログラムです。サントリーの原点であるウイスキーの蒸溜所や「サントリーミュージアム」といった社会貢献活動の現場を実際に体感してもらったり、創業者のヒストリーを追いながら「なぜ鳥井信治郎はこのタイミングで、この意思決定をしたのか?」などを意見交換するワークショップを企画したり。参加した海外グループ会社の社員からは、「なぜサントリーが創業精神を大切にしているのか肌感覚で分かった」「帰国後、自組織に理念を浸透させるために同様のワークショップを開催した」などポジティブな反応をもらっています。

サントリーでは、創業精神や理念が“ただ掲げられるもの”として存在するのではなく、“事業や組織を動かす原動力”になっている印象を受けます。

田中:そうですね。サントリーの創業者である鳥井信治郎は、挑戦を促すためによく “やってみなはれ”と言って従業員を鼓舞しました。社内には、その“やってみなはれ”文化が根付いていて、今でもビジネスの現場の至るところで、当たり前のように話されます。

たとえば弊社のビール事業は、2代目の社長の「ビールに挑戦したい」という思いから始まりました。しかし、事業は大苦戦。悲願の黒字化を達成するまでに、なんと45年もかかりました。それでも、あきらめずに粘り強く挑戦し続けたのは、“やってみなはれ”の文化があったからでしょう。研修などでサントリーの歴史をひも解いていくと、このような価値観が、いかに事業の推進力になっていたかを思い知らされます。現場の社員からも「“やってみなはれ”の精神を途切れさせてはいけない」という強い思いを感じます。

長原:創業精神をグループ全体に継承していきたいという考えから、2015年より「有言実行やってみなはれ大賞」という取り組みも行っています。これは「○○に挑戦します!」と宣言した後、1年間実践し、成果を出したチームを表彰するもの。初年度には世界中から538チーム・6747名のエントリーがあり、それ以降も毎年、多数の挑戦が進んでいます。

グローバルに展開していくうえで、「確固たる企業理念や価値観を有している企業であること」は、どのような意味を持つのでしょうか。

田中:海外の従業員は、会社や事業に「アイデンティティー」を求める傾向が強いと感じています。所属企業がほかの会社に買収されたときにも、その企業が「何を大切にし、社会に対してどう貢献していきたいのか」という強いメッセージがあるかどうかを重視するんです。

サントリーには、創業以来、代々受け継がれてきた強固なアイデンティティーがあります。そのため人事として、社員にどんなメッセージを伝えるべきかというコンテンツに迷うことがない。これはグローバル戦略を推し進めていくうえで大きな強みです。サントリーが大切にしてきた理念や価値観、カルチャーが「グローバル化の求心力」になっていると感じます。

長原:“やってみなはれ”というチャレンジ精神や、事業で得た利益を社会にも返していく“利益三分主義”は、海外のミレニアム世代にも非常に好感を持って受け入れられました。海外に浸透しやすいカルチャーであったことも、“One Suntory”を実現していくうえでプラスになっていると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

となりの人事部のバックナンバー

サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載
株式会社ユナイテッドアローズ:
すべてはCSマインドから始まる リピーターを生み出し続けるユナイテッドアローズの「理念経営」とは
まもなく創業30周年を迎えるセレクトショップ最大手、ユナイテッドアローズ。その人気を支えている理由の一つが、徹底したCSマインドにもとづいたクオリティーの高い接...
2018/09/25掲載
エイベックス株式会社:
ベンチャーに負けない、スピードとイノベーションを。
創業30年、エイベックスが目指す構造改革とは?
今年で創業30年を迎えるエイベックスは、「第三創業期」として、大きな改革に乗り出しています。ベンチャーに負けないスピードとイノベーションを目指し、さまざまな改革...
2018/08/30掲載

関連する記事

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”
日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続けている。それは海外で人材を活かせない、育てられないということ。その原因として考えられるのは...
2018/11/22掲載注目の記事
若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~
若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受...
2018/07/24掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載編集部注目レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...