企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事支援サービスの傾向と選び方

注目される「ソーシャルリクルーティング」

ソーシャルリクルーティングに関心を持つ企業が増えている。新卒採用に関して、本格的にソーシャルリクルーティングを導入した企業が現れたのは2010年頃からであり、事例自体もまだ決して多いとはいえない。しかし、ソーシャルリクルーティングをテーマとする講演会やカンファレンスには多くの企業が参加し、成功した企業の事例やソーシャルメディアに詳しい専門家の話などに熱心に耳を傾けている。従来型の新卒採用に満足できない企業にとって、ソーシャルリクルーティングは非常に大きなポテンシャルを秘めた次世代型採用手法の一つというイメージが定着しつつあるようだ。

では、この注目のソーシャルリクルーティングとはどのようなものなのか。新しい分野だけにさまざまな捉え方があるが、ここではひとまず「ソーシャルメディアを使った採用手法」と広く定義して話を進めていきたい。

ソーシャルリクルーティングとは

イメージ

ソーシャルメディアとは、ブログやTwitter、Facebook、YouTubeなどに代表される、誰もが原則無料で情報発信できるインターネットサービスである。日本でも急速に利用者層を拡大しており、これに着目した企業がマーケティングなどに活用するケースも増えてきている。2011年8 月のニールセン調査では、日本国内ですでに1082万人もの人がFacebookのアカウントを取得している。また、東日本大震災で一躍注目された Twitterの利用者は1500万人に迫ろうとしている。
利用者層の拡大とともに、これまでの趣味などを中心としたプライベートな利用を目的とする層だけでなく、徐々にビジネスやキャリアを意識したネットワークづくりに活用したいという層も増えつつある。これは学生も同じで、ソーシャルメディアを就職活動や将来のビジネス、キャリア形成に生かしたいと考えて利用をはじめる層は、今後確実に増えていくことだろう。特に、現段階でソーシャルメディアを戦略的に使いこなしている学生は、ビジネスポテンシャルも相当高いと考えられる。こうしたトップレベルの学生にダイレクトにアプローチできることが、今ソーシャルリクルーティングが注目される大きな理由の一つだ。

ソーシャルリクルーティングが注目される第二の理由は、企業と学生の相互理解をより深めていくのに有効なツールだということだ。
優秀な学生ほど、自分の力を発揮できる環境の有無、あるいは目標となる人物がいるかどうかがきになるもの。ソーシャルメディアは、人と人のつながりを強化するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に代表されるように、双方向のやりとりで互いの理解を深めるのに最適のツールだ。ソーシャルリクルーティングは、面接やグループセッションといった従来型の選抜プロセスでは不可能だったコミュニケーションを可能にし、ミスマッチのない、企業にとっても学生にとっても満足度の高い採用を実現すると考えられている。

この他にも、地方在住の学生と距離を超えたコミュニケーションを実現できること、無料でソーシャルメディアを活用することで、告知にかかる費用を大幅に削減できること、また先進的な取り組みを行う企業、人材を重視する企業といった良いイメージづくりができることなども、注目されている要因といえるだろう。

イメージ

特に新卒採用の告知の手段として、注目度は高い。2013年度採用の就職サイトのオープンは、例年よりも2カ月遅くなるが、この期間も有効に活動したいと考える人事・採用担当が、ソーシャルメディア上での広報活動に力を入れはじめている。ソーシャルリクルーティングをテーマとする講演会、カンファレンスなどに熱心に参加している企業のうち、かなりの割合がこのことを意識していると考えられる。

本稿では、さまざまな理由で注目される最新の採用手法・ソーシャルリクルーティングの現状を分析するとともに、ソーシャルリクルーティング導入に当たっての準備や留意点についてもお伝えしていきたい。
※なお、本稿で記述する「採用」とは、特にことわらない限り「大学・大学院の新卒採用」をさす。

■新卒採用.jp ― ソーシャルリクルーティング
給与計算.jp

『日本の人事部』編集部が取材・作成。「ソーシャルリクルーティング」の基礎や活用方法、ソーシャルリクルーティング導入事例などコンテンツが満載。

企業の「ソーシャルリクルーティング」の傾向と対策がわかるサイト 『新卒採用.jp ― ソーシャルリクルーティング』はこちら。


HRソリューションの傾向と選び方のバックナンバー

社員の多様なニーズに対応できる!
カフェテリアプランの傾向と選び方――導入のメリット・デメリット、選び方のポイントをわかりやすく解説
従業員の働く意欲やエンゲージメントを向上させるうえで、福利厚生の充実は企業が取り組むべき課題の一つです。とくに注目されているのは、従業員自身がメニューを選択でき...
2021/03/31掲載
グループコーチングサービスの傾向と選び方
組織開発の代表的手法。1対複数だから期待できる効果と導入ポイントを解説
従業員同士のより良い関係性を構築し、組織全体のパフォーマンスを高めていこうとする取り組みが組織開発です。従業員の雇用形態や価値観が多様化している現在、制度や組織...
2021/03/31掲載
学習効果の向上や管理の効率化を実現する
LMS(ラーニングマネジメントシステム)の傾向と選び方――直近のトレンドと選び方のポイント・サービス比較
企業の人材育成に欠かせないのが教育研修です。コロナ禍による影響でテレワークが浸透した昨今では、eラーニングのニーズが増加。同時に、学習効果の向上や管理の効率化を...
2021/03/31掲載

関連する記事

新卒採用・内定者フォローの事例と成功のポイントとおすすめサービス~オンライン化が加速する中で取るべき対策とは
内定出しが早期化し、入社までの期間が長くなるなか、内定辞退を防止するための内定者フォローは、人事の重要課題となっています。とくにコロナ禍では、採用市場にも変化が...
2021/03/12掲載HRソリューションの傾向と選び方
新卒採用ナビサイトの傾向と選び方
加速するオンライン採用に対応するサービスが続々登場
新卒採用の代表的な手法の一つであるナビサイト。コロナショックにより学生との接点が持ちづらくなった2020年は、オンライン採用が加速するなど、新卒市場にも大きな影...
2021/02/08掲載HRソリューションの傾向と選び方
筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載HRソリューション業界TOPインタビュー
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載人事白書 調査レポート
オンラインでの新卒採用選考を成功させるには?
WEB説明会・面接ツールの選び方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、これまでWEBを活用していなかった企業も、オンラインで採用選考を進めなければならなくなりました。対面・...
2020/09/30掲載HRソリューションの傾向と選び方

自分の関心に合わせたサービス情報をメールで受け取ることができます。

POSITIVEタレントマネジメント事例 労務管理テキスト

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略。アジアビジネスに打...