企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オヤブロック 親ブロック

「親ブロック」とは、就職活動中の学生や求職者が親や保護者の意向で企業からの内定を辞退すること。リーマンショックによる就職氷河期が終わり、有効求人倍率が回復しはじめた2014年ごろに登場したキーワードです。これと同じようなケースから生まれた言葉で、既婚男性が妻からの反対で転職を踏みとどまることを「嫁ブロック」といいます。(2019/8/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親ブロックのケーススタディ

保護者もステークホルダーに
内定辞退防止策に保護者向けツールを

保護者が子の就職活動に過干渉する。そんなケースが問題視されています。1986年から1992年ごろに、いわゆるバブル世代が入社してから約30年が経ち、ビジネスを取り巻く環境は当時から大きく変化。わが子を心配するあまり、自身の就職や仕事の経験から、子の意思決定に介入する保護者が増えているのです。大学や就職支援会社の中には、保護者に就職活動の状況を正しく知ってもらうための講座を開いているケースもあります。

保護者に子の就活について聞いた「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」によると、子が入社する企業の特長として「経営が安定している」ことを望む保護者が多いことがわかりました。実に46.2%の保護者が挙げており、2位の「本人の希望や意思に沿っている」の28.7%を大きく上回る結果となりました。

子どもに働いて欲しい具体的な業界は、1位が「官公庁・公社・団体」、2位が「医療・調剤薬局」、3位が「総合商社」、4位が「薬品・化粧品」「教育」という結果となっています。「経営が安定している」=「公務員」「大企業」というイメージが今でも根強く残っていることがうかがえます。

また、社会人としての子どもの働き方については、「新卒で入社した会社で正社員として長く勤めてほしい」が39.1%で最も多く、「子どもが決めたのならどんな働き方でもよい」(36.1%)との回答を上回っています。

ネオキャリアが実施した調査によると、就職活動中の悩みごとを特に母親に週に1回以上相談をする学生は52.1%。また、親の意向で学生が内定辞退を申し出たことがあると答えた企業は47.9%。保護者からのアドバイスが学生の意思決定に影響を及ぼす可能性があることがわかります。

今や企業にとって、「親ブロック」は見過ごすことのできないものといえます。内定辞退防止策として、保護者向けの企業パンフレットを作成したり、内定後に保護者向けの企業説明会を実施したりするなど、保護者をステークホルダーとして対応することが求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

就職留年
「就職留年」とは、卒業までに希望の就職先が決まらず、意図的に単位を落として学校にとどまり、翌年に就職活動をやり直すこと。留年することで翌年も、企業の新卒枠で就職活動に臨むことができます。これに対して一旦卒業し、就職をせずにもう一年就職活動を行う「就職浪人」は、既卒として就職活動を行うことになり、就職...
親子就活
「親子就活」とは、学生の就職活動に保護者が積極的に関わり、親子二人三脚で内定獲得を目指すことをいいます。リーマン・ショック以降の雇用悪化を背景に、わが子の就職に危機感を強める親が急増。企業選びの助言から保護者向け説明会への参加、面接試験の練習相手を買って出るなど、具体的な支援に乗り出す親子就活の動き...
オヤカク
「オヤカク」とは、「親への確認」の略で、企業が学生を採用する前に、その学生の親の意思を確認しておくという意味です。近年、親が子どもの就職先決定に干渉する傾向が強まり、学生本人に入社への意思があっても、親の反対で内定後に入社を辞退するケースが目立つようになってきました。それを防ぐために、企業の採用現場...

関連する記事

「内定者フォロー」とは ~その目的
新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
2011/03/14掲載人事支援サービスの傾向と選び方
マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した201...
2013/03/15掲載イベントレポート
「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人事トレンド ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...