企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

企業におけるキャリア開発支援の実態
階層別キャリア研修の実施率は45.6%で、実施対象は「新任管理職」が78.3%でトップ
労務行政研究所編集部

INDEX
ページ1
ポイント
ページ2
1.キャリア開発支援に関する諸制度・施策
[1]キャリア研修の導入状況/[2]「異動・配置」関連制度の導入状況/[3]「能力開発・成長促進」関連制度の導入状況
ページ3
[4]キャリア開発を支援する専任の組織/[5]「キャリア面談・相談」に関する諸制度・施策の導入状況
ページ4
2.キャリア開発支援制度と他の人事制度との連携
3.キャリア開発支援で重要と考えている対象層
ページ5
4.階層別キャリア研修の実施対象

厳しい経営環境が続く中で、企業が持続的に成長・発展していくには、中・長期的な経営方針・ビジョンに対応して、人材を育成し、活力ある組織づくりを行うことが求められる。

そのためには、基幹的な人事制度に基づく、日常的なマネジメントを回すことと並行して、従業員の能力・スキルを伸ばし、個人・組織とも成長していけるキャリア開発支援を進めていくことが必要である。

そこで、当研究所では、各社がどのように制度の整備を進めているのかを探り、企業の現状を明らかにすることを目的に、このほど「企業のキャリア開発支援に関するアンケート」を実施した。本調査結果の詳細は、労政時報選書『これからのキャリア開発支援』に掲載しているが、ここではその概要を紹介する。

ポイント

  • [1]キャリア開発支援に関する諸制度・施策
    導入割合は階層別キャリア研修45.6%、女性活躍に向けたキャリア研修20.4%。専門部署もしくは専門人材によるキャリア面談・相談は11.5%にとどまる[図表1、5]
  • [2]キャリア開発支援制度と他の人事制度との連携
    昇進・昇格、幹部選抜、人事評価制度、異動・転勤との連携を図るケースが多い[図表6]
  • [3]キャリア開発支援制度で重要と考えている対象層(五つまでの複数回答)
    「中堅社員」が90.9%で最多、次いで「若手社員」81.8%、「ライン管理職」74.0%、「女性社員」55.8%の順となる[図表7]
  • [4]階層別キャリア研修の実施対象(複数回答)
    実施対象は「新任管理職」が78.3%で最多、次いで「中堅社員」「新入社員」と続く。「課長クラス」「部長クラス」は半数を下回る[図表8]
  • [5]キャリアコンサルタントの配置・委託状況(複数回答)(本文略)
    「社内に他業務と兼任のキャリアコンサルタントがいる」ケースが46.7%
  • [6]キャリア開発支援制度の社内での理解・浸透度(本文略)
    「あまり理解を得られていない」が経営層で18.7%、現場管理職で47.0%に上り、人事部でも「一定度合いにとどまっている」が49.7%
  • [7]キャリア開発支援に関する自社の課題(本文略)
    経営層・管理職層の理解が得られない、全社的な体制やプログラムの未整備、効果測定の困難さ、専門組織・専門人材の不足等
  • [8]キャリア開発支援に関する今後の計画・方向性(本文略)
    全体的な体系の整備と他の人事制度との連携、若年層、女性、ライン管理職、中高齢層への支援を充実


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第7回】
「新たな人事」にむけて: 新型コロナ対応でテレワーク中の社員に、人事が今こそ届けるべきメッセージとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/05/25掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第6回】
新型コロナ禍によるテレワーク、今こそ問われる「人事」のアダプタビリティとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/04/22掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第5回】
経験を積んだミドル・シニアは、どのようにして新しいことへチャレンジすればいいの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/03/26掲載編集部注目レポート
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。