企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イーエスジー ESG

「ESG」とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の三つの言葉の頭文字をとったものです。この三つの要素に着目して企業を分析し、優れた経営をしている企業に投資する「ESG投資」が、近年、株式市場で注目を集めています。具体的には、“E”はエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量の削減など環境面への配慮を意味し、“S”のカテゴリーには、ダイバーシティやワーク・ライフ・バランスへの取り組みが含まれます。そして“G”にあてはまるのは、資本効率への意識の高さや情報開示の充実などの要素です。ESG投資のチェックポイントには、たとえば、女性社員の育成・登用を進めているか、社外取締役を置くなど経営の透明性を高めているかといった人事部門に直結するテーマも多く含まれています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ESGのケーススタディ

「環境・社会・企業統治」に着目する投資が活況
人事部門も“人財”を通して企業価値向上に貢献

従来の株式投資は、マーケットの情勢や指標、各企業の業績や財務状況などを見て判断するのが一般的でした。これに対し、Environment、Social、Governanceの切り口から経営を分析、これらの非財務情報をもとに中・長期的な企業の成長力を評価した上で行う投資を「ESG投資」と呼びます。

「ESG」の概念はいま、年金など長期資金を運用する機関投資家を中心に世界的潮流となりつつあります。国連が2006年に、大手機関投資家に対し投資判断にESGの観点を組み込むことなどを求める「責任投資原則」(PRI)というルールを提唱したのがきっかけでした。その後のリーマンショックを経験し、短期的な高利回りを追求する投資家の動きが金融危機を増幅させたという反省も、「ESG」の普及を後押ししています。

企業の足元の業績は、決算の数字を見れば分かりますが、それはけっして将来の業績や株価を保証するものではありません。将来にわたる企業の趨勢を見とおすためには、数字以外の“目に見えない価値”に着目するのが最善の方法であり、「ESG」という三つの要素への配慮こそが長期的な企業価値を高める――それが「ESG投資」の考え方です。

そうした“目に見えない価値”の中で、日本企業にとって最も重要な経営資源の一つが“人”であることは論をまちません。「ESG」でいうと、従業員の人財としての価値は“S”の一部に含まれ、役員の構成状況などは“G”に該当します。起業の女性活躍推進に向けた取り組み状況に注目して経済産業省と東京証券取引所が共同で選ぶ「なでしこ銘柄」や、従業員の健康維持・向上への取り組みを評価する「健康経営銘柄」なども、ESG投資を促す流れの一端と考えられます。

ESGへの注目は、人財を通して長期的な企業価値向上に貢献するという、人事本来の役割をあらためて定義することにもつながりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

健康会計
「健康会計」とは、2008年に経済産業省(以下、経産省)が提唱した、企業による健康への取り組みを評価する新しい会計制度の呼称。従業員の健康増進のために企業がどれだけ投資したか、その「費用」と「効果」を定量的に把握、可視化するしくみで、健康投資に対する適切な意思決定を可能にするとともに、健康づくりに...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
エンプロイヤーブランディング
エンプロイヤーブランドとは、勤務先としての企業の魅力度のこと。「エンプロイヤーブランディング」は、企業が「職場」としての魅力を高め発信していく活動のことをいいます。その対象は従業員だけにとどまらず、潜在的な従業員になりうる人材、従業員の家族、顧客なども含まれます。「勤務先として魅力的な企業」を目指す...

関連する記事

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス
コンプライアンス推進に不可欠な「企業の社会的責任」とはどのようなものか。企業価値を高めるための取組みを探る。
2017/01/31掲載よくわかる講座
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
社外取締役について
近年社外取締役の採用企業が増えてきております。 当社も社外取締役を検討しているのですが、 選任する社外取締役について資格・制限等はあるのでしょうか。 例えば商法等に明記されていることがあればあわせてお教え願います。 以上よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...