企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エスディージーズ SDGs

「SDGs」とは、Sustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。2015年9月に193のすべての国連加盟国が、2030年に向けて採択した目標(2030アジェンダ)で、持続可能な開発に関する地球規模の優先課題や世界のあるべき姿を明らかにし、地球規模の取り組みを行おうとするものです。「持続可能な開発」とは、経済開発と人々のニーズを充足し、環境を守りながら成長とのバランスを取っていくこと。この目標において、企業は重要なパートナーと位置づけられており、各々の中核的な事業を通じた貢献が期待されています。(2017/7/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SDGsのケーススタディ

17の目標と169のターゲットからなる「SDGs」
2030年のゴールに向けて日本企業も次々参画

「SDGs」では以下の17の目標が提示されています。これらの目標は発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。また、目標ごとにターゲット(達成基準)が設定されており、その数は169にのぼります。

 1.貧困をなくそう
 2.飢餓をゼロに
 3.すべての人に健康と福祉を
 4.質の高い教育をみんなに
 5.ジェンダー平等を実現しよう
 6.安全な水とトイレを世界中に
 7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
 8.働きがいも経済成長も
 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
 10.人や国の不平等をなくそう
 11.住み続けられるまちづくりを
 12.つくる責任、つかう責任
 13.気候変動に具体的な対策を
 14.海の豊かさを守ろう
 15.陸の豊かさも守ろう
 16.平和と公正をすべての人に
 17.パートナーシップで目標を達成しよう

海外のグローバル企業の中には、「SDGs」を経営戦略の柱の一つとして掲げ、これらの問題解決を自社の成長に結びつけようとする動きが出ています。日本企業にとっても当然、「SDGs」は世界展開における事業のカギとなるものであり、取り組み始める企業が増えてきました。

食品メーカーの味の素では、「味の素グループ サステナビリティデータブック2016」で「SDGs」との関わりや取り組みについて解説。「事業とかかわりの深いSDGsの目標」として九つの目標をあげ、それぞれの目標に関連する自社の活動を紹介しています。

また、空調機器メーカーであるダイキングループは「SDGs」の実現に向け、「地球」「都市」「健康・快適」の3テーマを提示。インバータエアコンや温暖化への影響が少ない冷媒の普及を通じて、温室効果ガス排出量の低減に貢献など活動を行っています。

近年、株式市場では「環境・社会・企業統治」に着目した「ESG投資」が注目を集めていますが、そこにはもちろん「SDGs」への取り組みも含まれます。現在、多くの日本企業は関連事業の記載などにとどまり、本格的な取り組みはまだこれからという段階ですが、今から13年後の2030年に、どれだけ「SDGs」に貢献できているのか。今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

MBO(Management By Objective)
「MBO」とは、Management By Objectiveの略で、従業員が自律的に目標を設定する人事評価制度のことです。1954年にピーター・ドラッガーが自著の中で提唱したマネジメント手法で、従業員には自分の目標を設定し、達成のために自己管理を強化していくことが求められます。これによって、個人の...
ラチェット効果
「ラチェット効果」とは、行動経済学で景気が後退しても消費性向が上昇するなど、個人の所得水準が低下しても消費支出は一定の歯止めがかかり、それと同程度には低下しない現象を言います。「ラチェット(ratchet)」は「歯止め」を意味し、例えば工具のラチェットレンチはネジを締めるときに一方向にしか回らず、逆...
MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

総務部門の目標管理
小さな(社員数70名)電子部品メーカーです。目標管理を導入しようとしています。目標の立て方として「できるだけ評価しやすい目標」を立てるように指導しています。営業部(12名)は「売り上げxxx億、や開発部(10名)は新製品xxx点等、定量的な目標を立てやすいのですが、総務(2名)や経理(2名)は定量的...
部門目標のフォーマットを探しています
部門目標の書式(フォーマット)を探しています。 製造業に在籍しております。 部門目標のフォーマットの見直しを検討しています。 目標と課題、それに対する「リスク」と対策を記載できる タイプのものを探しているのですが、適切な物が見つかりません。 適切な書式例を教えていただければ幸いです。 よろし...
人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...