企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エルボシ えるぼし

「えるぼし」とは、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく認定制度および、その認定マークの愛称です。2016年4月1日に全面施行された女性活躍推進法では、行動計画を策定し届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性活躍推進に関する状況などが優良な企業について、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣がこれを認定する制度を設けています。認定を受けた企業は、認定マークの「えるぼし」を自社の商品や広告、名刺、求人票などに使用することが認められ、女性の活躍を推進している事業主であると、社内外に広くアピールすることができます。
(2016/6/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えるぼしのケーススタディ

女性活躍推進の優良企業をマークで認定
女性と縁遠い業界にも“三つ星”が誕生

「なでしこ銘柄」「くるみん」「女性が輝く先進企業」など、近年、女性活躍推進にかかわる表彰・認定制度の創設が相次いでいます。「えるぼし」もその一つ。今年4月にスタートした女性活躍推進法に基づく認定制度で、行動計画の策定および策定した旨の届出を行った企業のうち、女性活躍推進の状況が優良な企業は厚生労働大臣の認定が受けられるというものです。

女性活躍推進の実績を評価する基準は、女性の採用、継続就業、労働時間などの働き方、管理職比率、多様なキャリアコース。認定は、これらの評価基準を満たす項目数に応じて3段階に分かれ、「えるぼし」マークの星の数で“一つ星”から“三つ星”まで表示されます。認定を受けると、企業はこのマークを商品や広告、求人に使用し、学生や消費者、取引先、投資家などさまざまなステークホルダーに、女性が活躍している企業であることをアピールできるほか、公共調達における加点評価や日本政策金融公庫による低利融資の対象となる優遇措置が受けられます。同省は「えるぼし」企業として、今年4月末までに次の46社(三つ星と二つ星あわせて)を認定したと発表しました。

【三つ星】
北洋銀行、荘内銀行、曙ブレーキ工業、川口信用金庫、埼玉縣信用金庫、埼玉りそな銀行、三州製菓、武蔵野銀行、イオンモール、千葉銀行、千葉興業銀行、イオン銀行、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、カルビー、協和エクシオ、清水建設、スリープロ、ソニー、中央エンジニアリング、東京海上日動キャリアサービス、日本電気、日立ソリューションズ、ヒューリック、フォーカスシステムズ、富士通、古河電気工業、ベネッセコーポレーション、リコー、小林化工、福井県民生活協同組合、十六銀行、たんぽぽ薬局、静岡銀行、社会福祉法人聖隷福祉事業団、京都銀行、ニッセン、社会福祉法人正和会、ストライプインターナショナル

【二つ星】
青森銀行、常陽銀行、イオンファンタジー、京葉銀行、前田建設工業、三菱マテリアル、キャン、キャンストアオペレーション

「えるぼし」企業の顔ぶれを見ると、スーパーゼネコンの清水建設をはじめ、自動車部品メーカーの曙ブレーキ工業や不動産業のヒューリックなど、伝統的に女性とは縁遠いイメージの業界からも“三つ星”に認定されており、女性活躍の場が着実に広がっている実態がうかがえます。また、常時雇用する従業員が300人以下の企業については、行動計画の策定および届出は努力義務であり、義務ではありませんが、にもかかわらず三州製菓など3社が申請し、認定を受けています。採用面での優位性など、社内外に向けたPR効果に期待する、中小企業ならではの戦略もあるようです。

ただし、新しい制度だけに認知度はまだ低く、冒頭に挙げた他制度と混同され、「年に一度しか申請できないのでは?」といった声も聞かれます。「えるぼし」は、申請して基準を満たしていれば、都度認定を受けられる制度です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、2015年8月28日に国会で可決成立した新法――「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の通称です。同法は、女性が職業生活でその希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。これにより、従業員301人以上の企業は来年の4月1日までに、...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
労災の認定基準変更で遡及認定はあるのでしょうか?
「心理的負担による精神障害の認定基準」が改正されたとききました。 既に結論の出ている労災認定について本改正基準を遡及して適用する こともあるのでしょうか?
次世代育成支援対策推進法の申請について
いつも大変参考にさせていただいております。 次世代育成支援対策推進法の申請についてです。 こちらに認定された場合の企業側のメリットはどのようなことがあるのでしょうか。 また、実際に認定されるのは非常にむずかしいのでしょうか。 (難しいかというとちょっと漠然としていますが) 以上どうぞ宜しくお願い...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説



インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...