企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インポスターショウコウグン インポスター症候群

「インポスター症候群」(シンドローム)とは、何かを達成しても成功を自分の力によるものだとは考えられず、ただ運がよかっただけだと思い込んでしまう、自己評価が異常に低い心理状態のことです。インポスターとは詐欺師の意で、「詐欺師症候群」とも呼ばれます。仕事や社会で経験、実績を重ねてきたにもかかわらず、自分に自信を持つどころか、自分のキャリアは偽りで周囲を欺いているだけだと後ろめたく感じたり、いつか自分が“詐欺師”であることを知られるのではないかといった不安にさいなまれたりするのが、インポスター症候群の特徴です。こうした傾向は有名人や高いキャリアの人に多く、一般に男性より女性のほうが陥りやすいといわれています。
(2014/12/19掲載)
 

インポスター症候群のケーススタディ

偽りのキャリア!? あの著名人も苦しんだ
女性活躍推進ブームの裏側で広がる自己不信

人は何かを成し遂げ、成功体験を積み重ねるほど、自信を深めていくものです。しかし一方で、高いキャリアを築きながら、それでも自分を信じられない状態に陥る人も珍しくありません。過去の成功も実績も、自分の力によるものではない。単なる偶然の産物か、あるいは周囲のおぜん立てがあったからできたことで、自分のキャリアは偽物にすぎない――そうした気分に落ち込んでしまうのが、「インポスター症候群」とよばれる心理傾向です。

この問題が注目されるようになったのは、米フェイスブックのCOOであるシェリル・サンドバーグ氏が著書『LEAN-IN (リーン・イン)』で、自らインポスター症候群に悩まされていたことを告白したのがきっかけでした。同氏は次のように記しています。

〈私と同じ事を感じている人はたくさんいたのである。教室で指されて答えるたびに変な事を言ってしまったと感じる。試験を受けるたびに、失敗したと思う。何とか切り抜けた時でも、それどころか見事にやってのけた時でも、今度はみんなを騙しているだけだと後ろめたく思う。いつか自分の貧弱な中身が全部ばれる日が来るのだ、と〉

〈女性の場合、この症状は男性より重くなりやすい。もともと日頃から自分を過小評価する癖が付いているからだ。さまざまな職業について実施された多数の調査の結果、女性は自分の仕事の成果を実際より低く見積もる傾向があるのに対し、男性は高く見積もる傾向があることが判明している〉

翻って日本ではいま、女性活躍推進の機運がにわかに盛り上がり、企業でも経団連役員企業47社の約6割が女性管理職増加の数値目標を掲げるなど、取り組みを本格化させています。しかし現時点で管理職昇進の“適齢期”にあたる女性人材は、もともと各企業に多く残ってはいません。その年代は新卒の採用数が少なかった上に、出産・育児で離職する、いわゆる「M字カーブ」の谷間の世代。女性管理職を増やしたくても、選抜の対象となる母集団は限られているのが実態です。クオーター制やスポンサーシップ制度など“女性優遇”と批判されかねない施策を導入する企業が目立つのも、昇進に値する人材のパイが少ないことと無関係ではないでしょう。

そうした環境下で、会社がやみくもに昇進を後押しすれば、当の女性社員たちは「女性活躍推進のブームに乗っているだけで自分の実力ではない」とかえって自己不信に陥り、キャリアへの意欲そのものまで失いかねないという意見もあります。貴重な女性人財を「インポスター症候群」から守るためには、本人が正しい自己評価を下せるように、なぜ昇進を期待するのか、その合理的な根拠を明確にすることが大切でしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
男女の制度の相違について
女性活用のために、なんらかの制度を新設しよう考えております。 最近、新聞等で「女性社員には、保育園費用として月5万円支給」とか、「男性社員が育児休暇を取得する場合には、2週間まで有給とする」等の制度をよく見かけます。 「女性には費用補助をするが、男性には補助なし」「男性は有給だけど、女性は無給」...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。