企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

中高年に厳しい「年齢ミスマッチ」のケース

2013/12/2
(2/2ページ)

大幅な年収ダウンもやむを得ないのか

「先ほど資料をお送りした人材について、少し説明させてください」

Sさんのことを少しでも可能性のある企業に検討してもらいたい。そう思った私は、求人票とは関係なく、知り合いの人事マネジャーにあたっていくことにした。

最近の求人票は、どれも募集条件に年齢は入っていない。しかし、それは企業が全年齢を募集対象にしていることを意味するわけではない。本音は、給料が比較的少なくてすむ、組織の中に取り込みやすいといった理由で、20代から30代前半までの人材を求めることが多いのだ。

しかし、人が集まりにくいベンチャー企業などでは、即戦力であることやベンチャー向きのモチベーションの高さがあることなどをうまくアピールできれば、考慮される可能性があるのではないか。そう考えて時間をみつけてはアタックを続けた結果、とあるベンチャー企業で興味を持ってもらうことができた。

「当社としては、経験のある方が来てくれれば嬉しいですが、年収は今よりもかなり下がりますよ」

私はさっそくSさんに連絡をとってみた。面接の可能性があることを伝える。

「一度お話をさせてください。仕事内容を詳しく聞いてみたいです」

Sさんは前向きだった。まず動いてみないことには何も始まらないと感じているのだろう。しかし、良いニュースだけを伝えればいいというわけではない。

「ただ、当初はかなり年収が低くなってしまいます。30代前半までの人材を採用する程度の予算しかとれないようなんです。もちろん、ベンチャー企業ですから数年後に大きく成長して、Sさんの希望年収に達する可能性もありますが、成長しないリスクもあります。転職して短期間で再転職することになれば、今よりももっと条件が厳しくなるリスクもありますし……」

Sさんは少しの間考えていたが、きっぱりと「そういったことも含めて、一度面接でお話を聞いてみたいです。手配をよろしくお願いします」と言った。

今の段階では、Sさんがベンチャー企業に転職することになるのかはわからない。しかし、わずかなチャンスに賭けてみたいというSさんの思いは十分に伝わってきた。

「さっそく面接日を調整します」

Photo

Sさんは、電話の向こうで再び「どうぞよろしくお願いします」と言った。経歴や実力からいえば、Sさんにとっては、中堅から大手企業で新たな活躍の場が見つかるのがいちばん望ましいのだろう。しかし、現実にはある程度以上の年齢になると、求人側と人材側のミスマッチが拡大する仕組みができてしまっている。この転職市場の構造が変わらない限り、産業の変化にともなって労働力も移動していくといった世の中にはならないのではないだろうか。

面接日を調整するためのメールを用意しながら、私はそんなことを考えていた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
週末出勤や夜勤が前提の転職 社会を支える大事な仕事だが
残業が多い仕事や休日出勤が頻繁にある仕事だと言われたら、できるだけ避けたいと考えるのが、転職活動をしている人の本音だろう。では、もともと平日が休みで週末は出勤と...
2019/11/05掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト 介護休業取得応援奨励金 - 東京しごと財団

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...