企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

中高年に厳しい「年齢ミスマッチ」のケース
求人票では年齢制限はないのに…… 若手を求める企業の本音

大幅な年収ダウンもやむを得ないのか

「先ほど資料をお送りした人材について、少し説明させてください」

Sさんのことを少しでも可能性のある企業に検討してもらいたい。そう思った私は、求人票とは関係なく、知り合いの人事マネジャーにあたっていくことにした。

最近の求人票は、どれも募集条件に年齢は入っていない。しかし、それは企業が全年齢を募集対象にしていることを意味するわけではない。本音は、給料が比較的少なくてすむ、組織の中に取り込みやすいといった理由で、20代から30代前半までの人材を求めることが多いのだ。

しかし、人が集まりにくいベンチャー企業などでは、即戦力であることやベンチャー向きのモチベーションの高さがあることなどをうまくアピールできれば、考慮される可能性があるのではないか。そう考えて時間をみつけてはアタックを続けた結果、とあるベンチャー企業で興味を持ってもらうことができた。

「当社としては、経験のある方が来てくれれば嬉しいですが、年収は今よりもかなり下がりますよ」

私はさっそくSさんに連絡をとってみた。面接の可能性があることを伝える。

「一度お話をさせてください。仕事内容を詳しく聞いてみたいです」

Sさんは前向きだった。まず動いてみないことには何も始まらないと感じているのだろう。しかし、良いニュースだけを伝えればいいというわけではない。

「ただ、当初はかなり年収が低くなってしまいます。30代前半までの人材を採用する程度の予算しかとれないようなんです。もちろん、ベンチャー企業ですから数年後に大きく成長して、Sさんの希望年収に達する可能性もありますが、成長しないリスクもあります。転職して短期間で再転職することになれば、今よりももっと条件が厳しくなるリスクもありますし……」

Sさんは少しの間考えていたが、きっぱりと「そういったことも含めて、一度面接でお話を聞いてみたいです。手配をよろしくお願いします」と言った。

今の段階では、Sさんがベンチャー企業に転職することになるのかはわからない。しかし、わずかなチャンスに賭けてみたいというSさんの思いは十分に伝わってきた。

「さっそく面接日を調整します」

Sさんは、電話の向こうで再び「どうぞよろしくお願いします」と言った。経歴や実力からいえば、Sさんにとっては、中堅から大手企業で新たな活躍の場が見つかるのがいちばん望ましいのだろう。しかし、現実にはある程度以上の年齢になると、求人側と人材側のミスマッチが拡大する仕組みができてしまっている。この転職市場の構造が変わらない限り、産業の変化にともなって労働力も移動していくといった世の中にはならないのではないだろうか。

面接日を調整するためのメールを用意しながら、私はそんなことを考えていた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...