企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

評価されづらい?「大学院卒」の転職
海外との違いが大きい

中国の総合家電メーカー「Xiaomi」や、アメリカ発の自動車配車サービス「Uber」、民泊サービス「Airbnb」など、近年、さまざまなビジネスが誕生し、急成長を続けている。これらの市場評価額10億ドル以上の未上場企業は「ユニコーン企業」と呼ばれ、世界的にも大きな注目を集める。では、なぜ日本には海外と比べて、ユニコーン企業が少ないのだろうか。そこにはさまざまな要因が考えられるが、「大学院などで高度な教育を受けた人が評価されづらい」日本の採用市場も、理由の一つだろう。

「大学院卒」は転職市場で評価されない?

「退職して大学院で学びなおすことは、転職の際に有利になるのでしょうか。もし評価されるのなら、『急がば回れ』で、それもいいかと思っているのですが」

転職相談のときにこういった質問を受けることがある。勉強熱心でまじめな人に多いようだ。同じように「留学を考えている」「資格取得を検討している」といった相談をされることもあるが、人材紹介会社のキャリアアドバイザーとしては、そのどれにも積極的には賛成できないと回答している。

なぜなら、中途採用において学位や留学経験、資格などを重視する企業はほとんどなく、参考にする程度だからだ。時間やお金をかけても、それに見合うだけのメリットはまず得られない。純粋に学びたい気持ちがあるなら話は別だが、「転職のために」というのならやめておいた方がいい、というアドバイスをせざるをえない。

評価されづらい?「大学院卒」の転職

中でももっとも厳しいと思われるのが、博士・修士などの学位取得だろう。理工系の技術職に関しては修士の方が有利なケースもあるが、それ以外ではプラスに働くどころか、マイナス要因になってしまうことさえある。中途採用に限らず、新卒採用であっても、大学院で学んだ人に対して「年齢のわりに経験が少ない」という見方をする企業は少なくない。

以下のような評価は、いずれもかつて企業の採用担当から聞いたものだ。

「勉強ばかりしてきて社会や現実を知らない」
「専門外の仕事をしたがらない」
「プライドが高くて使いにくそうだ」
「一種のモラトリアムで大学院に進んだのでは?」

ほとんど偏見に近いようなものもあるが、基本的には日本の企業が「学校の勉強は、実際の仕事には直接使えない」と考えていることからくるものだろう。よりビジネスに直結した分野を学ぶMBA(経営学修士)でも、日本企業では優遇されることが少ないようだ。

「なるほど。そうなんですか」

こういった状況を説明すると、ほとんどの人が納得してくれる。ただ、欧米の転職事情などを知っている人には不思議がられることもある。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...