企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

「働き方改革」の弊害か……見失いたくない転職の目的

いつの間にか変化してしまうことも
転職してわかった「自分が求めていたもの」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい年の初めに「今年の目標」を立てる人も多いだろう。その中には「今年こそ転職しよう」と決意を固める人もいるはずだ。転職は大きなイベントであり、実際に転職活動を行うようになると、いろいろな面でパワーが必要になる。いつしか希望の会社に入社すること自体がゴールのように思えてくることがあるかもしれない。しかし、新たなスタートであることを、決して忘れてはならない。

独自のブラック企業判別法

「一年ほど前に、一度ご相談にいらっしゃっていますね」
「そうなんです。あの時は他の紹介会社さんに紹介してもらった会社に決まって、今も勤務しているのですが、再度ご相談したいなと思いまして……」

コンサルタントとして毎日のように転職希望の方と会っているが、約一年ぶりに再会したAさんのことははっきり覚えていた。一風変わった転職活動をしていたからだ。

「ブラック企業ではない会社を探しているんです。ワークライフバランスを大事にしている会社は、社員を大事にしている会社だと思いますし、そういう企業に長く勤めたいと思っています」

Aさんはかなり忙しい会社に勤めていて、「もう少し余裕のある環境で働きたい」と考えたのが転職理由だった。政府も「働き方改革」の旗振りをする時代。ワークライフバランスを意識して転職を考える人は増えているので、そのこと自体に違和感はなかった。

ただ、Aさんの「ブラック企業識別方法」というのが少し変わっていた。

人材紹介ウラオモテ:「働き方改革」の弊害か……見失いたくない転職の目的

「私は面接で、残業や休日出勤、転勤や福利厚生、離職率などについて、積極的に質問するようにしているんです。そこで何となく回答をぼかしたり、そういう質問をするような人材はいらない、という態度が見えたりする企業は、ブラックの可能性があるんじゃないでしょうか」

今も昔も、一般的な面接のセオリーは、直接そういう待遇や勤務環境に関係するような質問は控えめにせよ、というものだ。いくら「働き方改革」が進んだ企業でも、仕事内容そっちのけで条件のことばかり気にしている人材は、印象が良くないとされている。

「そういう情報が知りたい場合は、人材紹介会社を経由して確認する方法もありますよ。その方が企業からの印象も良くなると思うのですが」

私はそう提案してみたが、Aさんはむしろ直接質問をぶつけることで、その際の企業の反応を見たいのだという。

「外向けに出している情報ではわからないこともあると思うんです。ですから、そこは自己責任でやらせてください。決して御社にご迷惑はおかけしませんので」

そんなAさんは、私たちの紹介では残念ながら内定にまで至らなかったが、無事に他ルートで転職に成功したという連絡をもらっていた。それが約一年前のことだった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
応募先は、紹介会社のコンサルタントに教えるべき?
人材紹介会社では、履歴書や職務経歴書をはじめ、転職希望者のさまざまな個人情報を扱う。そのため、これらを預かるだけの信頼に応えられる体制を、しっかり整えることが大...
2019/03/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 富士通が実践する「働き方改革」

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...