無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

若手採用のパラドックス第二新卒はあてはまらない? 企業が求める“すぐに辞めない若手”

せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。新卒の約3割が入社3年以内に退職している、というデータもある。そのため採用時には“すぐにやめない人材”であることが選考ポイントになっているともいわれる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いが、第二新卒なら当然の“一度辞めた人”であることが問題になることもある。

次は二度と辞めたくないと思うはず

「弊社は第二新卒を含む若手採用に、積極的に取り組んでいきます。ぜひ人材紹介各社にもご協力いただきたく、本日の説明会にお集まりいただきました」

集中的に採用を強化したい企業が、人材紹介会社のキャリアアドバイザーや営業担当を集め、説明会を開催することがある。採用趣旨のプレゼンテーションや、好結果を出した場合のインセンティブの案内などが行われるのが一般的だ。この日は若手採用がテーマということで、第二新卒の募集条件や求める人物イメ-ジなどが詳しく説明された。一通りの説明が終わると質疑応答に移り、何人かが手を挙げた。

「さきほど“すぐ辞めない人”を紹介してほしいというお話がありました。しかし第二新卒は、新卒で入社した会社を1~2年で退職した人がほとんどです。面接の際に“すぐ辞める人ではないか”と、マイナス評価をされてしまうことはないでしょうか?」

サービス業などを中心に、「新入社員が短期間で退職する」という悩みを抱える企業は多い。そのため、面接で応募者の「定着性の高さ」をなんとか見極めたいと、各社とも腐心している。スカウト採用やリファラル採用(紹介・縁故)が注目されているのも、それが理由の一つだ。

フルタイム以外の人材紹介 Photo

「第二新卒は確かに一度退職された方ですが、私どもは、しっかりした考え方を持った人材であれば、一度辞めたことによって“二度と辞めたくない”という気持ちになり、より慎重に企業を選ぶはずだと考えています。むしろ、そこに期待しています」

この企業では、人材紹介会社からの第二新卒紹介を、一種のリファラル採用と位置づけているようだった。キャリアアドバイザーが仕事内容や職場環境を詳しく説明し、本人が納得した上で応募してほしいのだという。

さらに、若手社員の早期退職を防ぐために行われている企業努力について、説明が行われた。サービス業であるため、過去には定着率が良くない時期もあり、さまざまな改善を行ってきたという。現在の離職率は他業種と比較しても決して高くはないと、採用担当は自信を見せていた。しかし、かつて退職者を多く出したことがある企業は、どうしても転職希望者に警戒されてしまう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
35歳限界説
通年採用
Oターン
ジョブホッピング
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック
パラレルキャリア
キャリア権