人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

無視できない、転職とSNSの付き合い方

2015/11/2
将来はさらに役割拡大か
無視できないSNSとのつきあい方
企業と転職希望者を結ぶ人材紹介にとって重要なのは、やはりコミュニケーションだ。かつては電話や郵便が主流だったが、現在ではほとんどメールに置き換わっている。やがては、これが「SNS」へと移行する時代がやってくるのかもしれない。とはいえ、何事もオープンが基本のSNSと秘密保持が不可欠な転職活動との関係には注意が必要だ。不用意な使い方が思いがけない事態を招いてしまうのではという不安はぬぐえない。今はまだ、SNSに関してはあらゆることが模索の段階といえそうだ。
(1/2ページ)

「リア充自慢」は転職に不利?

「人材紹介についてでも、転職活動全般についてでも結構です。何か質問はございますか?」

転職相談の最後はこういった「ご質問をどうぞ」という形で締めることが多い。そこでの質問に時折あるのが、「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」に関するものだ。転職活動が初めてという人を中心に、近年少しずつ増えてきた印象がある。

「選考の中でフェイスブックなどをチェックされる場合があると聞くんですが、そういったケースは実際に多いんでしょうか。特に注意すべきことはありますか」

Photo

こういう質問をする人は基本的にSNSを積極的に使っている人だ。目立った使い方をしていない人の場合は心配のしようがない。何か思い当たるところがあるからこそ気になるのである。

「まず言えるのは、企業側がSNSをチェックしているかどうかはわからない、ということです。SNSに問題があって不採用になったという話は聞いたことがありませんが、だからといって絶対ないともいえません」

一般論しか伝えられないのがもどかしいが、それが正直なところなのだ。そもそも実名で登録され誰でも見ることができるようなSNSはごく限られている。さらに同姓同名の人も多いので、特定が難しい。そう考えるといちいち手間をかけてチェックしている企業はむしろ少数派ではないか、というのが実感である。

「そうなんですか。学生時代にSNSが就活に影響するといった話をよく聞いたものですから」

確かに学生の場合、社会的に問題がある武勇伝をSNSで公開してしまいニュースになったりもする。大学では学生への注意喚起を盛んに行っているのだろう。

「もし実名でSNSをご利用でしたら、注意するのに越したことはないですね。違法行為をアップするのは論外ですし、自社の内部情報の漏えいやライバル会社への誹謗中傷なども問題でしょう。派手な異性関係やトラブルなどをうかがわせる内容も……」

多くの人はSNSを利用しているうちに、「注目されたい」と思うようになる。そのため、つい尾ひれをつけた出来事を書いてしまいがちだ。楽しい飲み会に参加したとか、有名人の誰々に会ったといったたぐいの話である。しかし、いわゆる「リア充自慢」(リアルの生活が充実していることを自慢する)ばかりになると、見た人に「ずいぶん派手な人だな」という印象を与えかねない。

「なるほど。気になるものは削除しておいた方がいいですね」

たいていの人はこのあたりで納得するのだが、問題はインターネットに一度載せた文章や写真は思いがけない形で残ってしまうことがあるということだ。本人が削除したりアカウントにカギをかけても、検索で見えてしまうこともある。日々の注意こそが大切なのだ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載
社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なく...
2016/11/04掲載

関連する記事

転職のきっかけは人材開発
近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修だけでなく、国内外の大学・大学院や研究機関などで最先端のビジネスや理論を学ぶうち...
2016/10/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
行ってみたら事務所がない? 妙に強気の人気企業
人材採用をサポートする仕事をしていると、こちらがびっくりするような企業も時にはある。「最近の人材採用は難しい」ということがわかっている企業は、きちんとこちらのア...
2016/09/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会利用に当たり「留意する事項」
求人企業と求職者のアンマッチや優秀人材の取り合いなど、人材紹介の過程では様々な問題が発生しがちである。大切な転職・採用を成功させるための留意点とは?
2016/08/31掲載よくわかる講座
人材紹介における「契約実務」
人材紹介という無形のサービスを明文化した契約書。トラブル回避のために、どのような点に留意して作成すればよいのか。具体的なポイントを紹介する。
2016/08/31掲載よくわかる講座
人材紹介会社における「コンサルタント」
求職者の頼れるパートナー「コンサルタント」に求められる能力とは?人材紹介プロセスに沿って、コンサルタントの仕事内容をまとめた。
2016/08/31掲載よくわかる講座
注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
TECH::CAMPのエンジニア人材紹介 ANAの研修サービス

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。



注目のセミナー特集

本特集では、人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...