企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ダイレクトリクルーティング ダイレクトリクルーティング

「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、直接アプローチする「攻め」の採用手法といわれます。ダイレクトリクルーティングは、中途採用の領域ではすでに普及していましたが、近年は新卒採用でも注目されるようになってきました。
(2016/5/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトリクルーティングのケーススタディ

“攻め”の手法で自前の採用力を強化
データベースやSNSで企業から接触

厚生労働省が4月28日に発表した今年3月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.02ポイント上昇の1.30倍。2ヵ月ぶりの上昇で、1991年12月(1.31倍)以来、24年3ヵ月ぶりの高水準となりました。新卒採用でも企業の採用意欲は依然として高く、学生に有利な売り手市場が続いています。マイナビが発表した、2017年卒学生に対する企業の採用予定調査の結果によると、採用環境の見通しについて、6割の企業が競争激化などで厳しくなると見ています。また、他社に先んじようと、選考解禁の6月を待たずに面接を開始すると答えた企業も7割以上に。知名度で劣るベンチャー企業や地方の中堅・中小企業にとって、逆風は強くなる一方でしょう。

そうした中、大手ナビサイトに自社の情報を掲載し、あとは学生のエントリーを待つだけという“受け身”の採用のあり方に疑問を持ち、自前の採用力を強化するため、“攻め”の手法も取り入れる企業が増えてきました。特に注目されているのが、これまで中途採用の領域で使われていた「ダイレクトリクルーティング」の手法です。企業側から求める人材を能動的に探し、自らアプローチする「ダイレクトリクルーティング」では、主に次の二つのツールを活用します

(1) 人材データベース
エン・ジャパンの「アイルーツ」やアイデムの「ジョブラス」などのダイレクトリクルーティング専用サイトに学生が登録し、学校・学部名、保有する資格、志望業界、自己PRなどの情報を提供。企業はこうした情報を検索して候補者を選び、接触するのが基本的な仕組みです。

(2) SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
FacebookやTwitterなどのSNSを活用して、企業の採用担当者と学生が直接つながり、採用に結びつける方法です。企業にとっては、勝手に情報が拡散するので、潜在的な入社希望者までアプローチできるメリットがあります。

いずれにせよ、企業から望んでアプローチするため、必ずしも選んだ学生に入社意欲があるわけではなく、採用過程での動機形成にはそれなりの工夫と負担が求められます。しかし、激しい人材獲得競争を勝ち抜くためには、いつまでも待ちの姿勢のままでいるわけにはいきません。採用ノウハウを社内に蓄積し、自前の採用力を高めていくべきであり、そのために有効なのが「ダイレクトリクルーティング」なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討 ~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降と後ろ倒しになります。スケジュールの変更に伴い、採用計画の見直しを迫られる企...
2014/11/26掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...