企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

採用活動に表れる企業風土

2015/5/7
採用活動には企業それぞれのスタイルがある
「手書き履歴書」の提出を求められた求職者の反応は?
少し前にネット上で「手書き履歴書」の是非が話題になった。中途採用においては、応募書類に「手書き」を求める企業がかなり少数派になっているが、まったく無くなったわけではない。また、新卒採用に際して「エントリーシートは手書きで作成」と指定している企業は少なくなく、「文字から人柄が読み取れる」という考え方は、一部の企業の中に深く根づいているようだ。実は、こうした細部に表れる企業風土は、企業と人材のマッチングを考える上での重要な判断材料にもなる。
(1/2ページ)

今も残る「手書き履歴書」

「よろしくお願いします。こちらが履歴書と職務経歴書です」

ある日の転職相談でのこと。差し出された書類のうち、履歴書は市販の用紙に手書きしたものだった。職務経歴書の方はしっかりとパソコンのワープロソフトで作られているから、ITスキルがないわけではない。おそらく手書き履歴書が「正式」なものだと思い、わざわざ手間をかけてくれたのだろう。

転職希望者のうち、このように履歴書を手書きしてくる人はとても少なくなった。中途採用、特に人材紹介に際しては履歴書も職務経歴書もすべてパソコンで作成するのが一般的なので、手書きの履歴書を持ってくるのは、転職が初めてという人が多い。若い人にも多いが、新卒時の就職活動の際にエントリーシートを手書きで作成した経験が大きく影響しているのかもしれない。

Photo

「ありがとうございます。せっかく手書きで作成されたのに恐縮ですが、実は中途採用の場合、履歴書もパソコンで作成するのが一般的なんです。志望動機の欄などを応募先にあわせて書き換える際にも、ワープロソフトの方が便利ですしね」

「そうなんですか。知りませんでした。さっそく作り直してすぐにお送りします」

ところが、逆に手書き履歴書の作成をお願いしなければならないケースもある。企業側が「手書き履歴書」を指定してくる場合だ。書類選考時はワープロでもいいが、「面接時に手書きを持参のこと」というパターンもある。

この場合もやはり、「文字を見ると人柄がわかるから」という理由が多いようだ。しかし、文字で本当に人柄がわかるのだろうか。候補者の人柄を知りたいなら、簡単な適性テストを実施した方がよほど信頼性の高い結果が出るのではないか。そんな疑問を懇意にしている企業の採用担当に投げかけてみたところ、こんな答えが返ってきた。

「面接を担当する役員が、手書きの方がいいと言うのです」

慣例だから、ということらしい。別の企業では、「新卒採用が手書きなのでそろえている」というケースもあった。いずれも、履歴書が手書きでなければいけない理由としてはやや弱い気がする。そもそも、エントリー数が数百、数千と非常に多い新卒採用と、数名の候補者の中から選考していく中途採用を一緒にしているところに無理があるのではないだろうか。

とはいえ、企業側に求められれば、候補者にお願いするしかない。また、ほとんどの人は「わかりました」と言って、手書きの履歴書を用意してくれる。

しかし、中にはそうではない転職希望者の方もいた。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
週末出勤や夜勤が前提の転職 社会を支える大事な仕事だが
残業が多い仕事や休日出勤が頻繁にある仕事だと言われたら、できるだけ避けたいと考えるのが、転職活動をしている人の本音だろう。では、もともと平日が休みで週末は出勤と...
2019/11/05掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...