企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

採用活動に表れる企業風土
採用活動には企業それぞれのスタイルがある 「手書き履歴書」の提出を求められた求職者の反応は?

少し前にネット上で「手書き履歴書」の是非が話題になった。中途採用においては、応募書類に「手書き」を求める企業がかなり少数派になっているが、まったく無くなったわけではない。また、新卒採用に際して「エントリーシートは手書きで作成」と指定している企業は少なくなく、「文字から人柄が読み取れる」という考え方は、一部の企業の中に深く根づいているようだ。実は、こうした細部に表れる企業風土は、企業と人材のマッチングを考える上での重要な判断材料にもなる。

今も残る「手書き履歴書」

「よろしくお願いします。こちらが履歴書と職務経歴書です」

ある日の転職相談でのこと。差し出された書類のうち、履歴書は市販の用紙に手書きしたものだった。職務経歴書の方はしっかりとパソコンのワープロソフトで作られているから、ITスキルがないわけではない。おそらく手書き履歴書が「正式」なものだと思い、わざわざ手間をかけてくれたのだろう。

転職希望者のうち、このように履歴書を手書きしてくる人はとても少なくなった。中途採用、特に人材紹介に際しては履歴書も職務経歴書もすべてパソコンで作成するのが一般的なので、手書きの履歴書を持ってくるのは、転職が初めてという人が多い。若い人にも多いが、新卒時の就職活動の際にエントリーシートを手書きで作成した経験が大きく影響しているのかもしれない。

Photo

「ありがとうございます。せっかく手書きで作成されたのに恐縮ですが、実は中途採用の場合、履歴書もパソコンで作成するのが一般的なんです。志望動機の欄などを応募先にあわせて書き換える際にも、ワープロソフトの方が便利ですしね」

「そうなんですか。知りませんでした。さっそく作り直してすぐにお送りします」

ところが、逆に手書き履歴書の作成をお願いしなければならないケースもある。企業側が「手書き履歴書」を指定してくる場合だ。書類選考時はワープロでもいいが、「面接時に手書きを持参のこと」というパターンもある。

この場合もやはり、「文字を見ると人柄がわかるから」という理由が多いようだ。しかし、文字で本当に人柄がわかるのだろうか。候補者の人柄を知りたいなら、簡単な適性テストを実施した方がよほど信頼性の高い結果が出るのではないか。そんな疑問を懇意にしている企業の採用担当に投げかけてみたところ、こんな答えが返ってきた。

「面接を担当する役員が、手書きの方がいいと言うのです」

慣例だから、ということらしい。別の企業では、「新卒採用が手書きなのでそろえている」というケースもあった。いずれも、履歴書が手書きでなければいけない理由としてはやや弱い気がする。そもそも、エントリー数が数百、数千と非常に多い新卒採用と、数名の候補者の中から選考していく中途採用を一緒にしているところに無理があるのではないだろうか。

とはいえ、企業側に求められれば、候補者にお願いするしかない。また、ほとんどの人は「わかりました」と言って、手書きの履歴書を用意してくれる。

しかし、中にはそうではない転職希望者の方もいた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...