企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

内定後に「雲隠れ」する転職者の心理

2014/7/7

辞退を伝えるとどうなる――?

紹介会社と転職者の信頼関係

複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはならない。転職活動ではよくあることだが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いものだろう。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退を伝えればいいだけだ。「そこが気楽だから人材紹介を利用する」という人もいるが、中には「紹介会社に辞退を伝えるのもつらい」と感じる人もいるらしい。
(1/2ページ)

ある日、突然途絶えた連絡

「Tさんの入社承諾書、あと何日くらいかかりそうでしょうか?」

最終面接で内定が出たH社の人事担当者から、連絡がきた。言い方は穏やかだが、企業からこのような催促がくるのは、相当待たせている証拠でもある。

「申し訳ありません。急いで確認して連絡します」

そうは答えたものの、もう数日間Tさんとは連絡が取れていなかった。携帯電話にかけても留守番電話の応答があるだけで、メールに対する返事もない。人材紹介の仕事をある程度続けていると、こういう場合はかなりの確率で内定を辞退することがわかってくる。そこで、この日からメールに「辞退の可能性があるなら教えて欲しい」という内容を付け加えることにした。

「もし他社でTさんのご希望にかなう募集があり、今回H社をご辞退される場合は、遠慮なくご連絡ください。H社には、私からTさんのご意向をお伝えします」

普通は人材紹介会社を通して辞退する方が、内定者にとっても気が楽なはずだ。最近では、新卒の内定者が企業に辞退を伝えたところ、人事から辞退の理由を問い詰められたといったことがメディアでニュースになっている。中途採用でも、同じような事態を心配する人にとって、紹介会社がかわりに辞退を伝えてくれるのであれば、心の負担はかなり減るはずだ。

Photo

ところが、入社の意向を確認する段階になって、急に「雲隠れ」してしまう人がいる。紹介会社としても、そのままにはしておけないので、何度も連絡を取ろうとする。電話やメールだけでなく、書留で封書を送ってみたり、電報を打ってみたりという段階までくると、ほとんどあきらめの心境だが、いずれにしても企業側に最終的な報告をしなくてはならないから、紹介会社側も必死である。

結果的には、かなり時間が経ってからメールが一通送られてくるパターンが多い。他社に決まったという予想通りの内容のこともあるが、それ以外の辞退理由もある。一番多いのは下記のようなパターンだ。

「実は家族が病気で倒れてしまい、その面倒を見なくてはならなくなりました」

だから転職は出来なくなったということである。本当なのかどうかはわからないが、家庭の事情では文句をつけられない。こちらは慣れているので、「ああ、またか……」と思うのだが、内定者としては、誰からも反論されないような辞退理由を一所懸命に考えたのだろう。

本来気楽に辞退を伝えればいいはずの人材紹介会社に対して、なぜこのような手間のかかることをするのだろうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載

関連する記事

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...