無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
辞退を伝えるとどうなる――? 紹介会社と転職者の信頼関係

複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはならない。転職活動ではよくあることだが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いものだろう。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退を伝えればいいだけだ。「そこが気楽だから人材紹介を利用する」という人もいるが、中には「紹介会社に辞退を伝えるのもつらい」と感じる人もいるらしい。

ある日、突然途絶えた連絡

「Tさんの入社承諾書、あと何日くらいかかりそうでしょうか?」

最終面接で内定が出たH社の人事担当者から、連絡がきた。言い方は穏やかだが、企業からこのような催促がくるのは、相当待たせている証拠でもある。

「申し訳ありません。急いで確認して連絡します」

そうは答えたものの、もう数日間Tさんとは連絡が取れていなかった。携帯電話にかけても留守番電話の応答があるだけで、メールに対する返事もない。人材紹介の仕事をある程度続けていると、こういう場合はかなりの確率で内定を辞退することがわかってくる。そこで、この日からメールに「辞退の可能性があるなら教えて欲しい」という内容を付け加えることにした。

「もし他社でTさんのご希望にかなう募集があり、今回H社をご辞退される場合は、遠慮なくご連絡ください。H社には、私からTさんのご意向をお伝えします」

普通は人材紹介会社を通して辞退する方が、内定者にとっても気が楽なはずだ。最近では、新卒の内定者が企業に辞退を伝えたところ、人事から辞退の理由を問い詰められたといったことがメディアでニュースになっている。中途採用でも、同じような事態を心配する人にとって、紹介会社がかわりに辞退を伝えてくれるのであれば、心の負担はかなり減るはずだ。

ところが、入社の意向を確認する段階になって、急に「雲隠れ」してしまう人がいる。紹介会社としても、そのままにはしておけないので、何度も連絡を取ろうとする。電話やメールだけでなく、書留で封書を送ってみたり、電報を打ってみたりという段階までくると、ほとんどあきらめの心境だが、いずれにしても企業側に最終的な報告をしなくてはならないから、紹介会社側も必死である。

結果的には、かなり時間が経ってからメールが一通送られてくるパターンが多い。他社に決まったという予想通りの内容のこともあるが、それ以外の辞退理由もある。一番多いのは下記のようなパターンだ。

「実は家族が病気で倒れてしまい、その面倒を見なくてはならなくなりました」

だから転職は出来なくなったということである。本当なのかどうかはわからないが、家庭の事情では文句をつけられない。こちらは慣れているので、「ああ、またか……」と思うのだが、内定者としては、誰からも反論されないような辞退理由を一所懸命に考えたのだろう。

本来気楽に辞退を伝えればいいはずの人材紹介会社に対して、なぜこのような手間のかかることをするのだろうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ナーチャリング
カジュアル面談
35歳限界説
Oターン
ジョブホッピング
オンライン面接
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック