無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「人」基準から「仕事」基準へ
――日立製作所が取り組む、
グローバル視点に基づく
人財マネジメントとは

株式会社日立製作所 人財統括本部 副統括本部長(グローバル人財戦略担当)

山口岳男さん

山口岳男さん  株式会社日立製作所 人財統括本部 副統括本部長(グローバル人財戦略担当)

日立製作所では、「社会イノベーション事業」を中心に事業のグローバル化を進めており、海外売上高比率は43%を超えています。このような状況下、同社では現地主導経営を推進し、グローバル展開を加速するための「グローバル人財マネジメント戦略」を策定。これを推進する専任組織として、2011年7月に「グローバル人財本部」を新設しました。果たして、同社では具体的にどのようにして、新しい人財マネジメントを実践していこうとしているのでしょうか。日本の人事部「HRアワード2013」で「企業人事部門個人の部最優秀賞」を受賞され、いま多くの人事担当者の方々からの注目を集めている、同社人財統括本部副統括本部長(グローバル人財戦略担当)の山口岳男さんに、詳しいお話を伺いました。

Profile

やまぐち・たけお/1975年に日立製作所入社。一貫して、人事・総務関係を担当。1985年~1990年、日立アメリカ(米国ニューヨーク)勤務。その後、本社勤労部国際グループ部長代理等を経て、2003年~2009年Hitachi Global Storage Technologies,Inc(米国カリフォルニア・サンノゼ)の人事部門責任者(Vice President)。2009年~2011年株式会社日立総合経営研修所取締役社長。2011年4月から日立製作所人財統括本部副統括本部長。

なぜ、グローバル展開にシフトした人事戦略を推進するのか

 日立製作所では、他社に先駆けてグローバル展開にシフトした人事戦略を推進されていますが、その経緯についてお聞かせください。

日立製作所の経営戦略において、グローバルでの成長は大変重要な課題です。もちろん、国内市場での成長も大切ですが、現在は新興国を中心とした海外での成長に重点を置いています。売上高は将来的に海外が5割を超える見込みですが、それと同時に人員構成も日本と海外の比率を5対5にする計画です。この数字の持つ意味は、とても大きいと思います。

なぜなら、あらゆる部門にインパクトをもたらすからです。例えば人財部門には、「日本の伝統的な人財マネジメントで日本人以外の人をマネジメントできるのか」「そもそもグローバルに展開するビジネスをマネジメントできるのか」などの問題があります。あるいは一部の本社機能が海外に移転することを想定すると現状の経営マネジメント、人財マネジメントで効率的にうまくビジネスを運営していくことは難しいでしょう。

グループグローバル化は、株式市場や株主からすれば日立製作所単体の問題ではなく、日立グループ全体の問題。コーポレート部門としては、株式市場や株主に対する説明責任がこれまで以上に増えます。そう考えると、日本の伝統的な人財マネジメントではどうしても対応できず、すぐにでも変える必要が出てきたというわけです。

そこで発想を転換し、まずグローバルという人財マネジメントがあり、その下に日本も含めた六つの極(日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、インド、中国)をフラットに置く。日本をアメリカやヨーロッパなどと並ぶ一地域と捉え、実際のビジネスと協働しながらグローバル共通の人財マネジメントの仕組み・制度・ノウハウを構築し、グループワイドで横展開するという目標を実現するために、コーポレートの人財部門の組織「グローバル人財本部」を設置しました。

グローバルにビジネスを成長させていく上で、人財部門として何がサポートできるのか。その観点から最初に行ったのが、人財部門としてのゴール、ビジョンの定義です。「2015年にワールドクラスのグローバルな人財部門となる」という目標を掲げ、それを実現するための人財戦略を立て、三つのフェーズに分けて実行しています。

以前は、コーポレートから世界が見えていなかったのが実情でした。そこで、世界が見える仕組みを作ろうと考えました。具体的には、「グローバル人材データベース」「グローバルグレード(人財評価尺度統一)」「パフォーマンスマネジメント」「タレントマネジメント」などで、これらを実現していくことからスタート。現在の課題は、どうやってこれらをビジネスに定着させるかであり、ビジネスのためになる人財施策を行うことを念頭に置いています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他1
オススメ1
最新順 人気順 古い順

Meguさんがその他でオススメしました

東京都 販売・小売 2014/01/28

自身の所属する会社も、同様の問題意識を抱え、同様の方向に舵を切っていますが、実際の推進に賭ける意気込みと、計画の具体性において、先陣を切り開いていらっしゃるなと感じ、大いに刺激を受けました。

自身、自部門、自社が、グローバル競争の最前線で闘えるよう、精一杯、研鑽に励んで参りたいと思います。

今後とも、こうした刺激的な記事が投稿されますことを、心より楽しみにしております。

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
互聴
OODAループ
ブリッジ人材
コンテクスト
OKY
グローカル人材
経営大学院
カルチュラル・インテリジェンス
スーパーグローバル大学
クロスカルチャー・マネジメント