企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スーパーグローバルダイガク スーパーグローバル大学

「スーパーグローバル大学」とは、グローバルに活躍できる人材の育成や世界的な研究を推進するために、文部科学省が重点的に財政支援する大学のことです。2014年9月、同省が、国公私立大104校の応募の中から37校を選定しました。スーパーグローバル大学には2種類あり、世界の大学ランキングでトップ100以内を目指す「トップ型」として13校、大学教育の国際化のモデルを示す「グローバル化けん引型」として24校が選ばれています。支援対象となる大学は今後10年間、1校当たり年間最高約4億2000万円の補助金を得て、各校の掲げるグローバル構想の実現に取り組んでいくことになります。
(2014/11/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーグローバル大学のケーススタディ

大学の国際化に向けて37校を重点支援
グローバル人材への社会的要請が背景に

昨年、安倍晋三首相の私的諮問機関である教育再生実行会議は、グローバル人材育成に資する大学改革を優先課題と位置づけ、教育内容や教育環境の徹底した国際化に取り組む大学の支援を提言しました。これを受けて、文部科学省では今年度から、大学の国際化を財政的に後押しする「スーパーグローバル大学創成支援」事業をスタート。9月26日に、重点支援の対象となる「スーパーグローバル大学」37校の選定結果を発表しました。

先述のとおり、スーパーグローバル大学には、海外から優秀な人材を獲得し世界の大学ランキング100位以内を目指す「トップ型」と、大学の国際競争力強化のモデルとして、社会のグローバル化をけん引する「グローバル化けん引型」の二つのカテゴリーがあります。選定にあたっては、応募した104校が国際化や競争力向上に向けてどのような取り組みを行うのか――各大学の今後10年間にわたる構想を、文科省の有識者会議が審査。基礎要件となる教育・研究力の水準や学生・教員に占める外国人比率の向上策、外国語による授業の拡大構想などを点数化し、選定しました。

トップ型に選ばれたのは、北海道大、東北大、筑波大、東京大、東京医科歯科大、東京工業大、名古屋大、京都大、大阪大、広島大、九州大、慶応義塾大、早稲田大の13校。「世界トップ10入りを目指す」とうたった京都大は、具体策として、海外の著名研究者の招聘(しょうへい)や先進国の有力大学院との共同教育プログラム策定などを打ち出しています。グローバル化けん引型には24校が選定。千葉大、東京外国語大、東京芸術大、長岡技術科学大、金沢大、豊橋技術科学大、京都工芸繊維大、奈良先端科学技術大学院大、岡山大、熊本大、国際教養大、会津大、国際基督教大、芝浦工業大、上智大、東洋大、法政大、明治大、立教大、創価大、国際大、立命館大、関西学院大、立命館アジア太平洋大、と公立・私立を含めた多様な顔ぶれが並んでいます。こちらは事業構想もユニークなものが多く、例えば立命館大は、海外進出している企業と連携して課題解決型の授業を設ける方針です。また、学生の約9割がキャンパス内の学生寮学生アパートで生活する国際教養大では、留学生と日本人学生が混在する生活空間を「マスコミハウス」「Diplomat(外交官)ハウス」などテーマ別ハウスとして再編し、グローバル人材に必要な力や人間性を育むとしています。

選ばれた大学が今後10年間に受ける財政支援は、トップ型で年間4億2000万円、グローバル化けん引型で同1億7000万円。政府がこれだけの手厚い財政支援を実施する背景に、国際社会で活躍できる人材に対する経済界の切実なニーズがあることは論をまちません。グローバル人材の育成・供給の場としての期待と責任に、大学がどう応えるかに注目が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

G型大学・L型大学
「G型大学・L型大学」とは、それぞれグローバル(Global)型、ローカル(Local)型の大学という意味で、2014年10月に開かれた文部科学省有識者会議において、経営共創基盤CEOで経営コンサルタントの冨山和彦氏が提言した新しい大学教育のあり方を示す言葉です。提言では、日本の大学をごく一部のトッ...
就業力
学生が自分に合った仕事を見つける能力を「就業力」といいます。2010年2月に改正され、11年度から施行される大学設置基準では、「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」を就業力と定義し、大学にキャリア教育の実施を義務づけています。
大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...

関連する記事

グローバル人材育成推進事業 第1回 Go Global Japan Expo
文部科学省とグローバル人材育成推進事業採択42大学は、高校生や大学生、その保護者を主な対象とした、進学・留学・キャリアに関する相談・体験イベント「第1回 Go Global Japan Expo」を2014年12月15日(日)に開催しました。本レポートでは、当...
2013/12/18掲載イベントレポート
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(後編)
金融論の研究者から、リーダーシップ教育の第一人者へ――日向野幹也・早稲田大学教授の思いがけないキャリアチェンジの物語は、そのまま日本の大学におけるリーダーシップ教育の歩みと重なります。インタビュー後編では、過去11年間にわたる大学でのリーダーシップ教育の成果を...
2016/07/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

優秀な人材確保のために、女性活躍推進を! 学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...