企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カルチュラル インテリジェンス カルチュラル・インテリジェンス

「カルチュラル・インテリジェンス」(CQ)とは、文化の違いを超えて円滑にコミュニケーションを図る能力のことです。Cultural Quotientとも呼ばれ、IQ(知能指数)やEQ(感情指数)に倣ってCQ(文化指数)と略されます。企業が海外に進出し、異なる文化圏で新たなビジネスを展開する際、グローバルマネジャーに必要不可欠な能力の一つとされます。
(2015/11/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチュラル・インテリジェンスのケーススタディ

日本人が苦手な異文化コミュニケーション
“海外武者修行”で若手を鍛える企業続々

日本経済新聞が2012年末に、アジア6ヵ国(インド、インドネシア、韓国、タイ、中国、ベトナム)のビジネスパーソンや大学生を対象に意識調査を実施し、ビジネスパーソン限定で自国への日本企業の進出や投資についてどう思うかを聞いたところ、82%が「歓迎」「どちらかというと歓迎」と答えました。日本のビジネスパーソンのイメージについて尋ねると、「勤勉」(88%)や「問題解決能力が高い」(59%)などの答えが上位に上がる一方で、「語学力がある」は31%で最下位に。また「現地社員と積極的にコミュニケーションをとる」「異文化の受容力が高い」も下から2番目、3番目で、当てはまると答えた人はいずれも4割前後にとどまっています。

グローバルビジネスをけん引するリーダーは、文化の差異を超えてその国や地域独自の習慣などを理解し、適応しなければなりません。そのために欠かせないといわれるのが、現地人材と円滑にコミュニケーションを図る能力、「カルチュアル・インテリジェンス」です。しかし上記の調査結果を見る限り、日本のビジネスパーソンのそれは決して高いとは言えないようです。とりわけ職歴の長いベテランほど、日本でしか通じないやり方を現地スタッフにも押し付けがち。産業能率大学グローバルマネジメント研究所の内藤英俊主幹研究員は、むしろ「経験の浅い若手なら、現地のやり方やノウハウを取り入れる柔軟性がある」と言います。

そうした中、日産自動車では若手社員に海外の厳しいビジネス現場を経験させる研修制度を、今年9月から導入しました。異文化の中で交渉力や指導力を鍛えるために、入社4年目の社員から30~50人程度を選抜し、欧米やアジアの事業体に3~6ヵ月間派遣。販売や品質管理など現場の最前線に配置し、売上増など具体的な成果を求めるといいます。日本通運も9月から、海外勤務を希望していなかった若手社員をシンガポール法人に送り込む制度をスタート。これまで海外での研修や出張を経験していない入社6年目の社員、80人強を派遣対象としています。

日本でも、海外企業のように、30~40歳代で経営の第一線に立てるグローバル人材を育てようという動きが広がってきました。若いうちに厳しい武者修行に出れば、カルチュラル・インテリジェンスも自然と高まるでしょう。産労総合研究所がまとめた13年度「教育研修費用の実態調査」によると、グローバル人材の育成を目的に海外研修を実施している企業は全体の25%にのぼっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

グローバル人材
用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...

関連する記事

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が 真のグローバル人材を生み出す
多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企業の人材に対する評価は決して高いものではありません。真のグローバル人材を生み出すために、日本企業はどうすればいいのでしょうか。また、それをサポートする研修企業には何が求められ、実際にどんな対...
2016/10/25掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第46回 「グローバル人材」の育成に向けて(後編)
グローバル化対応の「本質」に応えていくために、人材をどのように育成していくべきなのか、また、人事部はどのように対処していけばいいのか。
2011/04/25掲載人事マネジメント解体新書
海外勤務者の安全対策の実態
一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取り組んでいるのかを調べました。本記事では、その中から「海外勤務の状況」「海外勤務の安全対策」を中心に...
2013/10/21掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする
new

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...