企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カルチュラル インテリジェンス カルチュラル・インテリジェンス

「カルチュラル・インテリジェンス」(CQ)とは、文化の違いを超えて円滑にコミュニケーションを図る能力のことです。Cultural Quotientとも呼ばれ、IQ(知能指数)やEQ(感情指数)に倣ってCQ(文化指数)と略されます。企業が海外に進出し、異なる文化圏で新たなビジネスを展開する際、グローバルマネジャーに必要不可欠な能力の一つとされます。
(2015/11/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチュラル・インテリジェンスのケーススタディ

日本人が苦手な異文化コミュニケーション
“海外武者修行”で若手を鍛える企業続々

日本経済新聞が2012年末に、アジア6ヵ国(インド、インドネシア、韓国、タイ、中国、ベトナム)のビジネスパーソンや大学生を対象に意識調査を実施し、ビジネスパーソン限定で自国への日本企業の進出や投資についてどう思うかを聞いたところ、82%が「歓迎」「どちらかというと歓迎」と答えました。日本のビジネスパーソンのイメージについて尋ねると、「勤勉」(88%)や「問題解決能力が高い」(59%)などの答えが上位に上がる一方で、「語学力がある」は31%で最下位に。また「現地社員と積極的にコミュニケーションをとる」「異文化の受容力が高い」も下から2番目、3番目で、当てはまると答えた人はいずれも4割前後にとどまっています。

グローバルビジネスをけん引するリーダーは、文化の差異を超えてその国や地域独自の習慣などを理解し、適応しなければなりません。そのために欠かせないといわれるのが、現地人材と円滑にコミュニケーションを図る能力、「カルチュアル・インテリジェンス」です。しかし上記の調査結果を見る限り、日本のビジネスパーソンのそれは決して高いとは言えないようです。とりわけ職歴の長いベテランほど、日本でしか通じないやり方を現地スタッフにも押し付けがち。産業能率大学グローバルマネジメント研究所の内藤英俊主幹研究員は、むしろ「経験の浅い若手なら、現地のやり方やノウハウを取り入れる柔軟性がある」と言います。

そうした中、日産自動車では若手社員に海外の厳しいビジネス現場を経験させる研修制度を、今年9月から導入しました。異文化の中で交渉力や指導力を鍛えるために、入社4年目の社員から30~50人程度を選抜し、欧米やアジアの事業体に3~6ヵ月間派遣。販売や品質管理など現場の最前線に配置し、売上増など具体的な成果を求めるといいます。日本通運も9月から、海外勤務を希望していなかった若手社員をシンガポール法人に送り込む制度をスタート。これまで海外での研修や出張を経験していない入社6年目の社員、80人強を派遣対象としています。

日本でも、海外企業のように、30~40歳代で経営の第一線に立てるグローバル人材を育てようという動きが広がってきました。若いうちに厳しい武者修行に出れば、カルチュラル・インテリジェンスも自然と高まるでしょう。産労総合研究所がまとめた13年度「教育研修費用の実態調査」によると、グローバル人材の育成を目的に海外研修を実施している企業は全体の25%にのぼっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

グローバル人材
用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...

関連する記事

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が 真のグローバル人材を生み出す
多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企業の人材に対する評価は決して高いものではありません。真のグローバル人材を生み出すために、日本企業はどうすればいいのでしょうか。また、それをサポートする研修企業には何が求められ、実際にどんな対...
2016/10/25掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第46回 「グローバル人材」の育成に向けて(後編)
グローバル化対応の「本質」に応えていくために、人材をどのように育成していくべきなのか、また、人事部はどのように対処していけばいいのか。
2011/04/25掲載人事マネジメント解体新書
社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?
年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、...
2006/10/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

海外にいる人の解雇予告手当
海外にいる出向者がいます。日本と海外に分けて給与を振り込んでいます。 8月31日に出向解除ですが、9月にその人は帰国します。1か月の解雇予告です。その場合海外での給与は振り込まなくていいでしょうか。契約当時、例えば月30万で契約。日本が10万で海外が20万だとすれば、海外で仕事をしなくても20万相当...
海外在宅社員の労働法適用について
いつも大変お世話になっております。 さて、弊社では、現地法人に出向の社員、海外長期出張の社員、海外在宅の社員がそれぞれ在籍しております。 この社員については、以下の理解でよろしいでしょうか? ①現地法人勤務の社員→現地の労働法が適用される ②海外長期出張の社員→日本の国内法が適用される ③海外...
新入社員~入社2,3年の社員に対するOFF-JTについて
当社では、設立後間もなく現在まだ研修制度というものが特に構築されておりません。 ですが、新入社員の採用については、既に始めているため、新入社員~入社2,3年の社員に対して、早急に何らかの研修をしなければならないと考えております。 そこで、新入社員~入社2,3年の社員に対して、OJTではなくOFF-J...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...