無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「人」基準から「仕事」基準へ
――日立製作所が取り組む、
グローバル視点に基づく
人財マネジメントとは

株式会社日立製作所 人財統括本部 副統括本部長(グローバル人財戦略担当)

山口岳男さん

日本人と外国人の混成チームで行うことの重要性とは

 「グローバル人財マネジメント戦略」に取り組む際、どのようなことに注意を払っていますか。

一番大切なのは、一つひとつのゴールをはっきりさせることです。また、すべてプロジェクトベースで行っていますが、プロジェクトの前提条件として、日本人だけでは行わないことがとても重要です。外国人が加わることによって何が起こったかというと、キックオフから稼働まで、全てのプロジェクトが想定以上のスピードで、その成果も予想以上だったことです。日本人と日本人以外の人事の混成チームだったからこそ、力を発揮できたのです。

人財部門でも、アメリカディビジョンでは三人以上の外国人のマネジャーを置いています。日本でも一人外国人を入れています。彼らは、日本人では経験できないものを持った人たちであり、日立の中ではなかなか身に付けられないスキルセットを持っています。そういう人たちがグローバルにプロジェクトをドライブしてくれたおかげで、実現できたことは多いと思っています。

外国人が一人でもいれば、ミーティングでの会話は英語になり、資料も英語で作ります。最初は大変でしたが、1年近くやっていると、日本人のメンバーのレベルも上がっていきました。現在進めている取り組みは、企業の文化を変えるようなものです。そのため、どれだけ徹底してできるかが重要な課題だと思っています。

 すると、新しく創造していくためには、これまでの日立らしさなども否定するようなことも出てくるわけですか。

そうしなければ、変わることはできません。100年続いた仕事のやり方を変えるためには、思い切って振みこんでいくことが重要です。

 グローバル展開を進めていく中で、リーダーの育成は大変重要なテーマですね。

山口岳男さん Photo

私がアメリカの現地法人にいた時に一番困ったのは、日本人のリーダーの育成です。日本ではものすごく優秀で結果を残している人が、アメリカに来るとなかなか成果が上げられないというケースに、たびたび遭遇しました。経営研修のプログラムは既に存在していましたが、リーダーシップや人材育成のあり方について考え直さなければいけないと考え、研修のプログラムを全て見直すことにしました。

私は、リーダーシップとは「型」だと思っていますが、日本人のリーダーには「型」がなく、アメリカのリーダーにはきちんとした「型」があります。優秀なリーダーは自分が組織のリーダーになったら、ゴールをセットしてビジョンを見せ、自分のチームを作ってコミュニケートしながら結果を出すために何が必要であるかを議論し、メンバーをモチベートしつつチームを率いて結果を出すことが、「型」としてしっかりできるのです。しかし、日本にそういうリーダーがなかなかいません。そこで、リーダーシップの「型」を七つにまとめ、それをベースにして、課長研修で徹底的に教え込みました。

ビジネスの世界では、日本人も戦いのモードへと変わらなくてはいけません。その切り替えを、どのように行うかが重要なポイントです。英語ができることは当たり前ですが、戦いのモードへと自分を切り替えられなかったら、勝てるリーダーになれません。そういうことを重点に置いて、研修を行っています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他1
オススメ1
最新順 人気順 古い順

Meguさんがその他でオススメしました

東京都 販売・小売 2014/01/28

自身の所属する会社も、同様の問題意識を抱え、同様の方向に舵を切っていますが、実際の推進に賭ける意気込みと、計画の具体性において、先陣を切り開いていらっしゃるなと感じ、大いに刺激を受けました。

自身、自部門、自社が、グローバル競争の最前線で闘えるよう、精一杯、研鑽に励んで参りたいと思います。

今後とも、こうした刺激的な記事が投稿されますことを、心より楽しみにしております。

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
互聴
OODAループ
ブリッジ人材
コンテクスト
OKY
グローカル人材
経営大学院
カルチュラル・インテリジェンス
スーパーグローバル大学
クロスカルチャー・マネジメント