企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ウーダループ OODAループ

「OODAループ」とは、見通しの立たない状況において目標達成をするための意思決定方法です。アメリカ合衆国の戦闘機操縦士であり、軍事戦略家でもあるジョン・ボイド氏が提唱しました。「OODA(ウーダ)」は、「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の頭文字を取ったもの。想定外の状況や先の読めない環境において、特に力を発揮します。最も有名な業務改善のフレームワーク「PDCAサイクル」に代わる手法として、近年注目されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OODAループのケーススタディ

不確実で変数の多い環境において
力を発揮するOODAループ

OODAループの提唱者であるジョン・ボイド氏は、19歳で軍に入隊し、朝鮮戦争などで戦った人物。ジェット戦闘機「F-86」のパイロットとして22回の戦闘に出ています。刻一刻と状況が変わる戦場。一瞬の迷いや判断の遅れが、命の明暗を分けます。ボイド氏自身が経験した航空戦での洞察を基に、指揮官のあるべき意思決定プロセスを理論化したのがOODAループ。戦場での経験から生まれただけあり、機動性に優れていることが特長です。

それでは、PDCAとOODAにはどのような違いがあるのでしょうか。PDCAは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(検証))「Act(改善)」の頭文字をとったもの。かつてのビジネスシーンでは、経験や勘に頼った非合理的な意思決定や、無計画な実行がありました。そのような時代に、PDCAは計画を立てることの重要性と、確実に実行に移すためのプロセスを世の中に浸透させました。PDCAのなかでも、「Plan(計画)」が全ての中核を担うため、最も重要なフェーズだと言われています。Planの段階で方向性を誤ってしまえば、それ以降のフェーズで巻き返すことは難しくなります。

そういう意味で、PDCAは「予想外の事態に弱い」という弱点がありました。不確実で変数の多い現代においては、Planをもっと綿密に行うべきなのです。一方、OODAは、意思決定を下す前に「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」という二つの段階が設けられています。あらゆる情報を収集し、データを分析・整理しながら仮説を立てるのです。OODAは状況判断の精度を高めることに重きを置いているため、ニーズに対する整合性が増し、柔軟な判断が求められる現代に向いていると考えることができるでしょう。

しかし、PDCAとOODAでは、それぞれが力を発揮するシーンはまったく異なるため、単純に比較して優劣をつけることはできません。制約や前提条件がある環境下や業種によっては、PDCAは有効なフレームワークです。PDCAサイクルをいくら回してもプロジェクトが上手くいかないなどの課題があれば、OODAループを取り入れるなど、状況に応じて使いわけてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

PDCA
「PDCA」とは、業務改善や目標達成のために、継続的に生産プロセスを改善していくためのフレームワークです。「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」という英単語の頭文字をとったもので、各フェーズを繰り返し循環させることで改善が進むため、「PDCAサイクル」とも呼ばれ...
経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
仮説思考
「仮説思考」とは、目標達成や問題解決のために、限られた情報からとりあえずの仮説を立て、その仮説を実行・検証・修正することにより、効率的に最適解を導き出す思考法のことです。情報やデータを網羅的に収集・分析し、現状がすべてわかってから行動を起こしていたのでは、激しい環境の変化やビジネスのスピードに対応す...

関連する記事

西條剛央さん: チーム作りに必要な“現場で役立つ哲学”とは 組織の力を最大限に伸ばす「原理」について考える(後編)
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、日本最大級の総合支援プロジェクトに育て上げた、西條剛央さん。前編ではチームの作り方についてうかがいましたが、後編では、「現場で役立つ哲学」という観点から、どのように組織を運営していけばいいのかを中心に、詳しいお話...
2015/07/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HR technology」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス各社からもさまざまなサービスがリリースされていますが、それらを導入すれば、採用はうまくいくのでしょう...
2017/10/23掲載注目の記事
門戸を広げれば人が集まる、というわけでもない 一度決意した転職も最後まで貫ける、というわけでもない
人材紹介会社を利用して採用を行う企業は、基本的には即戦力となりうる経験者を募集していると思って間違いない。まったくの異業種や異職種へのキャリアチェンジを希望される方のお役に立ちにくいのはそのためだ。しかし、まれに「未経験者でも可能」、または「未経験者歓迎」とい...
2006/11/27掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 人事トレンド ]
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...