人事辞典 掲載日:2019/10/25

【ヨミ】ブリッジジンザイ ブリッジ人材

「ブリッジ人材」とは、言語や文化の異なる海外法人・外国人との間で商取引や交流をする際に、コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材のことをいいます。ブリッジ人材は通訳だけでなく、まったく違ったビジネス慣習がある国や地域同士が円滑に取引を進められるよう、双方の認識を擦り合わせることが仕事です。

ブリッジ人材のケーススタディ

言語だけではない「違い」を補填する
本当のグローバル人材

翻訳技術やテクノロジーの発展により、将来的には言語の壁がなくなっていくと予想されます。今後は海外から日本へ、あるいは日本から海外へ、ビジネスを展開する企業も増えるでしょう。当然、日本で働く外国人労働者も増加することが予想されますが、日本人と外国人の間には、言葉がわかるだけでは越えられないハードルがあります。それは「常識の違い」です。このような「言葉だけではない」要素を補っていく存在として、ブリッジ人材が重宝されています。

例えば、国境を越えた「越境EC」のケースを考えてみましょう。日本国内への配送であれば、物流会社の信頼度も高く、ほぼ100%相手に品物が届きますが、送り先がフィリピンならどうでしょう。7,000以上の島からなるフィリピンには住所のない地域もあり、「送ったら届く」という日本国内の常識は当てはまりません。

そんなとき、フィリピンで使われるタガログ語や英語を話せても、それだけで問題が解決するわけではありません。フィリピンのインフラ事情やビジネス慣習、社会の動き方を知っている必要があるのです。通常のECの業務に加えて、どのような策をとる必要があるのかというコンサルティング要素を持ち合わせていることがブリッジ人材の条件です。

最近は、ブリッジ人材を育成するために研修を行っている企業もあります。また、AIエンジニアやデータアナリストといったテクノロジー人材を若年層のうちに海外に派遣することで、企業はブリッジ人材の潜在層を見極めることができます。派遣された従業員は国外への視野を広げ、異文化への免疫を持つようになるでしょう。グローバリゼーションに備えて語学教育を強化することも大切ですが、現地の文化や社会構造を学ばせることは、企業の将来を担う人材を育成していく上で大変重要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード