企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「2020年」これまでの求人募集が変わる!
求職者が応募したくなる採用のヒント
~アルバイト・パート7,000人アンケート調査~

ディップ株式会社

アルバイト・パート7,000人アンケート調査

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)(以下、新型コロナウイルス)により、雇用にも影響が出てきているなかで、求職者の仕事探しにも影響が出ていることが想定されます。本レポートでは、求職者が応募を検討する際の基準を、応募を検討するための大切な要素である「募集条件」「待遇・制度・条件」「環境・雰囲気」の3つのカテゴリーに分け、さらに「属性別」に調査・分析しています。容易に変更しづらい項目も存在しますが、求職者のニーズを把握したうえで募集をすることで、より良い採用につなげることができます。

【調査概要】

調査主体:ディップ株式会社
調査手法:インターネット調査(GMOリサーチモニター利用)
調査実施時期:2020年7月2日(木)~2020年7月10日(金)
対象者条件:47都道府県内でアルバイト・パートとして就業している15~69歳の男女
有効回収数:SC調査28,701サンプル/本調査7,047サンプル

調査概要

仕事探しに対する心境の変化

ここでは、新型コロナウイルスが、求職者の仕事探しに対し、どの程度影響を与えたのか、いつごろから影響を感じているのかを見ていきます。

仕事探しに対する心境の変化

「とても影響している」13.3%、「やや影響している」27.6%、合わせて4割以上の人が、仕事探しに対する心境の変化に新型コロナウイルスの影響があったと回答しています。

変化を感じた時期は、「とても影響している」「やや影響している」いずれの回答者も3月上旬~4月上旬がボリュームゾーンとなりましたが、「とても影響している」人の方が早い時期から変化を感じている傾向にあります。

では、現在の環境下において、求職者はどのような仕事探しをしているのでしょうか。

応募を検討するための大切な要素

ここからは、求職者が仕事探しをする際に譲れない条件を明らかにし、その条件ごとに応募意向を高める秘訣を探っていきます。

まずは、求職者が仕事探しをする際に、希望を満たしていなければ“応募の検討もしない”大切な要素を見てみましょう。

応募を検討する要素

求職者が重視しているのは、「仕事内容」「給与」「勤務地」「勤務時間」「業種・職種」など、企業にとっては変更しづらい項目が上位を占めました。

次は、これらの重視している項目において具体的な希望や知りたい情報などを探ることで、応募意向を高めるポイントを明らかにしていきます。

応募意向を高めるためのポイント

まずは、希望を満たしていなければ“応募の検討もしない”1位「仕事内容」における、求職者の応募意向を高めるポイントです。

仕事内容について

求職者が知りたい仕事内容

求職者が知りたい仕事内容

「1日の業務の流れ」「業務に必要なスキル」「仕事の大変なところ」などの情報を求めていることから、就業時のイメージをより詳細に知りたいと思っていることがわかります。また、詳細を知り不安が解消されることで、6割弱が応募意向が高まると回答しました。

【仕事内容の記載例】

仕事内容の記載例

仕事内容を判断するうえで重視すること

仕事内容を判断するうえで重視すること

仕事内容を判断するうえで重視することとして、「仕事の難易度」「体力面」「やりがいがある、人に感謝される」などの項目が挙げられました。

前出の“記載があれば応募しやすい情報”も同様ですが、受け手により解釈が異なるような表記は避け、詳細な表現をすることが重要と言えます。求職者の不安を解消することで応募意向を高められるだけでなく、就業後のミスマッチも軽減します。

次は、希望を満たしていなければ“応募の検討もしない”2位「給与」についてです。「給与」における、応募意向に関わる条件や情報を見ていきます。

給与関連について

最低限、希望する給与の水準

最低限、希望する給与の水準

最低限希望する給与は、さほど高い水準にはなりませんでした。最多回答は、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府で「時給1,000~1,100円未満」、北海道、福岡県で「時給1,000円未満」と、エリアにより多少異なるものの、各エリアの最低賃金時間額+100円が希望額になっています。

では、給与関連の応募意向が高まるポイントを見ていきます。

求職者が知りたい給与関連の情報

求職者が知りたい給与関連の情報

1位「休日出勤・深夜勤務・残業などがあった場合の時給」、2位「手当やボーナス支給がある場合の詳細と金額」は5割近くの求職者が知りたい項目として挙げましたが、この2つに関しては情報不足の求人をよく見かけます。

不安要素があった際も、給与について尋ねることは、やり取りが増えるうえ、心理的負担が大きいものです。不明瞭な表記は避け、求職者の不安を解消することが必要です。

【給与関連の記載例】

給与関連の記載例

次は、希望を満たしていなければ“応募の検討もしない”3位「勤務地」についてです。どのような「勤務地」に対する条件を希望しているのかを見ていきます。

勤務地について

希望する勤務地の条件

希望する勤務地の条件

勤務地を判断するうえで重視することとして、「徒歩・自転車で通える」「駅から近い」「乗り換えが少ない」という、通勤に関する項目が上位を占めました。

では、どの程度の通勤時間を許容しているのかを属性別に見ていきます。

許容できる通勤時間

許容できる通勤時間

属性により多少の差はありますが、5割弱から最大7割強が30分未満の通勤時間を許容できると回答しています。訴求する対象を検討する際の参考にしてください。

次は、希望を満たしていなければ“応募の検討もしない”4位「勤務時間」を含む勤務シフト関連、5位「業種・職種」の希望を探っていきます。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

通勤時間と幸福度の関係-リモートワークの拡大で幸福度は高まるか?(ニッセイ基礎研究所)
リモートワークにより通勤時間などが節約でき、生活の質が向上したと感じている方もいるのではないだろうか。欧米のいくつかの研究では、通勤時間と幸福度の間には負の相関...
2020/11/26掲載
派遣社員の3割が待遇の改善を実感、5割が正社員を希望、4割が新型コロナウイルスにより正規雇用化への希望強くなる(ディップ株式会社)
本レポートでは、 同一労働同一賃金導入後の待遇の変化と現在の雇用形態の満足度や希望、正規雇用化への希望について明らかにしていきます。
2020/11/20掲載
若年者の早期離職につながる要因とは? 最近の若年者はキャリアをどう考えているのか(パーソル総合研究所)
新卒で就職した人のうち、3年以内に離職する人の割合を「七五三現象」といわれて久しい早期離職の問題ですが、当初はそもそも採用が厳しい中小企業や激務のIT系企業など...
2020/11/13掲載

関連する記事

平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーシ...
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...