企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジタンハケン 時短派遣

「時短派遣」とは、派遣社員の中でも週5日・1日8時間勤務が一般的なフルタイム型の働き方とは異なり、週2~3日や1日4~5時間などの勤務が多いパートタイム型の派遣社員、あるいはそうした働き方を意味する言葉です。深刻化する人手不足の緩和とともに、人件費も抑制できるため、現在、企業の「時短派遣」に対する需要は、女性人材が中心の事務系職種で急増しており、子育てや介護を理由に離職した女性層の再就職先として注目されています。
(2016/10/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時短派遣のケーススタディ

子育てや介護で離職した女性人材の受け皿に
フルタイム派遣ではもう即戦力は集まらない

一般社団法人日本人材派遣協会の調査によると、派遣社員の平均年齢は2015年時点で39.4歳。リーマン・ショック前の2006年(34.1歳)と比較すると、この10年間で平均年齢が5歳も高くなっていることになります。この派遣社員の“高齢化”の背景にある要因の一つといわれるのが「時短派遣」の拡大です。子育てや介護を理由に正社員のキャリアを諦めざるを得なかった世代の女性たちが、事務系職種を中心に「時短派遣」の受け皿となり、平均年齢を押し上げているのです。

慢性的な人手不足、とりわけ若年労働力の減少から、即戦力の派遣社員に対する企業のニーズは高まる一方で、人材確保は年々厳しさを増しています。フルタイム派遣の人材は思うように集まらない上、時給や採用コストも高騰していることから、派遣業界では、派遣先企業は勤務制限のある人を受け入れなければ、即戦力を採用できない状況になりつつあるとの見方も広がっています。派遣の仕事は、もともと前職の経験が生かせる事務職が多く、時給もサービス業などのパートタイマーより高いのが普通。時短の働き方が認められるようになれば、子育て世代の主婦人材はますます増加し、今後は介護を理由に離職した男性層にも広がっていくかもしれません。

現に、約10万人の派遣社員を抱えるテンプスタッフでは、短時間や週5日未満勤務を希望する新規の派遣登録者(首都圏)が、11年度からの5年間で2.8倍と急増。派遣求人サイト運営大手のエン・ジャパンでも、週3日勤務の求人案件は、15年1月時点で前年同月比約1.6倍に、1日5時間以内勤務の案件は約1.5倍に増えています。

「時短派遣」は、家事や育児と両立できる形での再就職を望む女性と、企業側のニーズが合致したことで現在の広がりに至ったわけですが、見方を変えれば、それだけ多くの女性人材が、子育てなどを理由に離職を選らばざるを得なかったということでしょう。時短派遣の増加は、日本企業のダイバーシティ推進の遅れ、両立支援施策の不備・不足という実情も浮き彫りにしているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...

関連する記事

関連するQ&A

常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。