企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事白書調査レポート2020 採用
中途採用の面接官トレーニングには消極的?
「今後も実施の予定はない」が約半数

「今後も実施の予定はない」が約半数。規模が大きい企業はトレーニングに前向き

中途採用の面接官に対するトレーニングを行っているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「今後も実施の予定はない」(50.8%)で半数を占めました。これに対して、「行っている」(17.5%)と「現在は実施していないが今後実施予定」(20.8%)を合わせると38.3%で、4割ほどでした。

面接官トレーニングは「今後も実施の予定はない」が約半数(全体)

「今後も実施の予定はない」が約半数。規模が大きい企業はトレーニングに前向き(全体)

従業員規模別で見ると、1~100人と101~500人は「今後も実施の予定はない」(それぞれ、57.4%、53.6%)の割合が高い一方、1001~5000人と5001人以上は「行っている」と「現在は実施していないが今後実施予定」を合わせた割合(それぞれ、55.0%、60.0%)が全体の数値に対して特に高いことがわかります。規模の大きな企業ほど、トレーニングに前向きであることがうかがえます。

規模が大きい企業は面接官のトレーニングに前向き(従業員別)

「今後も実施の予定はない」が約半数。規模が大きい企業はトレーニングに前向き(従業員別)

トレーニングは面接スキルの向上がメイン。採用基準の明確化・共有にも意欲的

中途採用の面接官に対するトレーニングを「行っている」「現在は実施していないが今後実施予定」と回答した企業に、中途採用の面接官に対して、どのようなトレーニングを行っているのかを自由記述形式で聞きました。面接スキルの向上を目的としたさまざまな取り組みが多数ありました。その方法は、模擬面接やロールプレイ、コーチング、フィードバックなどさまざまのようです。また、会社としての採用基準の明確化・共有を図り、面接に対する認識・意識の見直しを促す企業もありました。以下、代表的なものを紹介します。

【面接スキルの向上】
  • 質問力とヒアリング力のトレーニング
  • 模擬面接
  • 主にロールプレイング
  • 人事担当者が面接に同席し、面接時の質問内容から評価までをフィードバックしている
  • 面接時のNGワードやNG質問などの知識面の習得およびロールプレイング、実際の面接での行動を評価
  • 面接官に必要な知識、スキルの習得(座学)
  • 全世界の事業所に水平展開されるトレーニングカリキュラムがあり、それを活用する予定
【採用基準の共有】
  • 求める人財像の共有
  • 公正な採用選考についてのレクチャー、OJT
  • 評価シートの見直しと採用基準の目線合わせ
【面接に対する認識・意識の見直し】
  • 役員に対して、応募者はステークホルダーであることを認識してもらい、自社の魅力を伝えて入社意欲を掻き立てる役割があることを伝えている
  • 面接前には自治体から発行されている資料の精読を依頼
【その他】
  • 経営コンサルを入れる予定
  • CXという考え方を参考に実施している

※自由記述回答より一部抜粋

【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載
いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。