企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

株式会社ヒューマンバリュー 取締役主任研究員 川口 大輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」が開催されました。ATD(Association for Talent Development)はタレント開発に関する世界最大の会員制組織(NPO)。ATDが主催する国際カンファレンスには毎年、世界各国から企業のHR、コンサルタント、研究者、教育機関・行政体のリーダーたちが集い、現在直面している課題やこれからの人材開発のあり方について、組織の枠を超えて学び合います。日本での認知度も年々高まっており、人材開発に携わる人々が議論を行う共通の言語やプラットフォームとなっています。本レポートではATD 2018の現地の様子や、行われていた議論の内容を共有することを通して、グローバルの人材開発の動向を紹介するとともに、カンファレンスの魅力や醍醐味(だいごみ)をお伝えします。

10年ぶりのサンディエゴでの開催

ATDはアメリカの主要都市(ワシントンD.C.、シカゴ、ダラス、デンバー、オーランドなど)で順繰りに開催され、数々の都市を回ることができるのも魅力の一つとなっています。今年は10年ぶりにサンディエゴでの開催となりました。アメリカ西海岸のサンディエゴはメキシコとの国境に隣接し、カリフォルニアではロサンゼルスについで大きな都市です。温暖な気候で、美しく青い海が広がり、治安も良く、日本人にも人気の街です。映画「トップガン」の舞台となった海軍基地の街でもあり、カンファレンス期間中に行われるATDのパーティーは、空母がそのまま博物館となった「ミッドウェイ博物館」を貸し切って行われました。

10年前と違ったのは、街のいたるところにアプリで気軽に借りられるレンタルバイクや電動スクーターを見かけるようになったこと。カンファレンスの合間にバイクや徒歩で気軽にビーチを散歩する人も多く、「例年以上にオープンでリラックスした気持ちでカンファレンスに臨めた」と話している参加者の方が多かったように思います。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

75周年を祝うオバマ前大統領の基調講演

今年のカンファレンスは、75周年というATDにとって特別な大会になりました。その記念大会の目玉としてオバマ前大統領が基調講演に登壇したことが、何といっても今年一番のトピックでしょう。ATD-ICEには毎年10,000人近くの参加者が集いますが、今年はオバマ前大統領が講演を行うことも影響したのか、参加者数は過去最高の13,000人に上りました。日本からも、例年は150名程度の参加者のところ269名の人が参加するなど、その影響力の大きさがうかがえます。基調講演が行われた日は、朝の5時前から会場に列ができ始め、講演の直前にはこれまでのATDで見たことのないくらいの大行列ができていました。当日は全国ネットのテレビのニュースでも講演の様子が流れ、全米においても注目のイベントだったようです。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
オバマ氏の講演を待つ行列。会場の外にまで列があふれる光景は初めてです
ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

オープニングの基調講演で、ATDのCEOであるトニー・ビンガム氏と対談するバラク・オバマ前大統領

75周年を迎えるATDの今

カンファレンス会場の中央の広場には、ATDの75年の歩みを振り返るパネルが並べられ、参加者の目を引いていました。1940年代から続くタイムラインを眺めると、社会の変化とともにタレント開発のあり方が進化してきたことがわかります。私が初めて参加した2001年は、Eラーニングがブームになっていた年。たくさんの情報や気づきに、ただ圧倒されるばかりだった当時の自分が思い起こされます。パネルを見ながら、自分の歴史と照らし合わせて自己を顧みていた人も多かったのではないでしょうか。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

会場にはATDのタイムラインを示すパネルを設置

トレーニングを職業とする人々が集うアソシエーションとして、1943年にスタートしたATDですが、75年が経過した今、私たちはどこに立ち、どこへ向かおうとしているのでしょうか。ATDチェアであり、TDバンク・グループにおけるTalent and Organizational Effectivenessのヘッドを務めるタラ・ディーキン氏は、冒頭の基調講演の中で、「AIをはじめとしたテクノロジーの進化が、ナレッジ・ワーカーを含むあらゆる職業に影響を与えます。何百万という仕事が自動化され、人間の仕事がロボットに取って代わられることに対して、私たちは皆、恐れを感じています」と述べ、私たちが今、急激に進むデジタル・トランスフォーメーションの真っただ中にいると警鐘を鳴らします。

さらにディーキン氏は「このような時代だからこそ、タレント開発に携わる私たちが、マシンと人間が共存する時代に合った新しいタレント開発のあり方を生み出していけるよう、役割を再定義すべきだ」と強く訴えかけました。「私たち自身がデジタルやデータについて学び、働く人々が自分たちの能力を高め、スキルをアップデートし続けていくところに貢献していこう」というメッセージを丁寧に投げかけていることが印象に残りました。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

タレント開発のあり方の革新を訴えるATDチェアのタラ・ディーキン氏

ATDは自分たちのミッションを「Together We Create a World That Works Better(共により良い世界をつくる)」と掲げていますが、今年のカンファレンス中には、これまで以上にこの言葉が何度も連呼されていたように感じました。75周年を迎えた今、世界の進化に合わせて、私たちタレント開発に携わるものの使命を大きく変え、未来を築いていこうという大きな流れを実感させる大会であったように思います。


次のページ
基調講演から学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載
『健康経営会議2019』開催レポート
2019年8月28日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会主催の「健康経営会議2019」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つとして捉え...
2019/10/04掲載

関連する記事

日本発、「世界No.1」企業だからこそ知る
社員の英語スキル向上の「必要性」と「難しさ」
フォローアップと一体感で成果を生み出す
積極的な海外展開とM&Aによって業績を伸ばし続け、「世界No.1の総合モーターメーカー」となった日本電産株式会社も、かつては社員の英語スキル向上に大きな課題を感...
2019/04/17掲載注目の記事
「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”
日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続けている。それは海外で人材を活かせない、育てられないということ。その原因として考えられるのは...
2018/11/22掲載注目の記事
サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載となりの人事部
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン 研修費ゼロの人材育成

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...