企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

株式会社ヒューマンバリュー 取締役主任研究員 川口 大輔

充実する学びの場

ATDでは基調講演の場に加えて、数々の学びの場が用意されています。その中心となるのが、「コンカレント・セッション」です。コンカレント・セッションは、毎日四つ程度の時間帯で行われ、一つの時間帯には、60分~75分のセッションが20ほど同時に行われます。今年も300を超えるセッションがラーニング・テクノロジー、リーダーシップ開発、タレント・マネジメント、キャリア開発、グローバルHRD、ラーニングの科学、ラーニングの測定と分析など14のカテゴリーに分けて行われました。日本語の通訳が入るセッションも、一つの時間帯に3セッションくらいありました。

ケン・ブランチャードやボブ・パイク、ビバリー・ケイといった何十年にもわたってATDに貢献してきた「レジェンド・スピーカー」のセッションから、最新のテクノロジーを生かしたラーニング環境について扱うもの、また、参加型でインタラクティブなものや、じっくり探求を深めるものまで、その内容はバラエティに富んでいます。今年はオバマ前大統領やATD側のメッセージの影響もあってか、ヒューマニティやデジタル・トランスフォーメーション、パーパスといったキーワードが多く見受けられました。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

コンカレント・セッションの様子

圧倒されるほどの情報量の中、どのセッションに参加しようかと考えるのもATDの楽しみの一つ。最近ではATDのアプリも進化していて、スマートフォンで事前にセッションの資料などを確認できます。一つの時間帯に20以上のセッションが同時に進行するため、参加者が一人で出られるセッションの数には限りがあります。そこで、会社の仲間同士で別々のセッションに参加したり、さまざまな団体が行っているツアーに参加して、仲間とそれぞれが参加したセッションの内容を報告し合ったりするなど、参加の仕方も多様になってきています。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

ATDのアプリにより、格段に便利になりました

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

セッション終了後に、仲間と学びを共有する参加者たち

会期中はカンファレンスと並行してEXPOも行われますが、色とりどりの438のブースが出展している様子は圧巻です。米国のEXPOらしく、ブースにはさまざまな工夫や仕掛けが施されており、参加型のイベントや抽選会が開催され、いろいろなノベルティが配布されるなど、歩いているだけでも楽しくなります。プロダクトの内容やデザインの質も高まっており、目を引くベンダーのデモを見たり、コミュニケーションを取ったりしながら、自社に取り入れたいサービスの可能性を模索するなど、ここでも多くの学びがあります。近年はテクノロジーを全面に出す企業の出展が増えており、今年は特にマイクロ・ラーニング関連のサービスをプレゼンするブースが多かったように感じました。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~ ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

EXPOの様子

そのほかにも、グローバルの参加者が集う「グローバル・ビレッジ」や、タレント開発に関する古典から最新の書籍を取り扱うブックストアなど、さまざまな学びの場があります。ブックストアでは、ブック・サイニングの時間も用意されているので、お気に入りの著者と直接話し、仲良くなるチャンスもあります。

ブックストアが閉店する間際に、私がたまたまタイトルに目が引かれて、ある書籍を手に取ったところ、「その本は私が書いた本よ!」と著者の方が声をかけてくれました。その方は南アフリカでダイバーシティ&インクルージョンの研究や実践を行っている方で、互いの国のダイバーシティ&インクルージョン事情に会話が弾みました。短い時間でしたが、個人的にはこうした瞬間にATDの魅力が凝縮されているように思います。国籍は違っても、共に人と組織の成長を願う者同士が出会い、学びを共有することで新たなインサイトや実践が生まれていく。そうした場をつくり続けていることが、75年の歴史の源泉ではないかと感じました。

ATD 2018 International Conference & Expo~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

セレンディップな出会いがATDの価値の源泉

以上、ここまで私が参加したセッションを中心に、ATD2018の様子を紹介してきました。主に心理的安全性に関わるところでしたが、カンファレンスではその他にも、「新たなキャリア観の生成」「リスキルとラーニング環境」「マインドフルネス」など多様なテーマが扱われていました。本レポートを通して、グローバルにおける人材開発の潮流が少しでも感じていただけたら幸いです。
※ATD2018の全体の潮流については、ヒューマンバリューのホームページでもご紹介しています。ご興味のある方は、そちらもご参照ください。

⇒ATD2018の全体の潮流


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第6回】人事部とリーダーシップ(その2):リーダーの役割
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/07/06掲載編集部注目レポート
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第5回】人事部とリーダーシップ(その1):リーダーシップとは
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/06/04掲載編集部注目レポート
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”【第1回】
わが社にとってのグローバル人事とは……?(その1)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/02/19掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...