企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「配転命令権」行使の有効性判断が必要
人事異動に応じず、従来の職場に出勤する社員への対応

ジョーンズ・デイ法律事務所 弁護士

山田 亨

3. 配転を拒否し、従来の職場に出勤する行為の法的評価

有効な配転命令を拒否して従来の職場に出勤する行為に対する法的評価を整理すれば、以下の通りです。

(1)服務規律違反

就業規則に定める服務規律には、通常、次のような規定が含まれています。

1. 勤務時間中、所属長の指示に従い、誠実に勤務すること
2. 職場の秩序を乱すような行為をしないこと

配転命令に従わず、新しい職場に出勤しないことは、これらの規律に違反します。また、配転命令後に従来の職場に出勤す る行為は、結局従来の職場に出勤しても仕事は与えられないため、無為に過ごしたり、会社からの配転命令に従って出勤すべき旨の命令に対してこれを無視また は拒否したり、会社に対して配転命令の不当性を訴えたり、場合によっては会社を誹謗中傷する行為に及んだりすることになります。

これらの行為は、別途上記の服務規律違反を構成することになります。

(2)懲戒事由

懲戒事由(人事異動に応じず、従来の職場に出勤する社員への対応)

服務規律違反は、通常、就業規則に定める懲戒事由に該当します。

また、懲戒事由として、無断欠勤、業務命令違反行為、会社の名誉や信用を毀損する行為等が定められて いることもあります。新しい職場に出勤しなくても従来の職場に出勤している場合、無断欠勤と評価できるかは議論の余地がありますが、業務命令(配転命令自 体の他、配転命令後の新しい職場への出勤命令等を含みます)違反行為に該当することは明らかです。

懲戒事由に該当する場合、会社は懲戒権を行使することが可能になります。前記の通り、懲戒権の行使 は、懲戒処分内容と手続きの双方の観点から社会的に相当なものである必要がありますが、配転命令を拒否した事案においては、懲戒解雇の相当性を認めた裁判 例が複数存在します(マガジンハウス事件、大阪ビル管理事件、ケンウッド事件、日本入試センター事件等)。

しかし、他方で諭旨解雇処分を解雇権濫用と判断した裁判例もあり(山宗事件、三井記念病院事件等)、配転命令拒否をもってただちに解雇が正当化されるわけではありません。

実務上は、いきなり懲戒解雇処分にするのではなく、最初は出勤停止などの処分に留め、それでも社員が業務命令違反を継続する場合に解雇処分にするなどの段階的対応のほうが相当性を認められやすいと言えます。

なお、仮に会社が配転命令拒否の場合の対応として懲戒解雇を視野に入れているとしても、対象社員の納 得を得るに際し、「配転命令を拒否した場合は、懲戒解雇になる」といった説明をすることは、対象社員への強迫と解されるおそれがあるので、避けるのが適当 です(損害保険リサーチ事件)。

(3)その他

配転命令拒否、従来の職場への強行的な出勤の態様如何では、刑法上の威力業務妨害罪や住居侵入罪が成立する余地があります。また、民法上の不法行為を構成 する可能性があります。ただし、正当な組合の争議行為については、労働組合法上、刑事上および民事上の責任が免責されています(同法1条2項、8条)。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

仕事と家庭の両立支援の現状は?
「配偶者出産休暇」は63.2%が付与
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
人事労務関連のさまざまな制度の実施状況を明らかにするために実施した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」から、「仕事と家庭の両立支援」に関する...
2019/04/12掲載人事・労務実態調査
人事管理制度の実際
人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
2017/06/30掲載よくわかる講座
従業員に対し「能力不足」による降格を実施する場合の
法的留意点と踏むべき手順
「能力不足」による降格は、解雇よりも容易だとして、安易に検討されがちですが、降格の効力をめぐる紛争は決して少なくありません。説明義務、資格や賃金との連動性など、...
2013/09/20掲載人事・労務関連コラム
企業における「懲戒処分」の実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「懲戒制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、その中から「モデルケース別に見た懲戒措置」「最近1年...
2012/10/22掲載人事・労務実態調査
ブログ・フェイスブック・ツイッター・ミクシィ等…
従業員のソーシャルメディア利用による問題点と企業のリスク対応策
本記事では、ブログ・フェイスブック・ツイッター・ミクシィ等を想定し、従業員によるソーシャルメディア利用の増加に伴い、企業にどのようなトラブルが生じ得るのか、さら...
2012/09/14掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...