企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハイグウシャテンキンキュウギョウセイド 配偶者転勤休業制度

「配偶者転勤休業制度」とは、配偶者の転勤に同行を希望する社員に対して休業を認める制度のことです。配偶者の海外や遠隔地への転勤に同行するために、自社の社員が離職を余儀なくされることを回避するのがねらいで、制度を導入している企業・団体の多くでは、配偶者の勤務先が社外でも適用されます。2013年秋には国家公務員や地方公務員にも同様の休業制度を創設する法律が成立、同年度中に施行される見通しです。
(2013/12/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配偶者転勤休業制度のケーススタディ

配偶者の海外転勤に対応するしくみ
公務員への導入を民間普及の弾みに

2013年11月15日の参議院本会議で、国家公務員が配偶者の海外転勤に同行する場合、最長3年間の休職を認める「配偶者同行休業法」が全会一致で可決、成立しました。人事院の申し入れを受けて法制化された休業制度ですが、かねて森雅子少子化対策担当相が人事院に対し、「配偶者の海外転勤や留学時に休業する制度がないため、泣く泣く離職している現状がある」として、新制度創設を訴えていた経緯がありました。人事院によると、こうした事情で離職する公務員は女性を中心に5年間で少なくとも約20人にのぼり、外務省などからも同様の要望が出ていたといいます。

職員の配偶者が公務員、民間企業勤務のいずれでも同制度の対象となり、休職期間中の給与は支給されません。職員の休業で人員減となる職場には、その間の臨時職員の採用が認められます。また地方公務員にも同様の制度創設を認める改正地方公務員法も、同時に可決、成立しています。

配偶者が海外や遠方へ転勤になっても夫婦で一緒に住み続け、家庭も自身のキャリアもあきらめたくない――そうしたニーズに対応することで優秀な人材の離職を防ごうとする施策は、民間でも広がりつつあり、「配偶者転勤休業制度」を導入する企業も増えてきました。大手商社の丸紅では06年7月から同制度を実施。在籍中2回まで、配偶者の海外転勤に合わせて最大3年間休職することができ、休暇が終わればすみやかに職場復帰ができるようになっています。資生堂や三菱化学も同じく最大3年間の配偶者転勤休業を認めていますし、キリンビールでは適用対象が配偶者の海外転勤に限られず、留学や海外ボランティアに参加する場合も最大3年間休職して同行できるしくみになっています。

「休職して配偶者に同行」をさらに一歩進めて、「配偶者と同じ場所で働き続けられる」ところまで対応しているのがプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)です。同社では、社員が配偶者や恋人の海外勤務に同行を希望する場合、キャリアが途絶えないよう同行先への配置転換を検討する「配偶者転職同行制度」を導入しています。配偶者や恋人が社外の場合でも異動の希望をできるだけ尊重し、現地に適切なポジションがなければ、休職して同行することも認められています。

とはいえ、こうした事例はまだ一部の先進企業に限られているのが現実。人事院の調査では、配偶者転勤休業制度が設けられている企業はわずか1%でした。公務員に導入されることで、あとに続く民間企業がどれだけ増えるか――波及効果が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

休職制度について
いつもお世話になっております。 弊社では、現在、休職制度がありません。社員が、鬱状態と診断され、休職を希望しております。これを機に、休職制度を作成しようと思っておりますが、すでに発症者がいる場合、気をつけなければいけいない点がございましたら、ご教授いただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。...
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
転勤制度の『手当』について
お世話になります。 転勤制度の『手当』に関して、ご質問があります。 弊社では、勤務地を全国型と地域型に分けており、 全国転勤型を選んだ社員には、「帰省手当」を支給しております。 その際、例えば、これまで全国転勤できると申告し帰省手当を受け取っていた者が、 いざ全国転勤となり「転勤出来ない」と言っ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 人事制度 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...