企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハードシップテアテ ハードシップ手当

「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食品の安全性、治安や衛生面など、生活環境をスコア化し、ハードシップレベルに応じた金額を支給することで、駐在員の納得感の向上も期待できます。

(2018/11/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードシップ手当のケーススタディ

ライフラインや治安、衛生
「生活の困難さ」に見合った額を支給

従業員に海外赴任を命じたとき、その国の「生活における困難さ」を反映して支払われる、ハードシップ手当。導入している企業では、日本と同水準の大都市へ赴任する場合には手当がさほど高くなく、生活を送るのが困難な地域であればあるほど、高くなることが多いようです。

では、何を基準にして、どの程度の手当てを支給すればよいのでしょうか。企業の規定によってさまざまですが、組織・人事分野のグローバルコンサルティングファームであるマーサージャパンは、ハードシップ評価スコア化の根拠として、10カテゴリー(自然災害、戦争・政情不安、犯罪、隔離度、病気・衛生、病院、住宅・住環境、教育施設、レクリエーション、生活物資)に分類・数値化しています。また、『労政時報』が、現地法人もしくは海外支店・駐在員事務所を有する企業を対象に2015年に行った調査によると、ハードシップ手当を支給している企業は全体の72%で、支給金額はインドへの赴任者で平均122,596円(最高262,500円・最低20,000円)、中国で平均48,128円(最高150,000円・最低9,000円)、ブラジルで平均67,900円(最高185,000円・最低10,000円)でした。

ハードシップ手当は、海外赴任そのものに対する手当ではなく、あくまで赴任先の情勢に応じて支払われる手当。そのため、赴任先の情勢が変われば、支給額も当然変動してきます。数年前まではライフラインの整っていない途上国だったのに、数年のうちに発展し、大都市レベルの利便性になった場合には、最初に決定した支給額から手当てを下げることもあります。その際、受け取る側が減給と捉えてモチベーションを低下させてしまわないよう、導入する際は、何に対する手当なのかを事前にしっかり周知し、意識をすりあわせておく必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

災害見舞金
震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため...
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...

関連する記事

燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで...
2008/10/10掲載人事・労務実態調査
報酬制度の実際
大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
2017/06/30掲載よくわかる講座
会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 即戦力を自分で採用ビズリーチ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...