企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

事故・機密漏洩等への対応は?
「インターンシップ」導入の際の法的留意点と企業のリスク管理 (3/4ページ)

ロア・ユナイテッド法律事務所 弁護士 竹花 元

2. インターンシップ生の法的地位

1 労働者にあたるとどうなるか

インターンシップ生が労働者にあたる場合は、労働関係法規の適用があります。

労働者とみなされる場合には、賃金その他の労働条件に関して、労基法、最低賃金法等の労働基準関係法令が適用されるとともに、実習中の事故に関しては労災保険法の適用があることに留意する必要があります(平9.9.18基発636号等)。

2 労働関係法規適用の有無の判断基準

(1) 労働者とは
インターンシップとの関連では、労基法9条の「労働者」に該当するかが最も大切です。なぜなら、労基法の労働者概念は、単に労基法の適用だけにとどまらず、労基法を基礎とした労働関係諸規定(男女雇用機会均等法、最低賃金法、労働安全衛生法、労災保険法など)の適用範囲を確定する概念としても用いられているからです。

そして、(1)仕事の依頼への諾否の自由の有無、(2)業務遂行上の指揮監督の有無、(3)勤務時間・勤務場所の拘束性の有無、(4)他人による代替性の有無、(5)報酬が時間単位で計算されるなどの報酬の労務対償性、(6)事業者性の有無、(7)公租公課の負担等を総合的に考慮して、「労働者」(労基法9条)に該当するか判断されます。

(2) 行政解釈
「研修」中の事故に対して、行政解釈は、研修生が労基法9条の「労働者」に当たるかどうかという観点から、いくつかの判断を示しています(労働者と認めた例として、造船会社で実施中の商船学校の生徒:昭23.1.15基発49等、否定された例として、工学部学生の工場実習:昭57.2.19基発121)。

行政解釈を要約すれば、研修中に労災保険の適用が認められるのは、

  1. 研修生に支払われる金銭が、一般の労働者の賃金並みの金額であること
  2. 実際の研修内容が、受入企業の本来業務の遂行を含むものであること
  3. 研修が使用者の指揮命令の下に行われていること

の3つの事実があることが挙げられていますが、実際は、その実態から判断されます(例えば、(1)と関連して、最賃法を下回っている金銭給付しかなされていなくても、企業が、労働者を脱法的に「インターンシップ」として利用することも想定されます。そのような場合は、(2)(3)の実態から判断すべきで、「最賃法を下回っているから労働者ではない」とはいえないと考えられます)。

例えば、本格的に業務にあたる就労をしていないが、企業に出社して実際に労働を行い、出社の義務を課したり、遅刻、早退に制裁を課したりするようであれば指揮命令関係にあり、一時的な労働を行う関係(一種の短期アルバイト)に該当するでしょう。しかし、賃金を支払うほどの労働の実体がなく、単に職場見学や職場体験程度であれば、アルバイト以下であると考えられ、労働関係にはなく、給与支払の必要もないと考えられます。

このように、入社前研修でも労災保険の適用には慎重な厚生労働省の態度からすると、インターンシップでは一層、労災保険の適用はなしとされる場合が少なくないでしょう。

(3) 裁判例
近時の裁判例(ヒューマントラスト事件・東京地判平成20.3.26労判970号94頁)は、研修参加者が労働者に該当するか(労基法22条の解雇予告義務を負うか)否かという点が1つの焦点となりました。

photo

問題となった研修日業務には、応募者の中から、適性のある者を選抜するという側面があり、会社のワークス部門のオペレーターから電話で研修参加者全員が採用されるわけではないことの告知を受けたうえで本件研修日業務に参加していました。この場合個々の研修参加者は、上記事情を了解したうえで研修に参加したことになり、企業との間で、本件研修日業務に関して1日の労働契約を締結したという評価をすることは困難であって、採用の前提となる研修実施を労働契約の締結であると評価することはできないから、原告の本件解雇予告手当請求には理由がないとされました。

本裁判例によると、「応募者の中から、適性のある者を選抜するという側面」があることを明示されている場合ですら、「研修参加者全員が採用されるわけではないことの告知」がなされているときは、労働契約の締結とは評価できないことになります。インターンシップにおいては、前記「(4)採用直結型」の類型(この類型は比較的、本裁判例に近い)があるとはいえ、より一層、「労働者」性が認められることが困難であるといえるでしょう。

3 労働者と認められない場合の受入れ企業の責任

仮に学生が「労働者」とは認められない場合にも、入社前研修中と同様、企業内での事故に対しては、労災保険の適用の有無にかかわらず、会社が学生に対し安全配慮義務を負うことは避けられず、事故についての過失が認められれば損害賠償の責任が発生することになります。

インターンシップを実施する企業としては、事故の可能性(リスク)を考慮して、どの程度まで踏み込んだ研修(見学にとどめるか、実習させるか)を実施すべきかを決定しなければなりません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあり...
2018/05/17掲載
勤務時間限定正社員/勤務地限定正社員/職務限定正社員
タイプ別 限定正社員の制度設計
無期契約ではあるが、残業義務がない、所定労働時間が短い、転勤に応じる義務がないなど、限定した条件で働く「限定正社員」。労働力不足が叫ばれる中、多様な働き方の受け...
2018/03/16掲載

関連する記事

47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち
~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人...
2018/06/04掲載注目の記事
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結...
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
学生と企業それぞれが考える
「インターンシップ」の乖離をなくしたい
「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、
実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目され...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
人事マネジメント「解体新書」第109回
若手社員のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(前編)
“人を育てる組織”をどう実現するのか
「メンター制度」を導入することで、若手社員の定着・育成を図ろうとする企業は多い。さらには、メンター制度を運用していく中で、新入社員の定着・育成だけでなく、「メン...
2017/12/22掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。