企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウカツセクハラ 就活セクハラ

「就活セクハラ」とは、就職活動生と社会人という立場の差を利用して行われるセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)のことをいいます。OB・OGや面接官が加害者となるケースが多く、女性に限らず、男性も被害を受けることがあります。日本労働組合総連合会(連合)の調査によると、就職活動中にセクハラを受けた人の割合は全体の10.5%で、特に高かった20代男性では21.1%がセクハラを「受けたことがある」と回答。企業には、従業員の行動がセクハラにつながることのないよう、指導することが求められています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活セクハラのケーススタディ

「雇用」という明確な利害関係においては
学生に自衛を求めるより、加害者撲滅への働きかけを

2019年3月、OB訪問に来た女子大学生を泥酔させ性的暴行を加えたとして、準強制性交などの罪で大手企業の男性社員が逮捕される事件がありました。これを機に、就活生という弱い立場につけこんで性犯罪やハラスメントに及ぶ不正行為が問題視されるようになりました。

連合の「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」によると、就活セクハラの内容は「性的な冗談やからかい」が39.8%と最も高く、「性的な事実関係(性体験など)の質問」が23.9%、「食事やデートへの執拗な誘い」が20.5%と続きます。

男女別で見ると、女性では「必要ない身体への接触(22.0%)」が際立っています。10年から30年前に就職活動を行ったと考えられる30代~50代の男女も、一定数が就活セクハラを「受けたことがある」と回答しているため、就活セクハラは昔からあった悪しき存在であることがわかります。

また、最近は民間企業だけでなく、教職課程の学生の教育実習先でのセクハラも問題視されています。

現在は、SNSなどで個人が情報を発信できる時代。被害者側が声をあげる機会は以前と比べて増えていますが、「雇用」という明確な利害が関わっている就職活動のシーンにおいて、どれほどの求職者が声を上げられるでしょうか。就活セクハラをなくすためには、加害側への働きかけが必須です。

従業員に対してハラスメント研修などを行っている企業もありますが、すべての受講者が自分事として捉えられているでしょうか。OB・OG訪問に対応する従業員は、就活生と社外で会うことも多く、指導や管理が行き届かない側面もあるかもしれません。

従業員への教育は引き続き行っていかなければならない課題ですが、例えば「OB・OG訪問の部屋をオープンスペースに限定する」「LINEなどの個人的な連絡先を聞くことを禁止する」など、企業にはセクハラ防止のために何ができるのかを考え、実践していくことが求められています。

・参考
仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019(日本労働組合総連合会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セクハラ
セクハラとは、「性的な言動によって、個人または職場全体に不利益・不快感を与えること」です。2019年5月にパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)や改正女性活躍推進法が可決・成立し、セクハラに対する罰則は今後さらに厳しくなっていくと考えられます。セクハラは、パワハラと同様に人権侵害です。正しい知識を...
OB・OG訪問
「OB・OG訪問」は、大学生が就職活動のときに、大学の卒業生であるOB・OGを訪問し、実際に働いてみた感想や、後輩へのアドバイスといった情報を収集することを言います。自分の行きたい企業や興味のある業界で働く先輩に直接話を聞くことで、書籍やインターネットでは得られない生の情報を得ることができます。古く...
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
トラブルをいかに最少限度で食い止めるか?セクハラ・パワハラに関するトラブル発生時の対応実務と解決手順
セクハラ・パワハラに関するトラブル発生時の対応実務と解決手順~迅速に対応・解決するためのポイントや手順、紛争を解決するための制度などを分かりやすく説明しています。
2007/12/21掲載人事・労務関連コラム
「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアップしました。
2019/08/01掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

セクハラ過剰反応社員の対応について
上司がセクハラをする。という訴えが当社の女子社員からありました。調査した結果、その上司は通勤電車の中で痴漢を目撃し、それを止めた中年男性の勇気を褒めただけの内容の話をしたというだけで、他の従業員にも同じ話をしていました。もちろんその上司もセクハラをしたという意識は無く、個人的にその女子社員を誘ったり...
セクハラ対策相談員研修
弊社では、社内にセクハラ相談窓口を設けてセクハラに対する苦情、相談を受け付けておりますが、対応を行うメンバーの理解力及び対応力の強化を図ろうと考えております。 対応メンバーのスキルアップを行うため、研修や資格取得等を考えておりますが、セクハラに特化したものについては殆ど無いようです。 何か良いスキル...
ハラスメントやメンタルヘルスに関する教育について
セクハラ、パワハラやメンタルヘルスに関する研修など、管理者向けの教育を企画しています。 ただし、弊社にとっては初めてのことなので、勝手が分かっていない状況です。 どのようなことでも構わないので、アドバイスをいただけると助かります。 よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...