無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】セイジョウセイバイアス 正常性バイアス

「正常性バイアス」とは、予期せぬ事態に遭遇したときに「自分は大丈夫だろう」という先入観やバイアスが働き、正常の範囲だと思い込んでしまうことをいいます。心理学の用語で、社会心理学や災害心理学、医療用語としても使われています。

正常性バイアスのケーススタディ

「うちの会社は不祥事とは無縁」
その考えこそが正常性バイアス

正常性バイアスは、心の平穏を保つための脳による防御反応でもあります。日常生活において、起こりうる危険な出来事に対して常に敏感でいると疲れてしまうからです。一方、正常性バイアスが働いた結果、危機的状況が目の前までやってきて初めて、重大な事態にあることに気付くケースもあります。特に自然災害や火事などが発生したとき、正常性バイアスによって対応が遅れると、被害が拡大することも考えられるので、注意が必要です。

被災の状況を伝えるニュースを見て「どうしてすぐに避難しなかったのだろうか」と思い、企業の不祥事が報じられると「不祥事につながるとなぜ想像できなかったのだろうか」と感じたことがあるのではないでしょうか。しかし、そこには当事者にしかわからない現場感があるのです。テレビの向こうから冷静に見ている人たちも、同じ状況下に置かれたら、正常性バイアスの影響を受けて冷静に行動できなくなるかもしれません。

大切なことは、「将来」起こりうる危機に対して、「今」どう備えるか。例えば企業の場合、常日頃から経営層へのメディアトレーニングを行っていると、有事の際に記者会見で失敗する可能性は低くなるでしょう。将来、起こり得ることを想定し先回りして対策を講じることで、正常性バイアスに陥らず、ピンチをチャンスに変えることができます。不祥事に対する素早い対応が、企業イメージを高める可能性もあるのです。

パニックに陥らないように私たちを守ってくれている正常性バイアスと上手に付き合うには、目先の業務だけでなく、広い視野を持って将来に備えることが大切です。とはいえ、日々慌ただしく業務をこなす中で、訓練を行う余裕がない企業も多いでしょう。その場合、訓練自体を社内イベントにしてしまう、という方法もあります。例えば、防災の日にあたる9月1日に従業員を含めた避難訓練を実施したり、メディアトレーニングを行ったりするなどして、「備えるための日」を演出すれば、従業員への啓蒙もできるので一石二鳥です。正常性バイアスの存在を知ることが、危機に対する意識を高めることの第一歩となります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード